2010年 05月 30日
キューブ水槽
あさってからいよいよ6月。北鎌倉が1年で一番賑わうアジサイの季節ですが、今日は久しぶりのアクアリウム通信で行ってみたいと思います。

アクアリウムといっても私の場合熱帯魚の飼育をしているのではなく水草レイアウト水槽なので、これも“自然”がテーマです。しばしのお付き合いを。

c0196928_20123134.jpg

4月28日にスタートさせたこの「五ツ石(いわ)の草原」という大層なタイトルの水景が早くも丸1ヶ月が経過した。

さて、どんなふうに変貌を遂げただろうか・・・。




c0196928_2013237.jpg

なかなかこれが苦難の連続だった。

じつはご覧の珪藻(けいそう)という名の茶褐色のコケに覆われてしまったのだ。
コケっていうのは、水草レイアウト水槽をやっている者にとって、最大の宿敵ですね。

まあこの珪藻というコケはセット初期にはよく発生するコケで、水槽内の環境が安定すれば自然に収まるものなのだが、それにしてもちと量が多すぎた。

底床(ていしょう)に使っているのは土を固めたソイルというもので、これには結構高濃度の肥料分が入っていることが多い。
だからセット初期には毎日水槽の半分量ぐらいの換水を行わなければいけないのに、それをややサボってしまったのが原因だった。

c0196928_2013139.jpg

そこでまずはオトシンクルスという名の小さなナマズを投入。
こいつはガラス面に付着した珪藻を、このようにペロペロとなめ取ってくれるのだ。

c0196928_2013257.jpg

つづいてこのアルジーライムシュリンプというエビを投入(小さいから写しにくい!)。
こいつは手先(?)がとても器用なエビで糸状のコケを摘み取って食べてくれる。

但しセット初期の不安定な環境は、デリケートなエビには少々しんどいところがあり、最初20匹投入するも1/3が死亡、次にまた20匹投入するも1/3が死亡。
・・・結局27~28匹しか生き残らなかった。

ネットの情報を見ると1/3程度死ぬのは仕方ないとしているのだが、毎日ぽつぽつと死んでいくのを見るのは嫌なものだ。

それにアルジーライムシュリンプは、コケ取り名人として名高いヤマトヌマエビに比べると体が小さいこともあり、コケ取り能力がかなり劣っていた。
だからかなり苦戦を強いられた。

「だったら最初からヤマトヌマエビにすればいいのに」

と言われそうだが、ヤマトヌマエビは水槽内では決して繁殖することがないエビなのだ(汽水域じゃないと繁殖しない)。
その点このアルジーライムシュリンプはわりと簡単に水草水槽内で繁殖する。たまには自然にエビが繁殖する姿が見たくてね。

c0196928_20133965.jpg

というわけで苦戦を強いられたものの、その珪藻も1週間ほど前にぴたりと姿を消し、現在水草もここまで繁茂してきている。
そう、セットから1ヶ月経過して環境が安定したってことと、エビやオトシンたちの力で珪藻を駆逐することに成功したのだ!

しかしまだ油断できない。例えば奥の背の高い水草などが随分産毛状のコケに襲われていたりする。一度富栄養化させてしまった状態から完全には立ち直っていないようだ。

というわけで、はたしてあと1ヶ月以内に綺麗な水景が完成するかどうか、微妙なところだったりしています。

c0196928_20135175.jpg

微妙なくせに、私はまたこんなものを買ってしまった!
30cm×30cm×30cmの小型のキューブ水槽だ(ちなみにキューブ水槽っていうのは真四角な水槽のことです)。

コトブキ・クリスタルキューブ 300 ってやつで、ネットの通販価格で1,980円です。

c0196928_2014275.jpg

同時に買ったのがこれらのもの。

右上がMarfiedのコントロソイル(3L×2袋=1,198円)。
その左隣の赤い箱がフィルター(ろ過装置)のスドー・エデニックシェルト V2(3,980円)。
その下の緑の箱がオートヒーター・ハイブリッジ 100F(1,699円)。
そして左端が照明のコンパクトライト ルミノDX 24W(2,999円)。

1つ1つはたいした金額ではないが、キューブ水槽は初めてってことで、全て一から揃えなければならなかったからやや痛い。

c0196928_20141687.jpg

というわけで5月23日、新しい水景をスタート!
「五ツ石(いわ)の草原」と違って密植系のレイアウトにすることにし、タイトルは初のキューブ水槽ということで「四角い玉手箱」にしてみた。

例によってまだスカスカだが、1~2ヵ月後に水景が完成するはずだ。

ただ今回、水草水槽には必須とされている二酸化炭素の添加をしていない。
ネットの情報で二酸化炭素なしでも育つ水草を選択したつもりだが、はたしてうまくいくかどうか、ちょっと自信がない。

それにこれから暑い夏が来る。いくら熱帯、亜熱帯地方の水草でも、日本の暑い夏は苦手なのだ。バテるのだ。

それに照明がやや暗い。24W 1灯じゃちょっと役不足かもしれない。

というわけで、この「四角い玉手箱」もどうやら相当の苦戦が強いられそうです。

by JunMorosawA | 2010-05-30 20:14 | アクアリウム | Comments(2)
Commented by teruki1997 at 2010-06-02 12:49 x
どうもどうも!
ヘアーグラスがお好みなのですね!
結構伸び方に波があって僕はまだきれいに生え揃わせたことがないので期待して見たいと思います(プレッシャーw)
一括で用具買うと気持ちいいですよね。僕も買いたくなって来ました!
Commented by JunMorosawA at 2010-06-02 22:17
teruki1997さん、はじめまして。いつもブログ、参考にしています(例えば照明もteruki1997さんの影響です)。

> ヘアーグラスがお好みなのですね!

もう17年ほど前でしょうか。天野尚さんの、石組みとヘアーグラスだけのレイアウトを見て憧れたものです。
当時は大磯でしたが、今回ソイルで挑み、何とかここまで来ました。

でもまだソイルを使い始めて1年未満なので、なかなか難しいです(苦笑)。


<< 緑一色の東慶寺      アカカタバミ >>