2017年 11月 07日
北アルプス・針ノ木岳登山記 2017 その43
身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む・・・。

c0196928_07563470.jpg

連載も終わりが近づいた今頃になって、ブログ村の登山・カテゴリーの INポイント順のランキングで 5位になりました。
ありがとうございます。

今後はぐんぐん下がっていくと思われますんで、これが最後の栄冠です(笑)。
ちなみに 最新の順位はこちら です(もう落ちているかも)。

さて、3日目の下山が続いています・・・。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




休憩を経て、お花畑に

c0196928_07555565.jpg

8時25分(針ノ木小屋から歩くこと2時間25分後)、雪渓を渡る場所が現れた。
1ヶ所だけ、10~20mくらい雪渓をトラバースするところがあると言っていたのはここだったんだ。

しかし斜面じゃないから、怖くもなんともない。もちろんアイゼンなしでも全然問題なかった。
せっかく持ってきたモンベルの軽アイゼンの出番は、とうとうなさそうだ。

c0196928_07555645.jpg

8時35分(針ノ木小屋から歩くこと2時間25分後)、簡易な橋が見えてくる。

このときすれ違った男性が「今度の台風で、あの橋は取れちゃうんじゃないかなあ」と心配していた。

そんな彼に「気を付けてね」と私は声をかけた。
余裕があった証拠だろう。

c0196928_07555624.jpg

8時37分(針ノ木小屋から歩くこと 2時間37分後)、ご覧の丸太を並べただけの簡易な橋を渡った先で休憩する。
大沢小屋には 8時10分に到着するはずだったのだから、もう 30分近く遅れている。

しかし今回の場合、バスが来るまでコースタイム+1時間40分の余裕がある。
「順調」と考えるべきだろう。

私は下山が遅いと去年の北岳のときに感じた。だからこのくらいの余裕があって、ちょうどいいね。

c0196928_07555634.jpg

ここで初めて「甘ずっぱい輪切りレモン」を開封して食べる。
まずまずかねえ。やっぱドライフルーツ系はいいね。

c0196928_07555677.jpg

気温は 15度になっていた。
針ノ木峠のときは 11度だったから、4度上がったな。

風も落ち着いていたし、歩くには最高の気温といっていいだろう。

c0196928_07555642.jpg

12~13分で休憩を終えて歩き始めた。
するとラン科の花が現れた。これがお花畑の始まりだった。

ハクサンチドリは花期が 6~7月だから、多分花期が 7~8月のテガタチドリだと思う。

よく残っててくれたなあ!

c0196928_07583445.jpg

キンポウゲ科のカラマツソウも現れた。
ミヤマカラマツ、モミジカラマツもあるが、葉が丸みを帯びていることから、普通のカラマツソウで間違いないだろう。

c0196928_07583586.jpg

あと謎の黒い花も発見。
しかし花なのか、花期を過ぎた姿なのか・・・。

c0196928_07583515.jpg

次にクルマユリも現れた。これもよく残っていたなあ!

で、じつはこのお花畑・・・これからが本番だった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-11-07 08:01 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・針ノ木岳登山記 2...      北アルプス・針ノ木岳登山記 2... >>