2012年 08月 23日
白馬三山縦走記 その16
身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が、遂に白馬大雪渓に挑む!

はたしてあの大雪渓を乗り越えられるのだろうか・・・。



白馬大雪渓を行く

c0196928_17434430.jpg

というわけで、9時40分、白馬大雪渓の大海原に繰り出す。全長約 2km、標高差 600mの大雪渓だ。

久しぶりのアイゼンはよく効いていた。これなら何とかなりそうだ。

c0196928_1744513.jpg

歩き出してすぐに感じたのが、「なるほど。石や岩が多い」ってこと。

人の頭よりはるかに大きな石(岩)が結構雪の上に転がっている。こんなのが上から落ちてきたらたまったものではない。

c0196928_1744580.jpg

途中にはこんな説明があったり・・・。

c0196928_17442365.jpg

こんな注意書きがあったりする。

c0196928_17442440.jpg

雪渓歩きは涼しくて最高だという。なるほど吹き抜けてくる風が冷たくて心地よい。

ただ寒いというほどではない。むしろ長袖のままだったせいか、まだまだ暑さを感じていたはずだ。

c0196928_17444339.jpg

一度ガスるとこんな感じになってしまうが・・・。

c0196928_17444438.jpg

すぐにまた晴れてくる。実際には 7割方晴れていたイメージだった。

晴れるとやはり暑い。しかし同時に空の青さが目に染みるようだ。白い雪のせいで、なおさら空の青さが強調されるのだろう。あまり見たことのない青さって感じがした。

大雪渓を登る登山者の長い列は夏の風物詩としてテレビや新聞でよく取り上げられている。
しかしこの日はそれほどでもなかった。時期的にやや早いせいか、それとも時間的にやや早いせいか、そのどちらかなのだろう。

c0196928_1745356.jpg

途中から、「まったく、来る日も来る日も雪渓ばかり。本当にお花畑がやってくるのか」っていう気になってきた。流石に多少飽きてきていた。バテてきていた。

だけど撮影枚数が多い。9時40分から 10時20分の間に 33枚も写している。こんなペースで写していたらこれから 3日間持たないんじゃないかと心配したほどだ。
つまりそれほどこの大雪渓に私が感激していた証拠なのだろう。

c0196928_1745665.jpg

それに何もないようでも変化はあった。

この写真分かりますか?猿が 2頭、雪渓上を走っています。他にも 3~4頭いました。猿も雪渓上で涼んでいるのだろうか。

それにしても猿はアイゼンなしでよく走り回れるよなあ。こっちはアイゼン付けてても下手すりゃ滑るのに・・・。
この点では人間は猿にも劣る。

c0196928_17452826.jpg

手帳から書いておこう。

     「何でこんなところ登っているんだろう」と思ったらおしまいだね。
     まだ気力は萎えてない。
     でも少し疲れた。
     空の青さが普通じゃない。

     10時46分、風が吹きぬける。気持ちいい。
     10時55分、目の前でおばさんが「やだあ!」と言いながらこける。
     「下りはやだよね」とタメ口で話しかけると「下りはね~」とおばさん。
     他人事ではない。こっちも油断をすると足を滑らせる。

それにしても終わりそうで終わらない。雪渓の終わりが上の方に見えているのに、それがなかなか近づかない。

いったいいつ終わるんだい、大雪渓殿・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-08-23 17:47 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2012-08-23 20:36 x
アイゼンの効きがいいとスイスイ登れてしまう。
夜行で白馬まできて、朝から登ると睡眠不足で高山病の症状が・・
という人が結構います。
下界は30度を越えていることを考えると涼しかったのでは・・
雪面の反射で日焼けは・・・
Commented by JunMorosawA at 2012-08-24 18:47
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> アイゼンの効きがいいとスイスイ登れてしまう。

ですね。結構快適でした。それでも何度か滑りそうになったけれども。

> 夜行で白馬まできて、朝から登ると睡眠不足で高山病の症状が・・
> という人が結構います。

なるほど!ってことは前泊って結構正解ですね。

> 下界は30度を越えていることを考えると涼しかったのでは・・

やはり直射日光の問題だったんだろうと思います。70%は晴れていたから。

何にしても初めての雪渓歩きは、なかなかのものでしたよ。


<< 白馬三山縦走記 その17      白馬三山縦走記 その15 >>