2018年 05月 05日
北東尾根から高尾山を目指す その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07553655.jpg

山を歩いていると登山者じゃない人とも出会います。
先日三浦半島の山でバードウォッチャーの方と出会いました。
綺麗なオオルリの写真を見せてもらいましたよ。

さて今回は、4月9日に北東尾根から城山に登り、そこから高尾山を目指したときのお話の 2回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_07553570.jpg

8時35分(日影バス停から歩くこと 5分後)、日影沢林道の入口に到着。
短い橋で日影沢を渡る。

c0196928_07553520.jpg
山と高原地図(昭文社)より

さて、私は地図の真ん中あたりにある日影バス停で降り、日影沢林道の入口に到着したところです。
このまま日影沢沿いに作られている日影沢林道を歩いていけば城山山頂に向かうことができます。地図に「←1時間40分」と書いてあるコースですね。

しかしそれでは前回(4月9日)と同じです。そこで今回は北東尾根を使って城山に向かいます。
ちなみに北東尾根コースは日影沢林道と違って完全なる山道です。

といってもそんなコースは地図には載っていません。もしかしたら最新の地図には載っているのかもしれないけれども、私の持っている 2006年度版の地図には破線すら描かれていません。

c0196928_07553576.jpg

しかしスミレの観察もしたいんで、しばらく日影沢林道をそのまま先進んでいった。

ほら。他にもこうしてスミレの観察をしているおばさん・・・いや、女性たちがいました。

c0196928_07553614.jpg

彼女たちが観察していたのはご覧のタカオスミレだった。この高尾山で発見されたスミレですね。葉の表面がこげ茶色をしているのが特徴です。

c0196928_07553679.jpg

他にも白い花びらが可憐なマルバスミレが目立っていた。
1週間前にはここ日影沢林道では全く発見できなかったスミレです。

う~ん。1週間でここまで変わるか。やっぱ 1回でスミレ探しの旅を終わらせるなんて、無理があるようだな。

c0196928_07574379.jpg

ニリンソウもまだまだ盛んに咲いていたが、1週間前の方がピークだったかもしれない。

c0196928_07574390.jpg

8時52分、いろはの森との分岐のある日影沢キャンプ場に到着。
今週は猫ちゃん、いなかったなあ。

もう少しだけ進んでからUターンした。途中でまたさっきの女性 2人組と出会った。かなりじっくりと観察しているらしかった。

c0196928_07595216.jpg

沢の側に 3台ほどの駐車スペースがある場所がある。こここそが北東尾根への入口です。

c0196928_07574397.jpg

近くの電柱にマジックで薄っすらと「→城山 手前の沢渡る」と書いてある。 ここを見逃さなければ OK だ。

というわけで、いよいよ北東尾根に入っていきます!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-05-05 08:01 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-05-06 08:12
Morosawaさん

お疲れさまです!

最近山に行くとついつい花を探してます
Morosawaさんの影響大ですね^^

こんないろいろなスミレが発見できたら楽しいだろうなぁ
山は花だけでなくて鳥を見にくる人もいらっしゃる
山の楽しみは多岐に渡りますね!

そうそう、電柱のメモ書きのようなもの、誰が書くんでしょう(不思議

一昨日からテン泊の練習にいってきました。
山での一夜は新しい発見いっぱいでした!
Commented by JunMorosawA at 2018-05-08 09:01
おやじさん、こんにちは。

> 最近山に行くとついつい花を探してます
> Morosawaさんの影響大ですね^^

もうおやじさんは花の知識でもすぐに私を抜くと思いますよ。
ギターへの熱心さを見ているとそれが分かります(笑)。

> そうそう、電柱のメモ書きのようなもの、誰が書くんでしょう(不思議

まあハイカーが書くんでしょうね。

> 一昨日からテン泊の練習にいってきました。
> 山での一夜は新しい発見いっぱいでした!

早速お邪魔しますね。


<< 北東尾根から高尾山を目指す その3      北東尾根から高尾山を目指す その1 >>