2018年 09月 19日
北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦走記 2018 その34
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07512248.jpg

秋ってことでしょうか。ハイキングコースを歩いていてもキノコが目立つようになりました。
これなんか一見おいしそうですが、どうなんでしょう?

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

今年はどうなりますことやら・・・。

7月28日(木)、唐松岳登頂を果たし、次なる目標に向かいます。




唐松岳を後にして・・・

c0196928_07512149.jpg

10時45分(八方池山荘から歩き始めること 5時間25分後)、唐松岳山頂から下山にかかる。

ご覧のとおり唐松岳から下る道は結構ガレている。

c0196928_07512212.jpg

そこでこの旅初めてストックを用いた。
中高年になったら下山には注意したいものだ。

c0196928_07512231.jpg

淡々と唐松岳頂上山荘目指して下っていきます。

やっぱ前の人もストックを使っているね。

c0196928_07512224.jpg

11時5分(八方池山荘から歩き始めること 5時間分40後)、唐松岳頂上山荘。
ここでまたストックをしまった。

五竜岳に向かうコースの前半は、鎖場が連続する「牛首」という難所がある。
そんな場所ではかえってストックは邪魔と判断したのだろう。

c0196928_07512264.jpg

難所を前にややビビる私の前に、急に目の前の杭にイワヒバリが現れ、一鳴きした。
イワヒバリ君、毎年こうして必ず私の前に現れて、私と遊んでくれる。

「大丈夫だよ。怖がらなくても」

そんな風に慰められた気がした。

c0196928_07523149.gif

2日目の予定をもう一度書いておこう。

現在 11時15分。八方池山荘を予定よりも 35分も早い 5時25分に出発したのだから、本来唐松岳頂上山荘を 10時20分に出発しなければいけないわけだから、55分も遅れているんだな。

写真の撮影時間や休憩時間を考えたらこれはしょうがないところだろう。

このまま行くと五竜山荘到着予定時間は 1時55分か。撮影と休憩時間をプラスしたら、案外いい時間になってしまうかもしれない。

計画にゆとりを持たせておいて、よかったよ。

c0196928_07523154.jpg

というわけで 11時15分(八方池山荘から歩き始めること 5時間50分後)、五竜山荘に向けて歩き始める。

先ほども書いたとおり、五竜岳に向かうコースの前半は、鎖場が連続する「牛首」という難所がある。

流石に身が引き締まる。手帳にも「慎重に行こう!」と書いています。

c0196928_07523159.jpg

歩き始めてすぐに地面にこんな案内板が現れやがった。

すぐにやってくるのかよ、牛首君・・・。

c0196928_07523295.jpg

おまけに五竜岳に向かう稜線にガスがかかり始めていた。
何とも心細い。

きのうとは打って変わって登山者も少ない感じがするし、今回の山行で初めて緊張し始めている私がいた・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-09-19 07:54 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦...      北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦... >>