人気ブログランキング |
2018年 10月 25日
初秋の巾着田を目指す その7
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_15504912.jpg

読売新聞にもわざわざ鎌倉の塩害の話が載っていた。やっぱり今年はやや深刻なようだ。
何度も大きな台風がやってきましたからね。海に近い鎌倉は、どうしても塩の影響を受けてしまいます・・・。

さて今回は、9月に初秋の巾着田を目指したときのお話の 7回目です。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_15504856.jpg

11時8分(東吾野駅から歩き始めること 2時間28分後)、暗い山道が終わり、急に明るい舗装路に出る。

c0196928_15504866.jpg

舗装路を左に歩いていくと、すぐに「ふじみや」という茶屋風のお店が現れる。
といっても、どうやら飲み物とカップラーメンぐらいしかないお店のようだ。

それでも中に何人かの人が休んでいた。

c0196928_15504928.jpg

「ふじみや」を含めて車道沿いに数軒の民家があり、民家の屋根越しに遠くの山々が見える。ちょっと感じのいい場所だ。

どうやらこのあたりが駒高(こまだか)の集落らしい。

c0196928_15504969.jpg

11時16分(東吾野駅から歩き始めること 2時間36分後)、高指山との分岐に出る。

このまま舗装路を歩いていくとすぐに高指山に達するのだが、高指山山頂には NHK のテレビ塔があり、たしかどうせ立ち入りはできないはずなんだ。

だから高指山はパスして右側に入っていった。

c0196928_15504949.jpg

車道を離れて再び山の中に入っていく。
このとき物見山で出会った柴犬を連れたおじさんの後を追う形になった。

柴犬君、人が近づくとすぐに吠える。
抜くときに「よく吠えますね」と言うと、「駄目なんですよ、この子は」と言っていました。

c0196928_15521411.jpg

11時26分(東吾野駅から歩き始めること 2時間36分後)、日和田山に向かう分岐に出る。

c0196928_15521553.jpg

岩場に木の根っこが張り出している急登を一登りし・・・

c0196928_15521520.jpg

11時30分(東吾野駅から歩き始めること 2時間50分後)、日和田山山頂に到着。
日和田山は標高わずか 305mながら、日高市のシンボルとして親しまれている名山らしい。

正午が近いってことで、立派な宝篋印塔(ほうきょういんとう)の建つ山頂は人で一杯だった。

c0196928_15521512.jpg

それもそのはず。ご覧のように市街地を一望できる絶景ポイントなのだ。
私も端に腰かけて一息ついた。

手帳には「疲れた」の文字があります。
そう、私の場合、低山歩きの方が疲れるってことがよくあるのだ。

さて、お昼はすぐ下にある金刀比羅神社で済ませるか。
そここそが、ここを上回る絶景ポイントなのだ・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-10-25 15:53 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-10-26 12:50
Morosawaさん

こんにちは!

低山歩き 樹林帯の中を歩いていると疲れます
景色が変わらないので単調な山歩きですもんね。

しかし305mとハイキングにはいい感じの標高
老若男女がちょっとでかけるにはもってこいですね。

Commented by JunMorosawA at 2018-10-27 06:57
おやじさん、こんにちは。

> 低山歩き 樹林帯の中を歩いていると疲れます
> 景色が変わらないので単調な山歩きですもんね。

そうですね。
しかしそれだけじゃなく、私の場合、「飽き」もあるみたいです。
もう20年以上してますからね~。

> しかし305mとハイキングにはいい感じの標高
> 老若男女がちょっとでかけるにはもってこいですね。

そろそろこの「老」に当たる年齢だったりして(笑)。


<< 初秋の巾着田を目指す その8      初秋の巾着田を目指す その6 >>