2017年 11月 05日
北アルプス・針ノ木岳登山記 2017 その41
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

3日目の下山が続いています。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




予想外に残っていた高山植物たち

c0196928_08193018.jpg

まだ沢沿いの道が続く。時には沢を渡渉(としょう)することもある。

要するに山に挟まれた谷を下っているわけで、雪の多い季節なら、すでにここも雪渓になっているんだろうと思う。

c0196928_08193078.jpg

7時10分(針ノ木小屋から歩くこと 1時間10分後)、ウメバチソウの群生に出会う。

ウメバチソウは花粉を出さない 5つの仮雄しべの先端が 12~22片に細裂しているのが特徴だ。
高山のそれは 7~11片だそうで、なるほど。今写真を見ていたら、そうなっていた

というわけで、ウメバチソウとは区別してコウメバチソウと呼ばれているらしい。
まさか 9月半ばにこういう出会いがあるとはね。

c0196928_08193003.jpg

あと、セリの仲間かなあ、白い花の大群生もあったよ(ミヤマセンキュウかもしれない)。

c0196928_08193106.jpg

そしてウサギギクの大きな株も現れた。
ウサギギクの花期は 7月下旬から 8月なのだから、これは奇跡といってもいいと思う。

ちょっとへたってはいたけれどね(笑)。

c0196928_08193163.jpg

そしてアキノキリンソウ(ミヤマアキノキリンソウ?)も結構群生していた。

おかげでなかなか先に進めなかったが、まあ時間はたっぷりある。何の問題もない。
よかったよ、1時間40分も余裕があって。

こうして一生懸命撮影していたら、熟年の夫婦が後ろから現れて、奥さんの方が「お写真撮りながら、いらしているのね」と声をかけてくれたりしたっけ。


針ノ木雪渓の上部に到達

c0196928_08193186.jpg

そして7時27分(針ノ木小屋から歩くこと 1時間27分後)、遂に針ノ木雪渓の上部に到達!
針ノ木雪渓は白馬(しろうま)大雪渓、剱沢雪渓と共に日本三大雪渓の一つとされている。

ただ、今はもう 9月半ばである。雪渓は崩落が激しくて危険なため、通行はできない。

c0196928_08203582.jpg

というわけで「雪渓危険。高巻ルートを通行下さい」という案内版があった。

高巻き道とは沢を離れて迂回する山道のことだ。沢登りの際によく使われる用語のようだ。

もっともすぐに深い山に入っていったんじゃないと思う。しばらくは沢沿いの道だったはず。

c0196928_08203516.jpg

7時34分(針ノ木小屋から歩くこと1時間34分後)、最初の休憩を取る。
ここでは果肉ほし梅を食べた。全て食べ終わったよ。来年も絶対に持ってこよう。

もう十分暖かくなってきたし、高度も下がってきたことだし、ユニクロ・ウルトラライトダウンジャケットを脱いだ。
これも大活躍だったな。

c0196928_08203503.jpg

高度は 2078mになっていた。
針ノ木峠の高度が 2536mだから、ざっと 500mは下ってきたことになる。

別にひざは全然問題なかった。
それでも頚椎症が気になっていたのか、肩を回してストレッチをしたりしていた。

c0196928_08203571.jpg

休憩を終えて歩き始める。
まだ山の中ではなく、こんな感じのザレた斜面を下っていった。

c0196928_08203667.jpg

このあたりで単独の人とすれ違った。
台風18号が来るっていうのに、実はぽつぽつと登ってくる登山者がいるんだ。

無理もない。この日は 9月16日の土曜日。9月18日(月曜)は敬老の日だから、3連休の初日に当たっているのだ。

少し乗っていたのか「台風、大丈夫ですかね」と声をかけると、「ええ、もう日帰りですぐ下りてきちゃいますから」という返事。

「気を付けて!」と付け加えると「ありがとうございました」と言われた。
いいコミュニケーションだね。

続いてご覧のように女性がやってきて通り過ぎていった。どうやら 2人はご夫婦のようだった。

この私の乗りが、「俺は無事縦走を済ませてきたからね」という優越感のような気持から来ているのは明らかだった。
笑えるね・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-11-05 08:25 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・針ノ木岳登山記 2...      北アルプス・針ノ木岳登山記 2... >>