2018年 11月 13日
不明瞭な道に悩まされた丹沢権現山登山 その4
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_08021394.jpg

以前写した源氏山の千両です。あえてフラッシュを焚いて写してますね。
最近一眼レフカメラで写すことが少なくなったなあ・・・。

さて今回は、不明瞭な道に悩まされた丹沢権現山登山の 4回目です。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_08021249.jpg

滝壺橋を越え、9時53分(浅瀬入口バス停から歩くこと 31分後)、登山口に到着。

ご覧の指導標があったが、大きな指導標の文字は「岳」以外ほとんど読めなかった。
その下の小さな指導標でやっと「ミツバ岳」という文字を確認できた。

c0196928_08021208.jpg
「神奈川県の山」(山と渓谷社)より

本日のコースはこれだ。

浅瀬入口バス停から登山口までが 30分、登山口からミツバ岳までが 1時間30分、権現山までが 1時間、二本杉峠までが 1時間、細川橋バス停まで 40分・・・合計 4時間40分のコースだ。

登山口からは 4時間10分なのだから、10時にスタートを切ったとしても、ゴールの細川橋バス停に 2時10分に着ける計算だ。

山頂で 20分休んでも 2時30分。
それでバスが来るのが 2時56分なのだから、まだ 26分の余裕がある。

まあ大丈夫だろと思う反面、ややぎりぎりな感じがしなくもない。

登山口に到着したのは 9時53分。バス停を出発したのが 9時22分として、31分かかっている。
30分のところが 31分・・・途中で排便したのだから無理はないとはいえ、便意のせいで逆に結構猛烈な速度で歩いていた(笑)ことを思うと、ちょっと解せなかった。

c0196928_08021336.jpg

そんなこともあって、登山口到着 1分後の 9時54分にはもう歩き始めていた。
これで 32分の余裕ができたことになる。

最初はコンクリートの階段を 10段ほど登ると山道に変わる。

c0196928_08021309.jpg

最初こそ自然林だが、すぐに植林帯に変わる。

こうして鹿よけの柵に沿って登っていくうちはまだよかった。

c0196928_08021353.jpg

その後、どうにも登山道がはっきりとしなくなる。

こんなの、何処をどう歩いたらいいのだ・・・。

c0196928_08042378.jpg

登山口から 17分ほど歩いた頃「ミツバ岳」という簡易的な指導標が 1つ現れたときにはほっとした。

c0196928_08042395.jpg

続いて「水源の森林」の看板が現れた。
これもガイドブックにある重要な目印だ。

c0196928_08042346.jpg

続いて、どうやらミツマタらしき樹木が現れる。

葉が輪生状についている。
あとで調べたら、「葉は長楕円形~披針形で螺旋状に互生する」というから、多分間違いないだろう。

もちろん開花時期は春だから、花は全然期待できません。

c0196928_08042391.jpg

なおも植林帯の道が続く。
せっかくよく晴れているのに展望も得られず、早くも手帳に「なえるね」と書いている。

c0196928_08042334.jpg

10時36分(登山口から歩くこと 42分後)、自然林に変わる。

自然林は素晴らしいが、何とも道がはっきりとしない。
指導標がないだけならまだいい。幹に赤い印がほとんど現れてくれないんだ。

何だか、えらい山に来てしまったな・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-11-13 08:05 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-11-13 11:12
Morosawaさん
お疲れ様です
登山の時に踏み跡がなくて指標がなくて
となるとものすごく不安ですよね(強く同意
赤のマークもないとなると地図読みしながら進まれた?
でも樹林帯だと方向もわからないかも・・・
Commented by JunMorosawA at 2018-11-14 07:46
おやじさん、こんにちは。

> 登山の時に踏み跡がなくて指標がなくて
> となるとものすごく不安ですよね(強く同意

ものすごく不安ですよ。逆に北アルプスのメインルートってってこういう道ってまずないですからね。

> 赤のマークもないとなると地図読みしながら進まれた?
> でも樹林帯だと方向もわからないかも・・

ほぼ横方向に関して平らな斜面だったわけですが、わずかに尾根っぽいところを歩いていたって感じでしょうか。


<< 不明瞭な道に悩まされた丹沢権現...      不明瞭な道に悩まされた丹沢権現... >>