2018年 05月 20日
やはり何か発見のある山、九鬼山 その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_06430881.jpg

5月~6月、20~40cmの茎の先に白っぽい花を付けるユキノシタが満開状態になってきましたね。

5つの花弁のうち、写真のように 3枚が小さく上に向き、2枚が大きく下に垂れ下がっているというのが、何度見てもユニークです。

さて今回は、4月16日に山梨県の九鬼山に行ったときのお話をしたいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_06430850.jpg
4月に入り、2週連続山に向かうことができた。多少は体が目覚めてきたのかもしれない。
しかしいずれも高尾山周辺の、いわば「近場」の山だ。

じつは去年も高尾山の次に向かったのが山梨県の九鬼山だった。
今年は春が早いから、花の季節としてはもう遅いかもしれないが、やはりここは九鬼山に向かおうと決心した。

とはいえ九鬼山は遠い。北鎌倉から 2時間40分ほどもかかってしまう。
そこでいつもより 20分ほど早い時間に旅立つことにした。

それにつけても思っていた以上に雲が多い。少なくとも午前中は快晴のはずなのになあ・・・。
4月に入り、2週連続山に向かうことができた。多少は体が目覚めてきたのかもしれない。
しかしいずれも高尾山周辺の、いわば「近場」の山だ。

じつは去年も高尾山の次に向かったのが山梨県の九鬼山だった。
今年は春が早いから、花の季節としてはもう遅いかもしれないが、やはりここは九鬼山に向かおうと決心した。

とはいえ九鬼山は遠い。北鎌倉から 2時間40分ほどもかかってしまう。
そこでいつもより 20分ほど早い時間に旅立つことにした。

それにつけても思っていた以上に雲が多い。少なくとも午前中は快晴のはずなのになあ・・・。

c0196928_06430840.jpg

6時50分、八王子駅到着。
私が乗ろうとしている電車は大月行きの 7時5分発の中央線だから、余裕は 15分しかない。

いつもの BECK'S COFFEE はとても無理なんで、コンビニで朝食用のサンドイッチを買った。

というわけで八王子から 7時5分発の大月行の電車に乗った。
いつもより 40分以上早い電車なのに、やはり今回も学生たちが多く乗っていた。どんだけ早く登校するのさ。

おかげでちょっとパンを食べられる雰囲気じゃなかった。
しょうがなく本を読んでいた。

c0196928_06430826.jpg

7時30分、上野原駅に到着。
いつものことだが、ここで学生たちがどっと降りる。

c0196928_06430830.jpg

おかげで一気にガラガラになり、やっと朝食にありつくことができました。

そして徐々に周囲に山梨県の山が見えてきて、気分も高揚してきた。

c0196928_06430891.jpg

7時49分、大月駅に到着。ここから富士急行に乗り換えです。
次の富士急行が出発するのは 7時52分。わずか3分しかないんで、ややあわてて跨線橋を渡った。

富士急行の改札のところに鳥居があってびっくりした。前からあったっけ?
富士山がらみでしょうねえ・・・。

c0196928_06452693.jpg

しかも電車は派手派手のきかんしゃトーマス号だった。前にも乗ったことがあるなあ。

7時52分、トーマス号が発車。
何とか座ることができたけれども、案外混んでいました。

c0196928_06452611.jpg

こうして 8時3分、やっと起点となる禾生(かせい)駅に到着した。
北鎌倉から 2時間45分。やっぱ遠いね。よくお尻が持ったと思う。

さて、どんな山行になるかな?

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-05-20 06:47 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-05-22 16:17
Morosawaさん
お疲れ様です!

ユキノシタ実物みたことないんです
いつか見たいなぁと思っていたらブログに(^O^)/

九鬼山どんな山でしょう
楽しみです!
Commented by JunMorosawA at 2018-05-22 18:00
おやじさん、こんにちは。

> ユキノシタ実物みたことないんです
> いつか見たいなぁと思っていたらブログに(^O^)/

そうでしたか。
鎌倉にはわりと普通に咲いていますよ。
うちの庭にもあったりします。

> 九鬼山どんな山でしょう
> 楽しみです!

じつは過去何度か扱ったことがあったりします(苦笑)。
もう新鮮な山って、なかなか、ないのです~。


<< やはり何か発見のある山、九鬼山...      北東尾根から高尾山を目指す その6 >>