人気ブログランキング |
2018年 08月 29日
北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦走記 2018 その14
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07523158.jpg

最近全く歩いてなくて映画ばかり観ている。堕落してますな。
それもまたアニメ。スタジオポノックの 3本の短編で構成されるオムニバスアニメ「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」を観てきた。

1話目はカニの兄弟の冒険物語「カニーニとカニーノ」。あの「借りぐらしのアリエッティ」の米林宏昌氏が監督を務めた作品なのに、全然面白くなかった。
何を描きたいのか分からん。ストーリがまるでなってない。どうした、米林!

2話目の「サムライエッグ」は東京で両親と暮らす卵アレルギーの小学生のシュンのお話。
これはいいや。卵アレルギーの大変さがよく現れている。淡い水彩画のような描き方もいい。「頑張れ、シュン!」と応援したくなる。

最後が「透明人間」。透明人間のある 1日の出来事を描いた作品だ。
これはすごい!作画も音楽も素晴らしい!これぞまさに短編映画の傑作だ!

透明人間とはいえ帽子やコートを羽織っているのに彼は他の人から見えていない。
見えるはずの彼が見えないというのは、彼が社会から抹殺された存在であることを暗示している(ちなみにほとんど喋らないけれども声はオダギリジョーが演じている)。

傑作だと思います。これだけもう一度観てみたいほどだ。
というわけで、私の評価です。

       「カニーニとカニーノ」   ★
       「サムライエッグ」     ★★★
       「透明人間」        ★★★★★


さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱Q体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

今年はどうなりますことやら・・・。

7月25日(水)、決行初日。遂にゴンドラリフト「アダム」の駅「八方駅」に到着です。





ゴンドラリフト「アダム」に乗る

c0196928_07523134.jpg

12時36分(白馬八方バスターミナルから歩き始めること 14分後)、やっと八方ゴンドラリフト「アダム」の駅「八方駅」が現れた。
バスターミナルから 10分ってことになっているのに、案外かかったな。写真を写していたせいかもしれないけれど。

インフォメーションセンターでもらったガイドによると標高は 770mだそうだ。
しかしそうとは思えないほど暑かった。

ちなみに八方尾根はスキー場として有名な場所だ。だからこの日泊まる予定の八方池山荘までゴンドラ、リフトを乗り継げば歩かなくても辿り着けてしまう。
逆にいえば上まで「観光客」が押し寄せてしまうってことになるわけだけれどね。

c0196928_07523139.jpg

ネットに「夏期は順番待ちになる場合も」という情報があった。だからこそ初日は無理をして唐松岳頂上山荘まで登るのをやめたという部分もある。
ところがチケット売り場は実に閑散としていた。まるで真冬の海水浴場のように。

早速そのチケット売り場に向かう。
相手をしてくれたのは若い女性だった。

「往復ですか片道ですか?」と聞かれ、一瞬悩んで片道にする。
私の場合、五竜岳に向かうわけだからね。帰りはこちらに下りてこないから片道でいいわけです。

でもほとんどの人は八方池まで散策してまたここに戻ってくるようで、チケット売り場の女性も「片道でいいんですか?」っていう顔をしていました。

c0196928_07523180.jpg

続いて「一番上まで行きますか?」とか聞かれた。

そう。これから乗るのはゴンドラリフト「アダム」だが、それだけじゃ八方池山荘前まで行けない。
上まで行くにはゴンドラリフト「アダム」 → アルペンクワッドリフト → グラートクワッドリフトと乗り継ぐのだ。

もちろん上までお願いした。
それにつけてもいずれもすごい名前がついているね。

更にカードのようなものを持っているかと尋ねられたから、「モンベルカードならあります」と伝えた。
どうやらモンベルカードでも往復なら割引があったようだが、片道の場合は駄目なようだ。

というわけで普通に 1,550円払いました。

c0196928_07523120.jpg

チケット売り場からゴンドラが見えました。そうか、あれに乗るのか。
ゴンドラっぽいものに乗るのは木曽の御嶽山の御岳ロープウェイ以来じゃないかなあ・・・。

c0196928_07523150.jpg

というわけでゴンドラ乗車口に向かいます。
相変わらず閑散としてますね。

c0196928_07541511.jpg

12時38分、ゴンドラに乗り込む。
八方ゴンドラリフト「アダム」は 6人乗りってことだが、もちろんそれを私 1人で独占である。

建物から外に放り出されるときはちょっと怖かった。

そしてすぐに思った。「暑い!」と。
そう。それでなくても外は暑いのにゴンドラはほぼ密封されているから、中は熱がこもってとんでもなく暑いのだ。

元々冬場のスキー用に作られたものだから、しょうがないのかね。

c0196928_07541600.jpg

ゴンドラが進んでいきます。

上から下りてくるゴンドラを見ても空車が多い。
「これで黒字になるんだろうか」と観光地に住んでいるおじさんは心配してしまった。

c0196928_07541604.jpg

ふと振り返ると白馬の町並みが一望できて、なかなかの絶景。

そういえばアルペンガイドには「白馬村や大糸線沿線の街並みが箱庭のように見事に眺められる」とオツなことが書いてあったっけ・・・。

c0196928_07541697.jpg

やがてアダムの上の駅が見えてくる。

まだまだ先は長い・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-08-29 07:56 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦...      北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦... >>