タグ:丹沢とその周辺 ( 83 ) タグの人気記事

2013年 12月 06日
丹沢・秋の畦ヶ丸へ その3
c0196928_826777.jpg

前回の かぐや姫の物語 に続いて 夢と狂気の王国 を観てきた。
デビュー作「エンディングノート(ガン宣告を受けた男性を追っているドキュメンタリー)」が絶賛された砂田麻美監督がスタジオジブリを捉えたドキュメンタリー映画だ。

面白かった。個人的には「かぐや姫の物語」よりも「風立ちぬ」よりもこのドキュメンタリーが一番面白かった。
多く出ている宮崎さんよりも、ほとんど顔を出さない高畑さんの存在感が強く出ていたり、鈴木プロデューサーの「宮崎さんは映画を終わらせようとするが、高畑さんはいつまでも映画を終わらせようとしない」なんて言葉があったり、ジブリ映画に興味のある人は楽しめると思いますよ。

まあ私は子供の頃漫画家になりたかったから、この手の世界に憧れるのかもしれないけれど、もう一度観たいとすら思っています。

ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。
面白いことに、だいたいここのところ 12位前後で安定しています。ちなみに 現在の順位はこちら です。

11月最初の連休が終わった 5日の日は快晴が保証されていた。
そろそろガッツのある山登りをしたい。

そこで浮かんだのが 2年前にも一度登ったことのある丹沢の畦ヶ丸(あぜがまる)。

そのときは丹沢の名瀑と呼ばれている本棚(ほんたな)を見そこなってしまってがっかりした。
それと天候に恵まれずにちょっと寂しい山行になってしまった。

いわばそれのリベンジだ。

というわけで新松田駅からバスに乗る。どんな山行になるかな。
よろしかったら続きをどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-12-06 08:27 | 低山歩き | Comments(2)
2013年 12月 04日
丹沢・秋の畦ヶ丸へ その2
秋深し。皆さん、お元気ですか?

ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。
面白いことに、だいたいここのところ 12位前後で安定しています。ちなみに 現在の順位はこちら です。

c0196928_2231137.jpg

ジブリアニメの かぐや姫の物語 を観てきた。

傑作ですねえ。っていうか、水彩画のような絵が動くというだけで奇跡という気がした。
高畑勲監督、78歳って本当?だって日本人の男性の平均寿命は 79.44歳ですよ。ほとんどそれに近いのに・・・。

子供のころのかぐや姫が里山で翁たちと過ごすシーンが秀逸です。ああやって元々日本人は自然と共に生きていたんだなあ・・・と実感した。
ただ個人的には都編はちょっと退屈したかな?でもすごい映画ですよ。世界に誇っていいと思う。

「ポニョ」も「ハウルの動く城」も観てない私だけれども、何故か今年公開されたジブリアニメは両方観ていて、両方気に入りました。不思議ですねえ・・・。

さて、11月最初の連休が終わった 5日の日は快晴が保証されていた。
そろそろガッツのある山登りをしたい。

そこで浮かんだのが 2年前にも一度登ったことのある丹沢の畦ヶ丸(あぜがまる)。

そのときは丹沢の名瀑と呼ばれている本棚(ほんたな)を見そこなってしまってがっかりした。
それと天候に恵まれずにちょっと寂しい山行になってしまった。

いわばそれのリベンジだ。

というわけで新松田駅からバスに乗る。
よろしかったら続きをどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-12-04 22:06 | 低山歩き | Comments(0)
2013年 12月 02日
丹沢・秋の畦ヶ丸へ その1
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。
面白いことに、だいたいここのところ 12位前後で安定しています。ちなみに 現在の順位はこちら です。

さて、私が住んでいる北鎌倉もこの土日で紅葉のピークが過ぎ去ったようですが、ブログの方は少しだけ時計の針を戻させていただきます。

11月最初の連休が終わった 5日の日は快晴が保証されていた。
夏の北アルプス登山後も、筑波山、日向薬師、巾着田と山歩きを続けてはいるものの、いずれも「登山」ってよりも「ハイキング」というレベルのものばかり。

そろそろガッツのある山登りをしようよ。

そこで浮かんだのが 2年前にも一度登ったことのある丹沢の畦ヶ丸(あぜがまる)。

そのときは丹沢の名瀑と呼ばれている本棚(ほんたな)を見そこなってしまってがっかりした。
それと天候に恵まれずにちょっと寂しい山行になってしまった。

いわばそれのリベンジですよ。
いいね。頑張ろう。燃えるね
この「行きたい」という気持ちが大事です、山登りの場合。

というわけで続きをどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-12-02 20:23 | 低山歩き | Comments(0)