2018年 07月 24日
芦ノ湖西側稜線コースを歩く その10
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_19404714.jpg

先日、ちょっと用事があって円覚寺に行ったのですが・・・。
いやあ、暑い!尋常ではない暑さですね。

最早地球は人間が住める星ではなくなりそうですね。温暖化のせいで。

さて今回は、5月14日に芦ノ湖西側稜線コースを歩いたときのお話の 10回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_19412650.jpg

というわけで11時(箱根町バス停から歩くこと 3時間20分後)、三国山山頂を後にする。

しばらくまたバイケイソウの大きな葉っぱが目立っていた。
花の時期なら、相当臭かったことだろう。

c0196928_19404642.jpg

そして相変わらずブナの巨木が見事だった。
こういうブナ林は丹沢あたりでもなかなかない気がする。

c0196928_19404622.jpg

「湖尻峠 0.3km」という指導標が現れてからは一気の下りだ。

ここで初めてハイカー・・・ではなくてペアのランナーが現れた。
彼らが山の中で出会った唯一の人間です。

正面に徐々に芦ノ湖スカイラインの道路が見えてくる。そしてその先は笹原の山になっている。

c0196928_19404648.jpg

11時42分(箱根町バス停から歩くこと 4時間2分後)、芦ノ湖スカイラインの分岐点でもある、明るい湖尻峠(850m)に到着。

もっとず~っと芦ノ湖の外輪山を歩きたいのなら、道路を渡って正面の山に登れば、丸岳を経て金時山の方に進むことができますよ。

今回はここから芦ノ湖の湖畔に下ります。

c0196928_19404601.jpg

ちなみに案内板によると湖尻峠の「湖尻」は「こじり」ではなく「うみじり」と読むのが正しいそうだ。
江戸時代には箱根の関所を守るため、この峠からの旅人の通行は禁止されていたらしい。

「この峠の下を箱根用水が通っています」という文章も、ちょっと覚えておいてください。

c0196928_19430288.jpg

「深良水門 15分」の指導標に導かれるように進んでいきます。

c0196928_19430210.jpg

下山道は階段。それも滑りやすい石段と来ている。なるべく石段を避けて端っこを歩くようにしていた。

こんなところでコケたら、たまったもんじゃないからね。

c0196928_19430295.jpg

それでも11時54分(箱根町バス停から歩くこと 4時間14分後)無事下山終了。終わってみれば10分ほどの行程だ。

ここからは未舗装ながら芦ノ湖西岸コースの遊歩道歩きだ。もう山道はない。
ほっとする。

c0196928_19430218.jpg

さて、バス停のある湖尻の方に向かうにはT字路を左折するのだが、ここは右折して深良(ふから)水門に立ち寄ってみることにします。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-07-24 19:44 | 低山歩き | Comments(0)


<< 芦ノ湖西側稜線コースを歩く その11      芦ノ湖西側稜線コースを歩く その9 >>