2018年 10月 30日
初秋の巾着田を目指す その9
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07483558.jpg

浄智寺の奥の民家にサザンカの花が咲き始めました。

サザンカは日本原産の常緑性の低木で、江戸時代から庭木として広く利用され、生垣などで使われることから、鎌倉でもよく見かけますよ。

さて今回は、9月に初秋の巾着田を目指したときのお話の 9回目です。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_07483427.jpg

日和田山を下りたら標柱の「巾着田・高麗駅」に従って車道を歩いていきます。

c0196928_07483401.jpg

しばらく車道を歩いていくと、右手の土手の上に墓地が見えてくる。
その斜面も彼岸花の撮影ポイントで、必ずこうして立ち寄って写している。

c0196928_07483498.jpg

12時14分、高麗本郷という大きな交差点に出る。
セブンイレブンの前を経由し、巾着田の方に入っていく。

c0196928_07483583.jpg

12時18分頃、巾着田に到着である。

巾着田(きんちゃくだ)は高麗川の蛇行によって長い年月をかけられてできたものだ。
その高麗川沿いの土手にもこうして彼岸花が咲き乱れている。

ただ、この日は 9月18日なのだが、今年はまだ満開には早いって感じだったな。

c0196928_07483508.jpg

ちょうどアゲハチョウが彼岸花の蜜を吸いに近寄ってきたんで、狙う。

ちょっと一部が欠けてしまって、残念!

c0196928_07502645.jpg

一番の彼岸花の群生地に入るにはお金がかかります。以前はタダだったんだけれどね。

でも特に中に入らなくても十分楽しめるから、今回も入らなかった。

c0196928_07502664.jpg

外からでも、こんな感じに写せるんです。

やっぱまだ咲き切っていない感じがしますね。
本当はもっと真っ赤になるもの。

c0196928_07502620.jpg

それでも観光客は結構押し寄せていましたよ。

c0196928_07502654.jpg

私は柵沿いの道を、時々撮影しつつ、巾着田のカーブに合わせて淡々と歩いていました。

c0196928_07502641.jpg

彼岸花の上に落ちている枯葉に秋を感じつつ・・・ね。

さて、ぼちぼち帰途に就くか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-10-30 07:52 | 低山歩き | Comments(4)
Commented by sasunsasun at 2018-10-31 10:41
Morosawaさん
お疲れ様です。
わぉ~すごい景色ですねぇ
曼珠沙華の群生 こんなすごい風景
見たことありませんです。
そうか、やはり鎌倉は
曼珠沙華~♪燃えていた~♪ですね
一度でいいから訪ねてみたいです。
Commented by JunMorosawA at 2018-11-01 07:51
おやじさん、こんにちは。

> わぉ~すごい景色ですねぇ
> 曼珠沙華の群生 こんなすごい風景
> 見たことありませんです。

最近彼岸花で売り出してる場所って結構あるけれども、ここまでの場所はなかなかないですね。

> そうか、やはり鎌倉は
> 曼珠沙華~♪燃えていた~♪ですね

出ましたね。いっそ巾着田のテーマソングに指定してもらっては?
Commented by アルペジロー at 2018-11-01 21:54 x
時期がちょっと早いみたいですね。満開になるとまさに真っ赤な絨毯のようになります。
以前、この真ん中で押尾コータロー氏が演奏して報道ステーションで生中継されたのですが、ご覧になりましたか?
Commented by JunMorosawA at 2018-11-02 07:57
アルペジローさん、こんにちは。

> 時期がちょっと早いみたいですね。満開になるとまさに真っ赤な絨毯のようになります。

そうですね。やっぱり5分咲きってところだったのかな?

> 以前、この真ん中で押尾コータロー氏が演奏して報道ステーションで生中継されたのですが、ご覧になりましたか?

それは全然知らなかったです。
彼岸花とか曼珠沙華っていうタイトルの曲があったのかな?


<< 初秋の巾着田を目指す その10      初秋の巾着田を目指す その8 >>