2018年 09月 21日
北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦走記 2018 その36
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_06180432.jpg

きのうに引き続き巾着田の写真から。

彼岸花に停まる蝶々を狙ったのだが、少しだけ切れてしまって、残念!
なかなかうまく行かないものですね。

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

今年はどうなりますことやら・・・。

7月28日(木)、五竜岳方面目指しての稜線歩きが続いています。




岩稜帯がひたすら続く

c0196928_06180342.jpg

7月28日(木)、五竜岳方面目指しての稜線歩きが続いていた。
そう。こんな鎖場の連続する岩稜帯を歩いていたのだ。

c0196928_06180380.jpg

次のピークが迫ってきていた。
唐松岳頂上山荘から 1時間でやってくるのが大黒岳というピーク。

しかしこのとき歩き始めて 45分。 まだ早過ぎるか。

c0196928_06180373.jpg

「大黒岳は基部を巻くように黒部側につけられた登山道を通過する。傾斜の緩くなったハイマツ帯の斜面は快適に歩ける」とガイドにあるから、そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

最早自分のペースが速いんだか遅いんだか、分からなくなってしまった。

c0196928_06180303.jpg

唐松岳頂上山荘からもうすぐ 1時間。まだ 1人もすれ違っていなかった。
不帰嶮(かえらずのけん)ほどじゃないとしても、ここもなかなかのコースだよなあ。

c0196928_06180367.jpg

こんな岩稜帯にポツリとチシマギキョウが咲いている。
たくましい。

c0196928_06200118.jpg

一方白いのはクモマミミナグサかな?
お前もよくこんな場所に咲いているよ。

c0196928_06200158.jpg

12時14分(唐松岳頂上山荘から歩き始めること 59分後)、また休憩。
タイム的には唐松岳頂上山荘からほぼ 1時間。大黒岳のあたりのはずなんだけれどね(大黒岳山頂は巻くみたいなんだけれどさ)。

ここでアクエリアスが終わった。
ミネラルウォーター 500mlも終わっているから、あとはプラティパス・ソフトボトルに入っているミネラルウォーター 1L と午後の紅茶だけだ。

c0196928_06200160.jpg

ここで蝶と遭遇!黒服にオレンジの模様を付けた綺麗な蝶だ。
こいつがまた、逃げずにしばらく遊んでくれた。

調べてみたら高山性のクモマベニヒカゲ(雲間紅日陰蝶)であることが分かった。
もちろん初めて出会う。

これは嬉しい!っていうか、高山性の蝶なのに、自分の持っている小学館「日本の昆虫」に載ってくれていたのが嬉しかった。
じゃなかったら、謎のまま終わっていたことだろう。

c0196928_06200277.jpg

またこんな岩山を乗り越える。
いい加減うんざりし始めたころ、マスクをかけた若い女性と遭遇した。

そう。やっと人とすれ違ったのだ。

嬉しさのあまり思わず「ここまでおじさんには結構怖かったですよ」と彼女に泣き付くと、「そうですか」と笑ってくれ、こう話してくれた。

「でもここからは危険なところはありませんよ。稜線で、長いけど。お気をつけて」

彼女のおかげで随分勇気をもらえたような気分になった私でした・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-09-21 06:23 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦...      北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦... >>