2018年 04月 24日
日影沢林道スミレ探しの旅 その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。



山を歩いているとき、ふと立ち止まって流れ行く雲を眺める・・・いいですよね。
というわけで岸部眞明さんの「流れ行く雲」を演奏してみました。

さて、今回は日影沢林道スミレ探しの旅の 6回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_08175716.jpg

10時36分(日影バス停から歩くこと 2時間14分後)、城山山頂に到着。
この写真で分かるかな?城山山頂の桜はほとんど全く咲いてなかった。

どうせ今回は高尾山まで行く気はなかったが、これで完全にあきらめがついた。
城山山頂の桜が咲いてないのなら、高尾山へ向かう稜線上も咲いてないだろうと思ったからだ。

c0196928_08175739.jpg

城山茶屋はご覧のように平日でもちゃんとやっていた。ここのなめこ汁(250円)は有名です。
これの反対側に「春美茶屋」というのがあってびっくりした。営業はしてなかったけれども、前からあったっけ?

c0196928_08175799.jpg

城山(しろやま)は標高670.3m。東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区との境にある山だ。
他の城山と区別するため、小仏城山(こぼとけしろやま)とも呼ばれている。

c0196928_08175838.jpg

展望はというと、富士山が見えないばかりか、丹沢山塊ですら霞んでいてまったく見えなかった。

c0196928_08175864.jpg

東京の方もご覧のとおり。さっぱりです。
いわゆる春霞状態だけれども、ここまで見えないのは寂しいね。

c0196928_08175818.jpg

暑いんでここで流石にワークジャケットを脱いだ。

まだ時間が時間だから当然たいしてお腹は減っていなかったけれども、それでも高尾駅のセブンイレブンで買った「生姜と鶏ごぼうおむすび」を食べた。
そこそこおいしかった。珍しく(?)胃腸の調子が良かったのだろう。

もっとも食べたせいか、また眠気が襲ってきた。
自律神経失調症なのか、最近この眠気がひどい。こんなハイキング程度の登山じゃ改善されないようだ。

c0196928_08200524.jpg

数日前から足の調子がイマイチだった。左足裏の土踏まずの先のあたりに違和感があったんだ(時々こうなる)。
だからこの日は高尾山には向かわずに小仏峠を経て小仏バス停に下山するつもりだった。

小仏バス停からのバスは 1時間に 1本。
11時40分のバスに間に合わすのはしんどいんで 12時40分のに乗るつもりでいたんで、少しのんびりとしていた。

城山山頂で目立っていたのはこの木蓮(もくれん)だった。紫木蓮だと思います。
鎌倉ではもうとっくに終わっていたのだが、城山は標高があるため春の訪れが遅く、今が盛りって感じだった。

さて、小仏峠でのお楽しみは、今まで全く現れなかったヒナスミレ。
今年も出会えるかな?

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-04-24 08:20 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-04-24 10:41
Morosawaさん
お疲れさまです!
山の上の桜、今頃満開でしょうか
でもそろそろ低山の桜も散り始めているような・・
この時期春霞で見通しがよろしくないのが残念ですよね
スミレも出合えてよかったですね
下の白と紫の花はハナミズキ? ちょっと違うかなぁ
私の方の山行きはフクジュソウが終わってました(残念
Commented by JunMorosawA at 2018-04-24 20:03
おやじさん、こんにちは。

> 山の上の桜、今頃満開でしょうか
> でもそろそろ低山の桜も散り始めているような・・

そうですね。もう流石に終わっていると思います。

> この時期春霞で見通しがよろしくないのが残念ですよね

これはしょうがないですね。春の証しなのだから・・・。

> 下の白と紫の花はハナミズキ? ちょっと違うかなぁ

やっぱりシモクレンだと思いますよ、多分。


<< 日影沢林道スミレ探しの旅 その7      日影沢林道スミレ探しの旅 その5 >>