2012年 07月 08日
雨の明星ヶ岳 その3
アジサイの季節もほぼ完全に終わり、暑い暑い夏が近づいてきました。待望の夏山シーズンが始まります。

「今年も北アルプスに行きたい!」

と密かに念じている私と致しましては、もうそろそろ本気モードにならなくてはなりません。

そこで今回は、箱根湯本駅から「箱根のアジサイ寺」と呼ばれている阿弥陀寺を経て明星ヶ岳を目指してみることにした。

しかしあいにくの雨。いったいどうなることやら・・・。




c0196928_19253098.jpg

阿弥陀寺の奥さんと思われる女性に「登っていかれるんですか?大変だと思いますよ」とアドバイスされたのに、それを振り切って 8時14分、とりあえず塔ノ峰に向けて登山(ハイキング)を開始する。

いきなり行く手を遮(さえ)ったのが孟宗の竹林。
この道がひどい。荒れ放題に荒れていて、何処が登山道か判断するのが大変なのだ。岩まじりの道も当然濡れていて歩きにくく、気が気でなかった。

これだから「大変だと思いますよ」って言ったのだろうか、阿弥陀寺の奥さん。
素直に従えばよかったか・・・。

c0196928_19254660.jpg

やっとの思いで竹林帯を抜けると道は一旦水平道に変わる。何だかそれがむしろ湯本駅の方に戻っていくような感じがして妙だった。

c0196928_19255871.jpg

8時43分に「塔ノ峰 15分」という指導標に出合うとまた登り出す。
先日の台風4号の影響なのか、大きな倒木で完全に道がふさがれてしまっているようなところが何箇所もあった。

これだから「大変だと思いますよ」って言ったのだろうか、阿弥陀寺の奥さん。
素直に従えばよかったか・・・。

c0196928_1926830.jpg

8時54分、塔ノ峰に到着。
峰とはいっても樹木に覆われているため、何の展望もない山だけれども、それでも今までの道のことを思えば多少は広場風になっているせいで開放感があり、ほっとつける。

手帳には「あつい!つかれた!」と登頂直後に書いたと思われる文がある。
と同時に「でもまだ疲労はしてなさそう」と一見矛盾してそうな文もある。

翻訳すると、「いやあ、ここまで蒸し暑くて参ったな。でもまだそんなに疲れてもいないぞ」ってところなのだろう。

午後の紅茶と共に、地元の玉子屋で買った「うすあわせ」という和菓子を食べてほっと一息入れる。

さて、どうするかって・・・戻るわけにはいかんでしょう。だってもう今の道は歩きたくないもの。
天気予報を信じて前進するしかないよ。

c0196928_19261934.jpg

というわけで 9時ジャスト、歩き出す。指導標によると明星ヶ岳まで 115分になっていた。私の持っている古い登山地図と全く同じ時間だ。

私はまだレインウェアを着ようとはしなかった。「どうせやむだろうし」というのと「面倒だし」というのがその理由だ。だから相変わらず傘を差していた。
まあまだまだ本格的な登山道ではなかったこともある。

c0196928_19263121.jpg

歩き始めてすぐに右に展望が開ける。しかしガスで真っ白で何も見えない。
でもそれがちょっと面白い。

「うおっほっほっほ!これはこれでいいねえ!」

多分私はそう独り言を言い、それをそのまま手帳に書いたんだと思う。

つまり、何だかんだいって、こんな一見しんどい山歩きを楽しんでいたようだ。

c0196928_19264111.jpg

9時12分、林道と出合う。立派に舗装された綺麗な林道だ。

林道を左折し、車など 1台も走ってこない道を淡々と歩く。林道も完全にガスで覆われていた。

c0196928_192650100.jpg

9時24分、明星ヶ岳への登山口に到着。

「さあて、どうしたものか」と一人つぶやくものの、もうここまで来たら明星ヶ岳山頂を目指すしかないではないか。
もうじつは阿弥陀寺から歩き始めた時点で、結論は出ていたようなものなのだ。

まあこの山行(さんこう)が他の人から見たらどうなのかということは、大いに疑問に感じるところではあるものの・・・。


↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-07-08 19:27 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 一坪庵 at 2012-07-09 06:02 x
Junさんおはようございます。
こんな不気味なところは行くのは止めましょう。
もっと人通りあるところを楽しんでください。
これでは仙人修行です(笑)・・・・・写真は良いんですが・・・・?
Commented by JunMorosawA at 2012-07-10 08:49
一坪庵さん、こんにちは。

> Junさんおはようございます。
> こんな不気味なところは行くのは止めましょう。

いや、こんな荒れた道だとは思わなかったんですよ。前に歩いたのは 1999年だから。

> これでは仙人修行です(笑)

あはは。仙人修行はいいですね。
そろそろ人間にも飽きたから、仙人を目指すかな・・・。


<< 雨の明星ヶ岳 その4      雨の明星ヶ岳 その2 >>