人気ブログランキング |
2013年 08月 22日
江の島灯籠( DMC-G6 の初陣 ) その4
(本当にしつこいようだけれども)5月にギター用のブログを開設しました。



鎌倉でギターを弾いてるおじさんのブログだから Kamakura Guitar ・・・何とも安易なネーミングですが、まあぼちぼちやっていこうと思っています。こちらもよろしくお願いします。

宇多田ヒカルのお母さん・・・というより私の世代としては演歌歌手藤圭子なわけだが、彼女が新宿のマンション高層階から転落、死亡・・・という情報が今日入ってきましたね。
「飛び降り自殺か」という可能性もあるようです。「人の幸せって何なんだろう」とあらためて思ってしまったりします。

私も幸せ・・・なのかどうかは分からないけれども(いい歳していまだに独身だし)、とりあえず、自殺はないかなあ・・・といったところです。
まあ毎日生きていくだけで、精一杯ではありますけれどね・・・。

c0196928_19523247.jpg


さて、猛暑で何処にも行く気力をなくしていた私だけれども、「夕方なら涼しいかも・・・」と、この 江の島灯籠 に出かけてみる気を起こした私・・・。

いよいよ江の島に乗り込みます・・・。




c0196928_19525856.jpg

ちょうど 6時、江島神社参道の入口にある「青銅の鳥居」をくぐる。

まあそれにしても人が多い。6時なんて、北鎌倉ならもう人っ子一人いない時間帯なのに・・・。

「昔の観光地」として寂れてしまうところが多い中、江の島は頑張っているなあ・・・。

c0196928_1953815.jpg

江の島といえば猫も名物だけれども、あまりの暑さにくたあっとしていた。
夕方になってもちっとも涼しくならないのが最近の傾向ですねえ・・・。

c0196928_1953207.jpg

6時4分、今度は朱色の鳥居が現れる。ここからが「江島神社」の本当の入口って感じの場所だ。

さて、ここから先を歩くにはいくつかの選択肢がある。

ひとつはこのまま朱色の鳥居をくぐり、正面の階段を上っていく方法。 鳥居の先に見える龍宮城のような門をくぐり、更に階段を進むと、江島神社・辺津宮(へつのみや)の正面へと進める。

c0196928_19533135.jpg

もうひとつは少々体力に自信のない人向きのコースで、朱色の鳥居の左側にあるご覧の「江の島エスカー」を利用する方法だ。

c0196928_19534290.jpg

何といっても私の手元には天下御免の「鎌倉・江の島アフタヌーンパス」がある。これがあればエスカーも無料で利用することができるのだ!

というわけで今回初めてエスカーに乗る私であった。

c0196928_19535889.jpg

エスカーとは何かというと、要するにエスカレーターのことだ。

その昔江の島の頂上に行くには数百段の階段を上り下りしなければならなかった。そこで昭和34年に国内初の屋外エスカレーターとして、高低差46メートル、全長106メートルの「江の島エスカー」が登場したということだ。

その後 2010年に1区、2011年に2区・3区がリニューアルされたってことだから、私が乗るのは最新のエスカーということらしい。

c0196928_1954980.jpg

1つ目のエスカー(1区)が終わった場所が「辺津宮(へつのみや)」の前。

ちなみに江島神社は「辺津宮(へつのみや)」「中津宮(なかつのみや)」「奥津宮(おくつのみや)」の総称のことで、この辺津宮が江島神社の本社に位置し一番の賑わいを見せる場所らしい。

場所らしいんだけれども、とりあえずこのときの私は神社を無視して、ひたすら展望灯台を目指していた。
何としてでも展望灯台からの夕景を写してみたかったのだ・・・。

c0196928_1954194.jpg

というわけで 2区、3区もエスカーを利用した。

確かに楽は楽である。
しかしエスカーを 3区全て乗ると 350円かかる。JR横須賀線の北鎌倉←→横浜間より高いっていうのはどうなんでしょうねえ・・・。
ってことで、今まで私は一度も利用したことがなかったんだなあ・・・。

c0196928_19542982.jpg

というわけで、 6時13分、遂に江の島展望灯台の入口に到着。

果たして夕日に間に合うのだろうか・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-08-22 19:55 | 街歩き・レジャー施設


<< 江の島灯籠( DMC-G6 の...      江の島灯籠( DMC-G6 の... >>