2018年 10月 21日
初秋の巾着田を目指す その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16180026.jpg

相変わらず毎朝源氏山までウォーキングをしています。
だいたい 6時25分頃葛原岡神社に到着するように出かけるのですが、段々日が短くなってきて、太陽が低い位置から顔を出すようになってきました。

ご来光が拝める真冬も近づいています。

さて今回は、9月に初秋の巾着田を目指したときのお話の 5回目です。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_16175925.jpg

薄暗いシダ植物の森の中に、ぽつりと咲いていたのはハグロソウ。
ハグロソウは花びらが 2枚しかない。こういう花は滅多にないそうだ。

c0196928_16175998.jpg

続いてぽつぽつと現れ出したのがヤマホトトギス。
普通のホトトギスもいいけれども、白いヤマホトトギスはいいね。彼岸花と共に 9月を象徴する花といっていい。

c0196928_16180084.jpg

ほら、また現れた!

おかげでテンションが少し上がったよ。

c0196928_16180003.jpg

10時3分(東吾野駅から歩き始めること 1時間23分後)、右側が伐採されている明るい場所に出るも、すぐにまたシダの森の入っていってしまう。

c0196928_16192776.jpg

そこにカップが 1つあるだけの水場があった。
冷たい水が飲めない私は、ここで顔を洗った。

c0196928_16192773.jpg

まだまだ植林帯の道が続く。少しまいり始めていたが、一方で乗ってもいた。
「インディー・ジョーンズ」のテーマが頭の中で鳴り響いていたもの。

まあ 10時13分には思わず手帳に「遠いね」と書いていたりもしたけれどね。

さて、今回左足の指の付け根の部分に痛みを感じていた私だが、ここまでほとんど気にならないでいた。
これは奇跡に近いのではないだろうか。

c0196928_16192791.jpg

暗いシダの森が終わり、突然目の前に林道が現れた。
林道の先にお堂が見える。

c0196928_16192874.jpg

というわけで10時26分(東吾野駅から歩き始めること 1時間46分後)、北向地蔵に到着。

すぐそばに 2人組のおばちゃんが休んでいた。もう 1組おばちゃんたちがいたりした。
それだけ北向地蔵ってこのあたりではメジャーな観光スポットなのだろう。

c0196928_16192853.jpg

北向地蔵はその名のとおり北向きに立っている珍しい地蔵尊だ。
というのも、天明6年(1786年)に流行した悪疫を防ごうと、野州(下野の別称。今の栃木県)岩舟地蔵尊より分身として譲り受けたもので、故にその岩舟地蔵尊のある北の方を向いているのだそうだ。

また現在では、男女逢瀬(おうせ:愛し合う男女がひそかに会う機会)をとりもつ縁起地蔵としても親しまれているんだそうだ。
確か 10円奉納したと思います。

c0196928_16192873.jpg

人が多かったんで休むのはあきらめて、すぐに標柱の「物見山」の方向に歩き始めました。
ここから雰囲気が変わります。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-10-21 16:20 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-10-22 13:36
Morosawaさん
お疲れ様です!
ヤマホトトギス なんだか
心惹かれる花ですね!
近くの山にも咲いているのだろうか??
やはり山深い所に咲くのかしら
山はやっぱりいいですね
でもこちらは風邪をこじらせて
(土曜に友達との山歩きの約束を果たしたからか?)
昨日は大峯に行くつもりがギブアップ
そのかわりいるかさんに行ってきました(^-^;
Commented by JunMorosawA at 2018-10-22 19:33
おやじさん、こんにちは。

> ヤマホトトギス なんだか心惹かれる花ですね!

地味ですが、いい花ですよ。
普通のホトトギスなら、案外そのへんにも咲いています。

> でもこちらは風邪をこじらせて
> 昨日は大峯に行くつもりがギブアップ

あらま、そうでしたか。

> そのかわりいるかさんに行ってきました(^-^;

それもまたいいですね♪


<< 初秋の巾着田を目指す その6      初秋の巾着田を目指す その4 >>