人気ブログランキング |
2019年 04月 20日
21年ぶりに房総半島鋸山に登る その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07183099.jpg

ほったらかし状態の庭にシャガ(白)とショカツサイ(紫)が咲いていたんで写してみた。
どちらもこの季節を代表する野の花ですね。

さて今回は、21年ぶりに房総半島にある鋸山に登ったときのお話の 6回目です。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_07194792.jpg

8時12分、JR東日本の内房線の駅、浜金谷駅に私はいた。

私と一緒にフェリーを下りた 2人連れの女性ハイカーはこの浜金谷駅に吸い込まれてしまった。
ここからは自分で鋸山への登山口を探さなければならない。

c0196928_07183066.jpg
「大人の遠足BOOK 日帰り山あるきベスト130(関東周辺)」より

地図で見るとこんな感じ。
②が鋸山への登山口だ。一見簡単そうなのだが、21年前はちょっと苦労したのを覚えている。

当時参考にしたるるぶのガイドブックの

     金谷川を渡り、T字路に出たら左折し、
     小川に沿って歩けば、内房線のガードをくぐる

という表記が実際の道となかなか一致しなかったのだ。
結局分からなくて、道行く地元のおばさんに道を尋ねたんだっけ。


c0196928_07183076.jpg

まずは駅から真っ直ぐに進むと十字路がある。そこに

     ← 観月台・公園 1.1km : 東京湾フェリー →

という指導標があった(元々私はここの右側から来たわけだが)。

先ほどの地図の①と②の間に「観月台」があるのを確認してほしい。
どうやらまずは「観月台」に向かって進めばいいようだ。

c0196928_07183096.jpg

すぐにまた「観月台・公園 1.0km」という指導標が現れた。
何だ、問題ないじゃん。

c0196928_07183089.jpg

駅から 3分後の 8時15分、川を渡る。
これがるるぶのガイドブックにある金谷川だった。

c0196928_07210593.jpg

川の先に「鋸山案内所」というのがあった。
この時間では当然開いてないとはいえ、いかに地元が鋸山を売り出そうとしているかが分かりますね。

c0196928_07210596.jpg

すぐに変則的なT字路が現れる。これが「T字路に出たら左折し」のT字路のようだ。

c0196928_07210504.jpg

テンゴク堂薬局というお店のところに「ようこそ鋸山へ!」という手作りっぽい看板と「観月台・公園 0.8km」という指導標があった。

何だ指導標、しっかりとしているじゃん。
ってことは、あとは「小川に沿って歩けば、内房線のガードをくぐる」はずだ。

c0196928_07210536.jpg

実際道の左側には川が流れていました。

c0196928_07210575.jpg

ただすぐに川は消えてしまって、急に暗い田舎道に変わってしまう。
おかしいなあ。すぐに「内房線のガードをくぐる」んじゃないの?

だからきっと 21年前のときも不安を覚えたのだろうな・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2019-04-20 07:26 | 低山歩き | Comments(0)


<< 21年ぶりに房総半島鋸山に登る...      21年ぶりに房総半島鋸山に登る... >>