人気ブログランキング |
2012年 11月 19日
すみだ水族館&浅草 その3
c0196928_17521074.jpg

晩秋は花が少ない。私が住んでいる北鎌倉も、サザンカとか、路傍に咲くこのツワブキが目立つぐらいでしょうか・・・。
紅葉まではちょっと寂しいですね。

さて、今回は 10月の下旬に、あのすみだ水族館に行ったときのお話の続きです。

ごゆっくりどうぞ。



c0196928_17522934.jpg

吾妻橋から 15分ほどでスカイツリーやすみだ水族館のある「東京スカイツリータウン」の一角に到着した。

前回も説明したとおり、「東京スカイツリータウン」を構成する主な施設の一つが「東京ソラマチ」という商業施設であり、その「東京ソラマチ」の 5階と 6階が「すみだ水族館」になっている。

c0196928_1753020.jpg

9時27分、すみだ水族館のチケット・カウンターに到着。ご覧のように数人の人がいるだけで、別に列はできてはいなかった。平日の朝一作戦が成功したようだ。

c0196928_175313.jpg

というわけで係員に案内され、あっさりとチケットを購入することができた。

ちなみに大人 1枚 2千円。新江ノ島水族館と同じですね。4千円で年間パスポートを作れるのも全く一緒だ。
そういえばエプソン品川アクアスタジアムは 1,800円だった。このあたりが水族館の相場なのだろう。

c0196928_17532348.jpg

正面に階段があったのだけれども、他の人がみんなエレベーターに乗ったから、私もそうした。

で、エレベーターから出たらいきなり目の前に大水槽が現れた!

c0196928_17532318.jpg

何たる迫力!何たるスケールでしょう!

この作品を手がけたのは ADA(アクアデザインアマノ)という会社の社長の天野尚(あまのたかし)さん。

水槽の中に自然景観を再現するというこのような世界をネイチャーアクアリウムという。天野尚さんはネイチャーアクアリウムのクリエーターとして世界一有名な方です。

ちなみに私も小さい水槽ながら、やっているんですよ。もう一つのブログ、 Kamakura AQUA で紹介しています。

ところでこの幅 4mの作品は「原生林の構図」。実際にアマゾンで採取された流木を使っているという。

c0196928_17534443.jpg
クリックすると大きな画像が出ます

そしてこちらがもう 1つの水槽。何と幅 7mのパノラマ風レイアウトで、「草原と石景」。
画像をクリックすると大きな画像が出ますから、是非そちらで・・・。

もう圧倒的な迫力としか、表現しようがない!よくこんなものを作ったものだ。

c0196928_17534426.jpg

ちなみに下草に使われている水草はグロッソスティグマとオーストラリアン・ドワーフヒドロコティレのようだ(と、ちょっとマニアックに)。

ネイチャーアクアリウムを趣味にしている人なら、この 2つの水槽に接することができるだけでも「これで 2千円なら安い!」と言うに違いありません。
なおこの作品に関しては、 Kamakura AQUA の方で詳しく述べています。

そうそう、以前テレビでもメーキングをやっていましね、「夢の扉+」という番組で。
また YouTube でも見ることができますよ、製作過程。YouTube で「すみだ水族館 天野」と検索してみてください。

さて、ここが「水のきらめき」ゾーン。次のゾーンに進みますか・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-11-19 17:56 | 街歩き・レジャー施設 | Comments(0)


<< すみだ水族館&浅草 その4      11月の東慶寺 >>