2012年 12月 28日
相模湖・石老山 その6
4年間使っているデジカメ、LUMIX DMC-G1 がボロボロになってきたんで新しいカメラに買い換えたいのだが、帯に短し襷に長しでなかなか決まらない。

候補は同じ LUMIX の DMC-G5 、ソニーの NEX-6 、オリンパスの OM-D あたり。みんなミラーレス一眼だったりしている。小型軽量のミラーレス一眼は私のように山に持っていく際にはとても有利だからだ。

デザイン的には NEX-6 、OM-D が一歩も二歩も抜きん出ている。恰好いい。
しかし起動が遅い。2~3秒かかる。2~3秒は気の短いおじさんには遅過ぎです。スナップには致命傷って感じがする。

せっかく持ち運びを重視しているはずの、本来スナップ向きのカメラのはずなのに、どうして?電動ズームだから?

でも LUMIX DMC-G5 は電動ズームでも 1秒 ぐらいで起動するんですよ。エクセレント!

だけど見た目が悪い(苦笑)。所有する喜びがないぞ。
さあ、どうしたもんでしょ・・・。

さて、今回は相模湖の南東にある低山の石老山(せきろうざん)に登ったときのお話の 6回目です。
年の瀬です。まったりとどうぞ。




c0196928_18282716.jpg

10時50分(バス停から 2時間7分後)、富士山をあきらめて石老山山頂を後にする。

最初はご覧のような暗い植林帯だが・・・

c0196928_1829160.jpg

すぐに明るい自然林に変わる。
初めて歩いたときに感動した道だ。ほら、このコース、前半は暗い植林帯が多いから・・・。

しかしこのとき、異常なほどの風が吹き荒れていた。帽子が何度も頭から外れた。

あまりの寒さに帽子をやめてマウンテンパーカーのフードをかぶってみた。
その方が耳が隠れて寒さから幾分逃れることができるからだ。

しかしあまりの強風にそのフードもすぐに外れてしまう。
こんな強風っていう予報、なかったはずなのに・・・。

だけどどっぷりと山と自然に浸っている感じはなかなかに心地よかった。

c0196928_18285123.jpg

11時18分、小さな祠(ほこら)のある場所に到着する。ここもちょっと展望のある場所だったんで、デイパックを下ろして休憩した。

このときもまだ風が収まってなかった。山でこれだけの寒さを感じるのも久しぶりだ。

手袋を持って来るべきだったかな。
もっとも手袋をしてしまうとカメラの操作がしにくくなるから嫌いなのだが・・・。

c0196928_18292357.jpg

11時24分(バス停から 2時間 41分後)、最大の展望地、大明神展望台に到着。

c0196928_18291210.jpg

大明神展望台からの展望は、本当に素晴らしかった。
相模湖が眼下にあり、その後方に奥高尾の山並みを従えていた。

c0196928_18294460.jpg

クリックして大きな画像でどうぞ

そしてそればかりではなくて、もっとずっとパノラマ的だった。

正面の北側だけではなく、東から北、西、そして後方の南側近くまで、そうだなあ、360度までは行かないものの、少なくとも270度ぐらいのパノラマ的絶景になっていた。

c0196928_18293637.jpg

だけど惜しい!またもや富士山には雲がかかっていた。
この日は振られどうしだね・・・。

だけど最後にこれだけの展望が拝めれば、御の字だなあ。来てよかった・・・。

ちょっと前の読売新聞の夕刊に、ノンフィクション作家の角幡唯介さんへのインタビューが載っていた。
その中で角幡さんはこんな風に述べている。

ジョーゼフ・キャンベルというアメリカの神話学者は、人間が本当に求めているのは、生きている意味ではなく、『生きているという経験』だと書いていますが、その通りだと思います。
インターネットの発達で体を使い、知るという経験が減りました。
多くの人が『生きている経験がほしい』と無意識に感じているのでは。
それが体を使っての富士登山やマラソンブームの一因ではないかと思います。


なるほどなと思った。

本を読んだりテレビやパソコンを見たりするだけでもいろいろな「知識」は得られるかもしれない。
しかしそれでは「生きている実感」「経験」は得られない。

私が山に登る理由は、まさにこれかもしれない・・・。

c0196928_18303021.jpg

もっとも近くにあった唯一のベンチにはご覧のおばちゃん 2人組がいて、ず~っと井戸端会議をしてたっけ。
山に来たときぐらい浮世のことなど忘れればいいのに・・・。

女性って案外こういう人、多いですね。

さて、下山するか・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-12-28 18:32 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 一坪庵 at 2012-12-28 21:38 x
Junさん今晩は!
次カメラはまだ決まらない様ですね、足掛け2年でゆっくり悩んでください(笑)私のところはもうKissのお年玉連絡が来ました。
今年も後3日となりましたが私のブログも1月4日から始めましたので丸一年を迎えることが出来ました。ご指導、励まし本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。
Junさんもどうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by KamakuraAQUA at 2012-12-28 22:24
一坪庵さん、こんにちは。

> 次カメラはまだ決まらない様ですね、足掛け2年でゆっくり悩んでください(笑)

最短だと大晦日に買いにいきそうですが、やっぱり足掛け2年かな?(笑)

> 今年も後3日となりましたが私のブログも1月4日から始めましたので丸一年を迎えることが出来ました。

おお!もう丸一年になりますか!早いですね。

うちもこのブログが2009年の正月からだから、丸4年になります。あっという間ですね。

> Junさんもどうぞ良いお年をお迎えください。

そちらこそよいお年を!


<< 相模湖・石老山 その7      相模湖・石老山 その5 >>