2012年 10月 18日
相模湖から高尾山に登る その1
10月も半ばを過ぎ、歩くには最適な季節になってきましたね。
そんなこともあり、「日差しをたっぷり浴びながら歩きたいなあ」と思った。

そんな気分にふさわしい場所は何処だろう。
そうだ。以前甥っ子と一緒に歩いた相模湖から高尾山に登るコースはどうか。もうあれから 6年は経つ。

今年は「スミレ探しの旅」として 4月16日に小下沢林道→景信山→城山→日影沢林道と歩いてはいるが、高尾山自体には登ってないし、ちょうどいい。

よし。そのコースで決定だ!




c0196928_831157.jpg

というわけで、地元のコンビニで食料を調達したあと JR北鎌倉駅に向かう。
今回は「お気軽ハイキング」ってことで、デイパックに三脚もストックも差してなかったせいか、妙に身軽に感じられたっけ。

時間は朝の 5時50分。起きたときには真っ暗だったけれども、もうすでにこの程度には明るくなっていた。
まだまだ「夜の底」にはなってない証拠だな。

c0196928_8314322.jpg

横浜から京浜東北線に乗り換えて次の駅の東神奈川で降りる。
ここからは横浜線だ。

朝 6時半前・・・という時間帯でも結構混む。だから無理をせずここで 1本遅らせた。すると余裕で座っていくことができるのだ。

八王子までは約 1時間ほどあるんで、半分ウトウトしていて、半分本を読んでいた。
この日読んでいたのは養老孟司&宮崎駿の対談集「虫眼とアニ眼」だ。

c0196928_8313963.jpg

7時28分に八王子に到着し、中央線で高尾駅まで進む。
久しぶりに会いましたよ、高尾駅の天狗様に。

c0196928_832569.jpg

高尾駅から乗り換えた中央本線は、何と懐かしの横須賀線の車両ではありませんか!
まだ現役で頑張っていたんだね。そのうち見られなくなるんだろうなあ・・・。

というわけで 7時48分発のこの電車に乗り込む。

うまい具合に空いている席がない。しょうがなくボックス席を 1人で独占していた女子高生の席に割り込んだ。
彼女は熱心にお化粧をしていた。よく見りゃすげえ太い足をしていた。まずはそっちをどうにかしろと言いたくなった私だった(言わなかったけれども)。

c0196928_832188.jpg

7時57分、相模湖駅に到着。

ここで降りるのは 2007年1月29日に石老山に登って以来だなあ。流石に懐かしさを感じる。

外は素晴らしい快晴!流石にテンションも上がる。

c0196928_8322637.jpg

さて、今回のコースはこんな感じ。相模湖と相模ダムを見学したあと、登山口に進んで、城山を経て高尾山に向かう。下山は一番緑の多い稲荷山コースを取る予定でいます。

まあネタ的には薬王院を経由した方がいいんだけれどね。今回は緑の中を思い切り歩きたくってさ。

c0196928_8322395.jpg

ちょうど 8時ジャスト、「ようこそSAGAMIKO」と書かれたゲートを抜けてハイキング、スタート!

まずは相模湖に向かいます。

ちなみに今回地図類は一切持っていない。6年前の記憶に従って歩きます。
「お気軽ハイキング」だからこれでいいのです。迷ったって何処かには辿り着くさ・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-10-18 08:33 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2012-10-18 13:44 x
相模湖からスタートですか。逆もいいですよね。
高尾からのこの電車いいですよね、ローカル線らしく好きです。
この時期だと登山口付近でコスモスが見られたんじゃないですか。
Commented by JunMorosawA at 2012-10-18 17:41
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> 相模湖からスタートですか。逆もいいですよね。

やはりこのコースもご存知でしたか。山バカ夫婦さんの知らないコースって、ほとんどないですねえ・・・。

> 高尾からのこの電車いいですよね、ローカル線らしく好きです。

ですね。長年旧車両の横須賀線に乗っていた私にはひときわです。

> この時期だと登山口付近でコスモスが見られたんじゃないですか。

よくご存じで!咲いていましたよ。


<< 相模湖から高尾山に登る その2      源氏山の猫物語 その2 >>