2018年 12月 02日
危うく遭難しかけた大山三峰山 その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_08065159.jpg

2日前の円覚寺総門前の紅葉です。
こうしてみると一見いいようだが、やっぱりしんどいかなあ、今年は・・・

さて今回は、危うく遭難しかけた大山三峰山登山のお話をしたいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_08065058.jpg

さて、不明瞭な道に悩まされた丹沢権現山登山の翌週は流石にのんびりと休むつもりでいた。

ところが週間予報だと「曇り時々晴れ」程度だった天候が急に快晴に変わってしまった。
秋の良き日は案外少ない。快晴とあらば山に向かわねばならないというもの。

そこで「関東日帰りの山ベスト100」から選び出した山は丹沢にある大山三峰山。
1000mに満たない山ながら、鎖場や梯子が連続する、なかなかにハードなコースとして知られている。

しかし前日の体調がぱっとせず、決行するかどうか、ずっと迷っていた。
とうとう床に就くまで結論が出なかったほどだ。こんなのは珍しい。

ただ、ベッドに入ったあとには決心がついていたような気がします・・・。

c0196928_08065072.jpg

5時半頃 JR北鎌倉駅に向かう。

先週より 1時間早いということと、秋も深まったということで、この秋初めて「暗さ」を感じた。
一方気温も低かったが、「程よい低さ」っていう感じで、寒いとは思わなかった。

いつものように北鎌倉駅の駅舎の写真を写す。最早背景(空)はかなり暗い。
ただまだ青さもあったな。真冬になればこれが真っ黒になる。

c0196928_08065025.jpg

今回の登山の起点になる煤ヶ谷(すすがや)バス停に向かうバスは小田急本厚木駅から出る。
北鎌倉から小田急本厚木駅に向かうには、本当は横浜から相鉄線に乗った方が早いのだが、私は海が見えて気分のいい東海道線ルートを選択した。

小田原駅の直前で酒匂川(さかわがわ)を越える。
この頃、ちょうど太陽が顔を出し始めたときだった。

c0196928_08065003.jpg

6時21分、小田原駅に到着。
巨大提灯を写したあと、改札を抜ける。

まずはコンビニでおにぎりなどの食料を確保したあと、いつものように BECK'S COFFEE に向かいます。

c0196928_08065055.jpg

前回の権現山登山のときに腹痛に襲われてえらい目に遭ったこともあり、今回全く違ったものに挑んだ。

ホットドッグにホットココアである。「温かいものなら大丈夫だろう」と思ったのだ。

初めてのホットココアは驚いたことにホイップクリームが上に載っていた。

そして、そのままでは甘くないのかと思ってスティックシュガーも持ってきたのに、十分甘かった。
いや、いささか甘過ぎすほどだった。

それでもおいしかった。
ホットドッグももちろんおいしかったしね。

ただこんなものでもお腹に少し刺激が来た感じだった。
やれやれ・・・。

c0196928_08082388.jpg

まだ時間に余裕があったんで、また今回も一旦外に出て小田原城の写真を写したりした。

快晴の予報どおりで、空には雲一つなかった。
実は今回の大山三峰山もあまり展望に恵まれた山じゃない。もったいなかったかなあ・・・。

c0196928_08082391.jpg

6時55分発の小田急線に乗り込みます。
小田急は小田原が始発だから必ず座れるのが嬉しいところ。

しかし最初こそ空席があったものの、どんどん混んできた。
だからきょうはドアの窓から撮影ができなかったのが残念だった。

c0196928_08082303.jpg

本厚木駅に到着したのは 7時34分。バスが出るのは 7時40分だからほとんど余裕がない。

しかし如意を催したんで、トイレに入る。バスには 40分も乗るからね。

驚いたよ。立ション用の便器の 1つ 1つに目隠しがあった。つまり隣の人に覗かれないようになっているんだ。
こんなの初めてじゃないかなあ。

改札を抜けたあと左に曲がって北口に出る。
急がねば・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-12-02 08:09 | 低山歩き | Comments(0)


<< 危うく遭難しかけた大山三峰山 その2      不明瞭な道に悩まされた丹沢権現... >>