2017年 10月 25日
北アルプス・針ノ木岳登山記 2017 その30
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。現在 9位前後のところをうろちょろしています。

c0196928_07050180.jpg

前回載せたこの赤い実ですが、信州在住の hanamizukiさんがコケモモだと教えてくださいました。

コケモモ(苔桃)はツツジ科スノキ属の常緑小低木で、高山ないし亜高山の日当たりの良い岩場や砂礫地に生え、秋になるとこのように実が赤く熟する。
酸味があって、そのまま食べられるだけではなく、果実酒やジャムなどにもするそうですよ。

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

2日目の縦走が続いています。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




鳴沢岳山頂にて

c0196928_07064883.jpg

9時10分(種池山荘から歩くこと 3時間39分後)、標高2641mの鳴沢岳に到着。

ご覧のようにまだ雲は多かったものの、天候としてはすっかり晴れになってきていた。

c0196928_07050093.jpg

山頂にはまた例の関西60代2人組がいた。
流石の 2人もこの登りはこたえたらしく「しんどい登りや」と関西弁で話していた。

話を聞いているうちに 2人が大ベテランであることが分かってきた。何しろ 40年も前から山に登っているというのだから。
そしてまさにその 40年前にも一度ここに来ているという。

c0196928_07050078.jpg

それにしても素晴らしい展望だった。パノラマ写真でどうぞ(画像をクリックして右下の虫めがねマークをクリックすると大きな画像が出るはずです)。

左のなだらかな山が蓮華(れんげ)岳、一旦低くなっている部分がゴールの針ノ木小屋のある針ノ木峠、その右が針ノ木岳。中央にある緑っぽい山は次のピークの赤沢岳かなあ。

そしてそれらの山々が(今歩いている山々が)後立山(うしろたてやま)連峰で、背後にある青っぽく見える山が立山連峰だ。

その間にあるはずの黒部湖はまだ見えてこない。

関西60代2人組はほとんどの山に登っているってことで、とにかく山名に詳しい。

「ポコポコが水晶岳で、その右側の赤茶色が赤牛岳で、左っ側のおむすびみたいなのが恐らく鷲羽岳(わしばだけ)やろなあと・・・」

って具合に、次々に私に山の名前を教えてくれた。

c0196928_07050046.jpg

ちなみにこれが立山連峰の主峰の立山です。
最初はガスに包まれていたのだが、徐々にその姿を現した。

そのうち彼らが「立山の神社が見えてきましたよ」と私に教えてくれた。

c0196928_07050085.jpg

それを愛機、 DMC-FZ1000 のズーム機能を最大限に使って写したのが、これ。
立山の主峰、雄山(おやま)の上に立つ神社(右側)と、その左下にある社務所のような建物がくっきりと見えている。

神社は雄山神社(おやまじんじゃ)の立山頂上峰本社(みねほんしゃ)と言い、立山信仰の聖地となっている。

鳥居から先、峰本社に入るためには 500円の「登拝料」が必要で、登拝料を払うとお祓いを受けて、お神酒をいただくことができるらしい。

そういえば NHKで以前放映された「夏の北アルプス・あぁ絶景! 雲上のアドベンチャー」で田部井淳子と内多アナもお祓いを受けていたっけ。

しかし立山まではおよそ 7kmほど離れている。そこにある神社をかなりの大きさで写せるのだから DMC-FZ1000 はたいしたものだ。
2人も流石に驚いていた。

c0196928_07050124.jpg

そして北東の方角にはガスの上に白馬三山の姿もあった。2012年に縦走した山だ。

c0196928_07050159.jpg

こちらも DMC-FZ1000 のズーム機能を使ったら、あの巨大な白馬山荘までもがくっきりと写せた。
こうして自分が登った山が見えると嬉しい。



最後に動画でもどうぞ。
こちらの方が登ってすぐのときに映したせいで、むしろ雲がまだ多いのが分かる。

そのうち2人が、「あれ、もう 45分もここにおる」と言い、立ち上がった。
立ち去るとき、忘れ物がないかどうかチェックしていたのが印象的だった。

私もいつの間にか鳴沢岳山頂に 30分以上もいた。珍しい・・・。
これで 30分早く歩き始めた分がすっかり消えてしまったことになるけれども、まだまだ時間はたっぷりとある。

素晴らしい絶景に大満足の私であったが、何処かで物足りなさも感じていた。
そう。念願の黒部湖越しの立山連峰をまだ拝んでいなかったのだ。

次のピークで見ることができるだろうか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-10-25 07:11 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-10-25 12:39
morosawaさん

お疲れ様です!

雲が晴れてきましたね
縦走していてこの見晴らしを見て体感すると
感動ものでしょうね!
写真だと二次元になるので圧倒的な
山の存在感がどうしても薄れてしまうのですが
それでもこれだけスバラシイ眺め
やはり高山の眺望は違いますね!

こちらは、週末もし天気がよければ
いよいよテン泊の練習に出かける予定です。
さてどうなりますやら^^
Commented by JunMorosawA at 2017-10-25 19:41
おやじさん、こんにちは。

> 雲が晴れてきましたね
> 縦走していてこの見晴らしを見て体感すると
> 感動ものでしょうね!

最初が最初だっただけに、感動しましたね、やはり。

> やはり高山の眺望は違いますね!

おやじさんも是非来年は北アルプスを目指してください!

> こちらは、週末もし天気がよければ
> いよいよテン泊の練習に出かける予定です。

おお!これはまた楽しみですね!


<< 北アルプス・針ノ木岳登山記 2...      北アルプス・針ノ木岳登山記 2... >>