2018年 11月 28日
不明瞭な道に悩まされた丹沢権現山登山 その11
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_08143511.jpg

北鎌倉の地で何十年も商売をやられていた瞳瑠さんが閉店・・・。
何か寂しいですね~。

さて今回は、不明瞭な道に悩まされた丹沢権現山登山の 11回目・・・最終回です。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_08143597.jpg

2時27分、(権現山山頂から歩くこと 1時間分57後)細川橋バス停に到着。

細川橋バス停はちゃんとベンチと簡易的な屋根のある、比較的立派なバス停だった。

歩数は19,607歩。手帳には「疲れた・・・」の文字が。
無理もないわ。権現山まで、少し張り切り過ぎたからね。

よくこんな体調であんなしんどい山を登ったものだ。
累積標高差で+950m、-975mの山だからね。例えば箱根の最乗寺→明神ヶ岳よりも上なのだ。

だのに「満足感などカケラもない」と手帳に書いています。
後日の印象だと案外いいのだから、やっぱりこのときはそれだけ疲れていたのだろう。

c0196928_08143583.jpg

見てください、このバス停の時刻表を。
朝の 10時6分以降はバスが走ってないのだ。

そして午後の最初のバスがやってくるのは 2時56分。つまりざっと 30分先だ。
それも平日は新松田駅まで行ってくれずに JR御殿場線の谷峨(やが)駅止まりだったりする。

やれやれ・・・なのである。

紅茶と共にチョコを食べ、持ってきてあったアンメルツを肩に塗った。
ちょうど真正面の山の上に太陽があり、暖かかったっけ。

その太陽も 2時47分に山の向こうに沈んだ。
すると急に寒々しくなったんで、デイパックから上着を取り出して羽織った・・・。

c0196928_08143505.jpg

2時56分、定時にバスがやってきたときには、ほっとした。これだけ運行本数が少ないと不安だもの。
運転手さん、わざわざ「お待たせしました」と言ってくれたっけ。

c0196928_08143554.jpg

乗客は 3人のみだった。こんなだから 1時間に 1本、走ってくれないんだな。

3時ちょうど、学校入口バス停に到着。1人の女の子と 1人の男の子が乗っていた。
何か年々少なくなっている気がする。

浅瀬入口バス停でハイカーが 1人乗ってきた。朝私と一緒に降りた奴だったかどうか、分からなかった。
多分そうだろうな。

3時8分、玄倉バス停に到着。1人の女の子と 1人の男の子が降りた。乗ってくる人はいなかった。

妙に元気のいい運転手さんで、「右に曲がります」とか、一々大きな声を出して知らせていた。それも地声で。
珍しいんじゃないかな、これって・・・。

c0196928_08143539.jpg

3時24分、JR御殿場線谷峨駅に到着。

谷峨駅(やがえき)は、神奈川県足柄上郡山北町谷ケにある、JR東海の駅だ。
そう、JR東日本の駅ではないのだ。完全な無人駅で松田駅が管理しているそうだ。

2015年度の 1日平均乗車人員はわずか 116人で、これは御殿場線の駅では最も少ないという。
というわけで、ローカル感で一杯です。

c0196928_08161543.jpg

ホームには今のバスの乗客以外にもそこそこのハイカーがいた。大野山にでも登ってきたのかもしれない。

ちなみに谷峨駅に到着時間が 3時24分。
以前は 3時53分まで電車がなかったのに、ほぼ 10分後の 3時35分発のがあることが乗換案内で調べていたときに分かって驚いたものだ。

それでなくてもいつもよりもかなり遅いのだから、この連結のよさは嬉しい。

c0196928_08161535.jpg

というわけで 3時35分、国府津行きの御殿場線が出発。

残念ながら混んでいて座れなかった。この時間の御殿場線ではよくあることだ。
何たって 2両しかない電車だからね。無理もない。

山北駅で急行を通すために 6分ほども停まった。そういえばいつもこうだな、この電車。

3時50分、東山北駅で高校生が乗り込んできて、ますます混んでしまった。
しかし 3時57分、松田駅で座ることができてほっとしたっけ。

c0196928_08161544.jpg

御殿場線が国府津駅に到着したのは 4時15分だった。
高架橋を使って隣のホームに移動する。

4時20分発の東海道線は小田原始発だったのか、幸いガラガラで助かった。

c0196928_08161621.jpg

大船で買い物を済ませて北鎌倉に戻ってきたのは 5時26分だった。
何とこれは北アルプス・唐松岳→五竜岳縦走のときよりも遅い時間だったりする。

暗い時間に出発して暗い時間に戻ってくることなど、日帰り登山の場合滅多にない。

流石にくったくたでしね。
それでも北アルプス以来の登山らしい登山ができたことに、満足感もあった。

ということもあり、この翌週もまた丹沢に向かったのだが、そこでえらい目に遭うのであった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-11-28 08:17 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-11-28 12:52
Morosawaさん
お疲れ様でした
そうですねぇ暗いうちから出て
暗くなってから帰る日帰り登山は私も経験ないです
早立ち早帰りであとはゆっくりしたい派なもので^^
あsて、次回からの丹沢 何だかえらい目にあわれた
のですね、どんなことだろう???
Commented by JunMorosawA at 2018-11-28 18:05
おやじさん、こんにちは。

> そうですねぇ暗いうちから出て
> 暗くなってから帰る日帰り登山は私も経験ないです
> 早立ち早帰りであとはゆっくりしたい派なもので^^

私も基本そうです。たいして飲めないながらも帰宅後のビールはおいしいですしね♪

> あsて、次回からの丹沢 何だかえらい目にあわれた
> のですね、どんなことだろう???

例の遭難しかけたやつですよ。恥ずかしいですね~。


<< 危うく遭難しかけた大山三峰山 その1      不明瞭な道に悩まされた丹沢権現... >>