2018年 03月 28日
春を求めて景信山へ その4
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07202596.jpg

鎌倉の桜は今がまさに満開状態です。
こんなさえない写真で申し訳ないですが(手前の枝がなければなあ)、まさにきのう写した写真です。

さて今回は 3月12日に春を求めて奥高尾の景信山に行ったときのお話の 4回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_07202461.jpg

富士見台への登山をほぼあきらめ、淡々と小下沢林道を歩いていく。
最初は暗かった林道も、そのうち春の日差しをいっぱいに感じる明るい道になる。

ずっと沢沿いの道である。しかし私はその沢の音を本気で聞いているのだろうか。
いつも最近そうだ。山に来ても私は山に浸れないうちに下山してしまう。

思わず手帳に「沢の音をもっと聞こうよ」と私は書いている。

c0196928_07202494.jpg

ここで 1匹の蝶々と遭遇した。越冬する蝶、テングチョウだ。
名前の由来は、その大きく突き出した下唇のヒゲをテングの鼻に見立てたもの。

蝶っていうとこれから毛虫になって蛹になって・・・というイメージがあるが、このテングチョウのように成虫の状態で越冬するものも案外多い。例えばルリタテハなどもそうだ。

c0196928_07202425.jpg

9時20分(日影バス停から歩くこと 54分後)、車止めのゲートを越える。

まだ何処かで富士見台への道が現れるのではないかと期待していた私だが、この時点で もう100% あきらめがついた。

c0196928_07202521.jpg

そして9時25分(日影バス停から歩くこと 59分後)、広場風になっている林道の終点に達する。

ちょうどこのとき奥から単独の男性がやってきた。
土手風の場所で何かを見ている。

c0196928_07202572.jpg

春先に一番最初に咲くスミレ、アオイスミレだった。
「もう咲いているんですね」と言うと、そんなに珍しくもないってことだった。

c0196928_07221762.jpg

見ると沢の方に 5~6人のグループがいた。みんな一眼レフっぽいカメラを持っている。三脚も使っていた。

どうやらそこにもハナネコノメが咲いているようだ。
単独の男性もそちらに近づいていって、一緒に写していたっけ。

c0196928_07221700.jpg

私の方は午後の紅茶と共に高尾駅近くのセブンイレブンで買ったスイートポテト餡パイで小休憩。

いや、案外おいしいね、これ。悪くないわ。

c0196928_07221791.jpg

さて、景信山(かげのぶやま)に向かうか。
指導標の表記が影信山になっているのが面白いですね。

ここから景信山までは結構な高度差だったはず。頑張ろう。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-03-28 07:24 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-03-29 10:58
Morosawaさん
お疲れ様です!
ゆっくりと山を味わう 花をめでながら
写真を撮るハイキング 気分がリフレッシュ
景信山までひと頑張りですね!
Commented by JunMorosawA at 2018-03-30 07:23
おやじさん、こんにちは。

> ゆっくりと山を味わう 花をめでながら
> 写真を撮るハイキング 気分がリフレッシュ

もうねえ、じじいはこういうハイキングでいいのです(笑)。

> 景信山までひと頑張りですね!

このあとが結構つらいんですよね~。


<< 春を求めて景信山へ その5      春を求めて景信山へ その3 >>