2012年 10月 10日
源氏山の猫物語
高山はもうとっくに紅葉の季節に入っている。出かけられた方のブログを見ていると羨ましくてたまらない。

だけど一応秋は観光シーズンってことで、観光地にいる身としてはなかなか連休は取れない。

というわけでネタがない。こういうときには「困ったときの動物ネタ」ってことで、源氏山の猫物語のお話を・・・。



c0196928_1811062.jpg

源氏山には結構多くの野良猫がいる。野良猫はいくつかのグループに分かれていて、まずは源氏山公園の一角にある葛原岡神社周辺に 6~7匹の猫がいる。

c0196928_1811112.jpg

葛原岡神社周辺の猫のうち私に馴れているのは 3匹しかいない。

こいつなんか、ダメです。これが限界で、これ以上近づくと逃げていく。

c0196928_18112283.jpg

こいつも一見まるでダメそうに見えるでしょう?「お前なんかに触らせないからね!」っていう顔をしている。

ところがこいつが一番愛想がいい。ツン君と言って、呼べばすぐに近寄ってきます。

c0196928_18113168.jpg

これも OK な猫。チビという名で、尾が短いのが特徴です。

c0196928_18114219.jpg

チビの後ろにあるのが猫の募金箱。皆さんもよかったら寄付してあげてください。

c0196928_18115276.jpg

社務所を見つめているこの黒猫の名はスミ。
まあ墨(すみ)から来ているんでしょうなあ。ちょっとベタな名です。

このスミも人馴れしています。
というわけで以上、ツン、チビ、スミだけは皆さんでも撫でられると思いますよ。

c0196928_1812496.jpg

]ちなみに神社の人でも、撫でられるのは上の 3匹にプラスしてこの 1匹だけだそうです。だから他人である私が 3匹しか撫でられなくても、まあしょうがないですね・・・。

ちなみにこの猫の名前は分からない。っていうか、撫でられる 3匹以外の猫の名は知らないです。

さて、皆さんは何匹撫でられるでしょうか。神社に行ったら挑戦してみてください。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-10-10 18:12 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(2)
Commented by 一坪庵 at 2012-10-11 17:39 x
ペット好きにも猫派と犬派があるようですが私は犬派かもしれませんが
先日も世田谷で野良猫を巡り悲惨な事件がありましたが大人のしかも人生経験豊富な方々のこの結末は信じられません!
ペット道はかくも深く狂信的なのでしょうか・・・・・
また嫌いな人にとりこれ程耐え難きものか・・・考えさせられました。
重いコメントですみません
Commented by JunMorosawA at 2012-10-12 18:22
一坪庵さん、こんにちは。

> ペット好きにも猫派と犬派があるようですが私は犬派かもしれません

私はどっちなのだろう?
飼ったことがあるのは犬なのだから、そういった意味では犬派だけれども、
最近は気まぐれな猫の方が好きな気がします。

> ペット道はかくも深く狂信的なのでしょうか・・・・・
> また嫌いな人にとりこれ程耐え難きものか・・・考えさせられました。

まあ嫌煙権と同じですよね。
たかがたばこの煙であれだけ大騒ぎするのだから、嫌犬権があったって何の不思議もありません(笑)。


<< 源氏山の猫物語 その2      愛鷹山・越前岳 その3 >>