2018年 09月 12日
北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦走記 2018 その28
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07420074.jpg

さて、これは前回お届けした八方池の写真なのですが、何処かおかしいことにお気づきですか?

じつは上下をひっくり返しています。つまり上が八方池で、下は空なんです。
でも案外分かりませんよね。そのくらい八方池が澄んでいたのです

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

今年はどうなりますことやら・・・。

7月28日(木)、2日目の登山が続いています。




八方尾根が変化する
c0196928_07415945.jpg

八方池から 10分ちょい歩くと、この八方尾根、ここからとんでもない変化を起こす。

すなわち、今までは森林限界を超えて背の低いハイマツしか生えてなかった道が・・・

c0196928_07415972.jpg

何と背の高い樹林帯に入っていくのだ!

今回のルートを歩くきっかけの1つになったブログ「OL脱出★リケジョの週末山ガール」の テン泊唐松岳~五竜岳その1◆八方尾根から唐松岳◆ にも、こんな文章がある。

       唐松岳の素晴らしいと思うのは、
       いろんな景色を見せてくれるところ。

       最初からいきなり尾根を歩かせていただき・・・
       絶景を満喫したところで樹林帯に入る
       そしてまた一気に尾根に出るという・・・

       このメリハリ!!!
       楽しませてくれます~!

そうなのだ。森林限界を超えたはずの山に、突然背の高い樹木が現れるのが八方尾根特有の際立った特徴になっている。普通ではありえないことだ。

c0196928_07415992.jpg

このあたりを下ノ樺(しものかんば)と呼ぶ。
樹木の中心になっているのがダケカンバだからだ。

ダケカンバはあのシラカバ(白樺)の仲間だ。
しかしシラカバよりも更に高い高度に分布し、樹皮がシラカバよりもかなり赤茶色がかっている点、葉にやや光沢がある点で区別できるという。

ちなみに幹が横に伸びているのが多いのは、冬の積雪のせいらしい。
冬はすごい量の雪が降るわけですよ、ここに。

c0196928_07415954.jpg

気持ちのいいダケカンバの灌木帯の中で、早くも紅葉している葉っぱがあった。
気の早い奴だ。

そんな灌木帯で 6時57分(八方池山荘から歩き始めること 1時間32分後)、休憩。

午後の紅茶が素敵においしかった。
一方山小屋で水で薄めたアクエリアスは、その薄さが気になった。
作戦失敗か。

c0196928_07420038.jpg

5分ほどでまた歩き始める。

樹木越しに見える白馬の方の山並みが素敵だ。
そうか。こういう景色をきのうから見てないから、新鮮なんだ!

c0196928_07451030.jpg

7時7分(八方池山荘から歩き始めること 1時間42分後)、ニッコウキスゲの咲く斜面に出る。
ってことは灌木帯は一旦抜けていたことになる。

ガイドに「ダケカンバ帯から急坂を登って尾根の南側に回り込む。ニッコウキスゲやシモツケソウなどの高茎草原に咲く高山植物が目立ってくる」とあるのがこのあたりかもしれない。

c0196928_07451106.jpg

このあたりで私は心の中で変な「ドレミの歌」を歌っていた。

「ドはどおなってるのド、レはレジェンドのレ ♪」みたいな奴です。

調子に乗っていた証しですね。

c0196928_07451130.jpg

再びニッコウキスゲの咲く斜面に。
素晴らしい!文句の付けようがない!

こりゃ、変な歌も出るわ!

c0196928_07451157.jpg

振り返ると、また八方池が見えてきていた。
樹林帯を抜けた証しだ。

水彩画のような背景の山々もいいですね~。

c0196928_07451146.jpg

7時14分(八方池山荘から歩き始めること 1時間49分後)、また休憩。
ちょっと休憩の回数が多過ぎるかな?

ここで初めて高級チョコを開けて食べた。
でも正直言って、今回はほとんど活躍しなかったな、こいつ。

一方紅茶が素敵においしかった。
固形物より水分・・・だったのだろう。

いよいよ乗ってきたようで、遂に私は手帳にこう書いている。

       いいよ。五竜までは行くよ! 山頂はパスするけれど

このあたりでやっと五竜までの縦走を決意したようだ。
ただ同時に「まだ不安、あるけれどね」とも正直に書いていた・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-09-12 07:48 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦...      北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦... >>