2018年 08月 25日
北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦走記 2018 その10
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07402653.jpg

毎年のこととはいえ、北アルプス登山後飲酒量が増えてしまった。
といってもワイン 2合ほどなのだが、いつもなら週に 1度か 2度は設ける休肝日も設けなかったせいか、左足の親指の付け根のあたりにリウマチ痛のような軽い痛みを感じるようになってしまった。

反省することしきりです。
きょうは飲むけど、明日は休肝しよう(笑)。

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

さて、今年はどうなりますことやら・・・。

7月25日(水)、決行当日の朝を迎えた私。
東京駅から長野駅を目指します。




新幹線に乗る

c0196928_07402646.jpg

私が今回利用したのは、東京駅から金沢に向かう新幹線「かがやき507号」。

ちなみに「かがやき」は、JR東日本 と JR西日本が、北陸新幹線の東京駅~金沢駅間で運行している特別急行列車の愛称ということです。
2015年(平成27年)3月14日の北陸新幹線金沢延伸開業に伴い、同線の速達タイプとして設定されたものだということです(ウィキペディアより)。

北陸新幹線の列車名は公募によって決定され、「かがやき」は第5位で 1位は「はくたか」だったらしい。
その「はくたか」も北陸新幹線の停車タイプの列車名として設定されていて、速達タイプの「かがやき」と同区間(東京駅~金沢駅間)を走っているとのことです。

そうか。「かがやき」の方が速いんだ。
というわけでこの「かがやき」が停まる駅は、わずかに東京、上野、大宮、長野、富山、金沢だけだそうだ。

c0196928_07402635.jpg

9時17分ぐらいになって新幹線に乗り込んだ。

去年は「 5年ぶりに新幹線に乗るってことで、流石に少し興奮していた」などと旅行記に書いているが、今年は全然そんなことはなかった。
逆言えば、白けてたのかもしれない。

私の席は 6号車 13番 E席で、2人席の窓側だ。
通路側には誰もいなかったんで、楽に席に着くことができた。

c0196928_07402610.jpg

前回も書いたとおり、私が乗った「かがやき」は全席指定席です。
まだエアコンが入ってないのか、結構車内は蒸していた。

9時21分、新幹線が静かに発車。私の隣も含めて、まだ空席が結構あった。

新幹線に無事乗れたことで、少しはほっとしていた。
帽子を脱いでくつろぎます。

9時25分、上野駅に到着。
停車駅が極端に少ない「かがやき」のくせに、上野~東京間はわずか 4~5分なのが面白い。

上野駅は地下ホームだ。5分ほどかな、地下を走ってから地上を走り出す。

まだべっとりとした眠気は消えてなかった。「新幹線に乗る」という程度の刺激じゃ駄目らしい。

すぐにカート売りのおねえさんがやってきた。弁当とかお菓子とか、いろいろな食べ物を売っている。
そういえば去年は新幹線が走り出してすぐに食事にとりかかったが、今回は少量とはいえ朝食を食べてきているってこともあって、少し先延ばしにすることにした。

c0196928_07402667.jpg

私はタブレットは持っているものの、ケータイの方はいまだにガラケーである。

で、ここでえらいことに気づいてしまった。
電気ポットの電源を抜き忘れた気がしたのだ。

お袋は入院中だから家には誰もいない。

困ったな。
こんなことを戸塚に住んでいる妹に電話して頼んだら怒られそうだ。

そうだ。ショートメールという手がある。
メールなら頼みやすい。

そこで「ポットの電源見ておいて」と打ち込み、送信した。
怒られるかなあ・・・。

c0196928_07402697.jpg

9時45分、大宮駅に到着。ここでは結構乗ってきた。

そして私の隣にも 50代ぐらいの女性が座った。しかもちゃんと座るときに挨拶してきた。
こういうの些細なことが旅の印象を変えるね。

長野到着時間は 11時。あと 1時間ちょいか。やはり新幹線は早い。

ここで初めてきょうのルートを確認したりした。
それでも全然気分が出なかったっけ。

ご覧のように天候の方もさえないままだった。
一方、やっと胃が落ち着いてきた感じがあった。嘔吐感も薄まっていたはずだ。

c0196928_07402697.jpg

9時58分頃、少し日が差してきた。
そのせいか、ちょっとだけやっと旅情を感じ始めた。

この頃、隣の 3人席にいたカップルがお弁当を食べ始めた。スマホで弁当を撮影する音も聞こえてきた。

それに影響されたのだろう。やっとサンドイッチを食べる気を起こした。

c0196928_07421570.jpg

東京駅で購入したサンドイッチはやや量が多めだったのが気になったものの、まあまあおいしくいただけた。

一緒に飲んだのは、大船の駅ナカの Nioopn Standard というお店でわざわざ買った「山猫りんごジュース 180ml」(302円)。
私の旅っていうと、このりんごジュースが欠かせないっていう気がする。去年は「マルカ・すりおろしりんご汁」をわざわざ自宅から持ってきたっけ。

ま、そのわりにはあまり味の印象はないんだけれどね。

c0196928_07421534.jpg

10時13分あたりからトンネルを何度か通過する。特に 10時16分からのトンネルは長かった。
軽井沢の手前はトンネルが多いから、そのあたりだったのだろう。

このあたりになってくると車窓からの景色が随分変わってくる。山が目立つようになる。
しかしまだ私のテンションはそれほど上がってはこなかった。

嘔吐感こそなかったものの、まだべっとりとした眠気が抜け切っていなかったのだ。
やれやれ・・・だね。

そんな私のコンディションとは関係なく、新幹線は進む。
長野駅までもう少しだ。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-08-25 07:45 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-08-25 10:55
Morosawaさん

お疲れ様です!

私もなんとなく新幹線に乗っている気分です
写真からは残念ながらあの車内のにおいとか
空気とかが感じられないのですが、
記憶にある香を思い出しながら読み進めさせてもらってます^^
もうすぐ軽井沢かぁ・・ 軽井沢訪問も、もう随分前になりました。
また行ってみたいなぁ
Commented by JunMorosawA at 2018-08-25 17:44
おやじさん、こんにちは。すいません、なかなか進まなくて(苦笑)。

きょうまでで32話分仕上げました。
ちょっと安心しております。

そうか。軽井沢には来たこと、あるんですね。私は一度もなかったりしますよ。


<< 北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦...      北アルプス・唐松岳→五竜岳 縦... >>