2017年 10月 03日
北アルプス・針ノ木岳登山記 2017 その8
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。現在、もう少しでベスト10に入るかも・・・というところまで来ています。

c0196928_07175409.jpg

夏山登山後の休日はのんびりと映画を観たりしながら過ごしてします。

たとえば「エイリアン コヴェナント」も観ました。
ネットでは百点満点で 65点ぐらいと、とても評価の低い映画ですが、個人的には結構楽しめたがなあ。

ちなみに監督のリドリー・スコット氏は御年(おんとし)79歳だそうです。
頑張ってますなあ・・・。

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

さて、今年はどうなりますことやら・・・。

9月14日(木曜)、決行当日の朝を迎えた私。
東京から新幹線で長野に向かいます。





新幹線が走る

c0196928_07175200.jpg

東京駅から金沢に向かう新幹線「かがやき503号」に乗り込む。

ちなみに「かがやき」は、JR東日本 と JR西日本が、北陸新幹線の東京駅~金沢駅間で運行している特別急行列車の愛称ということです。
2015年(平成27年)3月14日の北陸新幹線金沢延伸開業に伴い、同線の速達タイプとして設定されたものだということです(ウィキペディアより)。

北陸新幹線の列車名は公募によって決定され、「かがやき」は第5位で 1位は「はくたか」だったらしい。
その「はくたか」も北陸新幹線の停車タイプの列車名として設定されていて、速達タイプの「かがやき」と同区間(東京駅~金沢駅間)を走っているとのことです。

そうか。「かがやき」の方が速いんだ。
というわけでこの「かがやき」が停まる駅は、わずかに東京、上野、大宮、長野、富山、金沢だけだそうだ。

c0196928_07175399.jpg

7時11分ぐらいになって新幹線に乗り込んだ。

恥ずかしながら新幹線に乗るのは 5年ぶりってことで、流石に少し興奮していた。

私の席は 6号車12番A席で、3人席の窓側だ。
真ん中の席に中年の女性が座っていた。ちゃっかり私の席に荷物を置いていたが、そこに私が座るんだと分かると「はい」と言って素早くその荷物を片付けてくれた。

まあ変な人じゃなくて、よかったですよ。あっちの世界の人だとか、うるさい女性 2人組だったりしたら、嫌だもの。
やがて通路側の人もやってきた。普通のおじさんでした。

c0196928_07175344.jpg

7時20分、新幹線が静かに発車。まだ空席も結構あった。

走り出してすぐに日差しを感じた。
やはりこの日は「晴れ・朝のうちは曇り」みたいな予報だったのだろう。

別に東京で晴れてもしょうがないのだが、それでも嬉しかったらしく「日差し!」と手帳に書いています。
そのくせ「ルンルンはしてないなあ」とも書いています。

7時25分、上野駅に到着。
停車駅が極端に少ない「かがやき」のくせに、上野~東京間はわずか 5分なのが面白い。

上野駅は地下ホームだ。5分ほどかな、地下を走ってから地上を走り出す。

すると真っ黒だった車窓に市街地が映り始める。

c0196928_07175324.jpg

7時半頃朝食に取り掛かることにした。
サンドイッチと、わざわざ家から持っていった瓶入りの「マルカ・すりおろしりんご汁」の組み合わせです。

安っぽいサンドイッチなのに、これがまた案外おいしく感じられた。
最近 BECK'S COFFEE のモーニングですらお腹に響くことがあることを思うと、上出来である。

一方おいしいはずのすりおろしりんご汁は不思議と味を感じなかった。
時々こういうことって、あるんだよね・・・。


c0196928_07175302.jpg

7時25分、大宮駅に到着した。
ここで結構多くの人が乗り込んできた。前回もそうだったな。

このあたりで初めて、文庫本「人生を味わう古典落語の名文句」(立川談慶)を開いた。
しかし集中力がなかったせいなのか、あまり面白く感じられなかった。

そのうち徐々に快晴になってきた。やっぱり気持ちがいい。
ただ隣の女性がタブレットを使っていたんで、「まぶしいからブラインドを下ろしてください」と言われるんじゃないかとヒヤヒヤしていた。

やっぱり外の景色を見ていたかったからね・・・。

c0196928_07175350.jpg

いくつかのトンネルを越えたあと、新幹線が妙なほど速度を落とす。軽井沢駅を通過したのだ。

2012年、白馬岳に向かったときには「流石は人気の避暑地、結構多くの人が降り、乗客の数が半分になった」と書いているのに、我が「かがやき」は軽井沢駅ですら無視してしまいます。

そろそろお尻が気になってきていた。手帳に「お尻、やっぱり痛いし」と書いています。
でも何とか頑張ってくれている方だと、思います。

やがて長野駅が近づいてくる。すると周囲に山が目立つようになる。
「長野って山に囲まれた場所なんだな」とあらためて思ったりもした・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-10-03 07:23 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・針ノ木岳登山記 2...      北アルプス・針ノ木岳登山記 2... >>