2012年 08月 28日
白馬三山縦走記 その21
身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が、白馬三山縦走に挑む!

大雪渓・小雪渓を乗り越え、遂に本日の宿、白馬山荘に到着したのであった。



白馬山荘にて その2

c0196928_175712.jpg

宿泊手続きを終えた私は早速自分の寝床を探す。1号館の 1階 5号室だ。
まあ探すったって、廊下を真っ直ぐに歩いていくだけだ。すぐに5号室は見つかった。

増築に次ぐ増築をしたためか、複雑怪奇だった去年の燕山荘に比べれると非常に楽だ。
だからスタッフも部屋まで案内してくれないのかもしれない。

c0196928_17572728.jpg

寝床はいわゆる大部屋っていうのかな、隣の人との敷居はない部屋です。
こういうのが嫌な場合は、個室も結構用意されているようだ。

部屋は左右に分かれていて、私の寝床の A-8 というのは、入って右側の列の一番手前だった。つまり廊下側です。

すでに隣には先客がいた。そうだなあ、30前後の体のがっしりとした男性だった。

私が一眼カメラを持っていたせいか、すぐにカメラの話題になった。
彼はかなりのカメラマニアらしく、何とそれ専用のザックを使っていた。つまりぶっといカーボン製の三脚を収納するようなスペースが最初から付いているやつだ。

メーカーは聞きそこなったが、カメラはフルサイズのデジイチ。恐らくレンズも大口径のそれを揃えているんだろう。
かといってプロってわけではない。「何処かに作品は発表するんですか?」と尋ねたら、「いいえ」と言っていた。

「どうせああいうのって、審査員の趣味でしょう?」

まあそんな感じの人です。ちょっと押しが強くて喋る過ぎる嫌いはあったが、変な団体の中にポツリと入れられるよりずっとマシです。

ちなみにこれはあとで知ったことだが、彼の身長は私と同じ 174cm。それでいて体重は 80kgもあるとか。ヘビー級ですね。
太った奴は例外なくイビキをかく。どうやら今晩もイビキに悩まされそうだなあ・・・。

c0196928_17573550.jpg

ちなみに 2階もあって、そこに上がる階段もあるのに、実際には 2階の人は 2階の廊下から出入りするという不思議な作りだった。
じゃあ一体何のために階段があるのだろう???

c0196928_1757462.jpg

ちなみに布団はよくある幅の狭いタイプ。それでも 1人ずつ別になっているのだから立派な方だが、ヘビー級カメラマン氏は少し小さ過ぎるだろうな。

c0196928_17575556.jpg

洗面所とトイレを確認しにいく。
場所は廊下の一番端だ。

c0196928_1758555.jpg

流石に巨大な山小屋ってことで、洗面所にもゆとりがある。ただ蛇口の数はそんなに多くもない。

c0196928_17581359.jpg

で、例によって洗面所の水が飲料水になっている。もちろん宿泊者はタダです。

途中で水を切らせてしまった私は、ここで久しぶりに水を飲んだ。結構おいしく感じられた。

c0196928_17582345.jpg

便器は整然と並んでいます。もちろん男女別です。
流石に多少は臭うけれど、これはまあしょうがないですね。

c0196928_17583583.jpg

ついでにこれが山頂レストラン「スカイプラザ白馬」。
私とは結局何の縁もなかったけれども、ちょっとしたディナーとか生ビールなどがこちらでいただけるようです。

というわけで白馬山荘のことをざっと紹介しました。今回談話室のようなところにはとうとう行かなかったため、これ以上のことはさっぱり分かりません。

さて、夕食までにはまだ間がある。白馬岳の山頂を踏んでおくか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-08-28 17:59 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2012-08-28 18:34 x
スカイプラザは相棒にとっては聖地です。ここに泊まらなくてもわざわざここで窓際でコーヒーを飲むのが楽しみだそうです。
Commented by JunMorosawA at 2012-08-29 18:00
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> スカイプラザは相棒にとっては聖地です。

おっと、そうでしたか!
ってことは、白馬岳に何度も登ってるってことですよね。
すごいなあ・・・。

> ここに泊まらなくてもわざわざここで窓際でコーヒーを飲むのが楽しみだそうです。

私はコーヒーが駄目なんで、おいしい紅茶があると嬉しいですね♪


<< 白馬三山縦走記 その22      白馬三山縦走記 その20 >>