2018年 03月 21日
春を求めて景信山へ その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_06344797.jpg

天候の方はぱっとしない日が続くが、春は確実に進んでいますね。

これはショカツサイ(諸葛菜)。ハナダイコンという呼び名でも親しまれている紫色の花だ。

江戸時代に中国から渡来して鑑賞用に栽培されていたという記録があるが、昭和10年頃から園芸植物としての栽培が広まり、戦後の一時期大流行したそうだ。
その後野生化して、鎌倉でもあちこちで自生し、今ではすっかり「野の花」になってしまった感がある。

さて今回は 3月12日に春を求めて奥高尾の景信山に行ったときのお話の 2回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_06344686.jpg

日影沢林道に入っていくとすぐに左手にこの遊歩道が現れる。

思ったとおり、私以外にも数人のハイカーがそちらに進んでいった。みんな沢辺の天使に会いにきたに違いない。

c0196928_06344608.jpg

遊歩道から日影沢に下りると、すでにカメラを構えている人たちがいた。
ほら、左側にいるでしょう?

c0196928_06344723.jpg

これが「沢辺の天使」の正体。ユキノシタ科ネコノメソウ属のハナネコノメという野の花だ。

といってもとても小さな花だから、スマホあたりで写すのはなかなかに難しい。
もう少し近づいてみよう。

c0196928_06344782.jpg
この赤い部分はオシベの先端の部分で、葯(やく)と呼ばれている。白い花と赤い葯の対比がこの花の一大特徴になっている。多くのカメラマンが好んで被写体に選ぶのも無理はない。

ちなみにこの赤い葯は 1~2週間ほどで取れてしまう。するとこの花の魅力も半減されてしまう。撮影チャンスは少ないのだ。


c0196928_06344741.jpg

今年はもうピークを過ぎているんじゃないかと思っていたのに、逆だった。ご覧のようにまだ蕾状態のものも多かった。

しかし何となく数が減っているような気がする。
そこで撮影していた女性たちに尋ねたら、台風で崩れてしまった部分があるらしいと教えてくれた。

そうなのかあ。それは残念だなあ。

c0196928_06362755.jpg

再び日影沢林道の入り口に戻ったのは 8時42分だった。14分ほどいたんだね。

さて、今度は小下沢林道に向かって歩いていきます。

c0196928_06362866.jpg

先ほどの日影沢林道の入り口あたりにはまだ日が差してなかったのに、その先にはご覧のようにたっぷりと春の日差しが降りそそいでいた。

ちなみに右上に見えるのが JR中央線です。ちょうど急行が走っていました。

c0196928_06362801.jpg
「山と高原地図 27 高尾・陣馬」より

さて、私は今地図の真ん中あたりにある「日影」にいます。
下に延びている赤い線が日影沢林道で、上の横に伸びている黒い線が JR中央線です。

これから小下沢林道に向かおうとしているのだが、「小下沢」の途中から富士見台に向かっていく破線があるでしょう?
今回、そこに進もうと思っていた。一度も歩いたことのないコースだったからだ。

しかし富士見台に進んでしまうと、その富士見台でわずかな展望があるだけであとは地味なコースが続くばかり。

こんな天気のいい日にもったいない気がした。
さて、どうしたもんでしょ・・・。

まあ、向こうに行ってから、考えるか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2018-03-21 06:38 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2018-03-22 12:43
MorosawaさんMorosawaさん
こんにちは
小下沢になかなかたどり着けず、富士見台も何処だろうと
右往左往しているうちに破線の部分が先に見つかりました(笑
等高線が込み合ってるみたい1時間の登りなかなかきつそうですね。
高尾山も回りはスゴイいっぱい登山ルートがあるんですね
こりゃ登山のメッカなわけです

ハナネコノメ 可憐な花ですね
これから花を見つける登山が楽しみ
Commented by JunMorosawA at 2018-03-22 18:18
おやじさん、こんにちは。

> 小下沢になかなかたどり着けず、富士見台も何処だろうと
> 右往左往しているうちに破線の部分が先に見つかりました(笑

破線の方が目立つしね(笑)。

> 等高線が込み合ってるみたい1時間の登りなかなかきつそうですね。

このコースは危険なコースとされているようです。だからまあ破線なんでしょうけれども。

> 高尾山も回りはスゴイいっぱい登山ルートがあるんですね
> こりゃ登山のメッカなわけです

高尾山の奥の奥高尾には、結構マニアックな山もあるんですよ。

> ハナネコノメ 可憐な花ですね
> これから花を見つける登山が楽しみ

まさに春の花の季節がやってきましたね!


<< 春を求めて景信山へ その3      春を求めて景信山へ その1 >>