タグ:中央線沿線の山 ( 19 ) タグの人気記事

2017年 05月 27日
5年ぶりに山梨県・九鬼山に その8
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_17052341.jpg

ずっと休止中だったもう一つのブログ、Kamakura Guitar を再開しました。よろしかったらこちらもお楽しみください。

というわけで今回は 4月24日に山梨県・九鬼山に登ったときのお話の 8回目・・・最終回です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2017-05-27 17:09 | 山歩き&花 | Comments(0)
2017年 05月 24日
5年ぶりに野の花の宝庫、九鬼山に その7
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_18171907.jpg

自宅の庭にユキノシタ(雪の下)が咲き出したんで、ちょっと写してみた。

ユキノシタは北海道を除く全国に自生する多年草で、5~6月頃、茎の先に白っぽい花を付ける。
5枚の花弁のうち、写真のように 3枚が小さく上に向き、2枚が大きく下に垂れ下がっているのだ。とてもユニークですね。

古くから民間薬としても使われていて、葉は凍傷・咳止め・腫れ物・また耳の薬としても有名だとか。
さらに若い葉っぱは、やや苦味があるものの天ぷらにしてもおいしいらしいです。

さて、今回は 4月24日に山梨県・九鬼山に登ったときのお話の 7回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。



<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2017-05-24 18:22 | 山歩き&花 | Comments(2)
2017年 05月 21日
5年ぶりに野の花の宝庫、九鬼山に その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16331214.jpg

箱根の仙石バス停から金時山の登山口に向かっていくと出会うのが、名越黒柴まろ君のいる家。 多分顔を出しているのがまろ君で、左側がお嫁さんとしてやってきた方だと思います。

まろ君が 2歳でお嫁さんは 1歳ぐらいだったっけかな?
そのうち子供も増えるのでしょうか・・・。

さて今回は 4月24日に山梨県・九鬼山に登ったときのお話の 6回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。



<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2017-05-21 16:37 | 山歩き&花 | Comments(2)
2017年 05月 18日
5年ぶりに野の花の宝庫、九鬼山に その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_15180181.jpg
金時山にて


登山家の岩崎元郎さんがみなみらんぼうさんに「雨の日の山行もまた楽し」と言ったらしいが、こういう時々小雨がぱらつくガスの中歩くというのもまた、神秘的なものですよ。

緑が生き生きしていて、生命力を感じます。

というわけで今回は 4月24日に山梨県・九鬼山に登ったときのお話の 5回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。







<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2017-05-18 15:28 | 山歩き&花 | Comments(2)
2017年 05月 12日
5年ぶりに野の花の宝庫、九鬼山に その3
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_15150953.jpg

季節も進み、藤(ふじ)の花もピークを過ぎ、ウツギの季節になってきました。

ウツギ(空木)はユキノシタ科の落葉低木で、陰暦の卯月(うづき)に咲くことから、別名を「卯の花」という。
ウツギ(空木)という何の由来は、枝の仲が空洞になっていることからついたものだ。

写真の花はマルバウツギ。
普通のウツギの花がやや半開きで、下向きに咲くのに対し、このマルバウツギは上向きに花を全開させるのが特徴です。

さて、今回は 4月24日に山梨県・九鬼山に登ったときのお話の 3回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。



<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2017-05-12 15:21 | 山歩き&花 | Comments(4)
2017年 05月 09日
5年ぶりに野の花の宝庫、九鬼山に その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_17340318.jpg

新緑が美しい季節になってきましたね。

写真はうちの近くの鉢の木というお店の象徴、カツラの木です。
カツラ科カツラ属の落葉高木で、葉がハート型をしているのが特徴的ですね(上の写真で若干それが分かるのでは?)。

と、偉そうに書いていますが、実は樹木に関しては全くの苦手意識を持っています(苦笑)。

さて今回は 4月24日に山梨県・九鬼山に登ったときのお話の 2回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。


<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2017-05-09 17:39 | 山歩き&花 | Comments(2)
2017年 05月 06日
5年ぶりに野の花の宝庫、九鬼山に その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16235198.jpg
ヒナスミレ

4月・・・私はスミレの花を求めて高尾山の日影沢林道あたりに 3度も出かけた。
まあそれはそれで楽しかったし、毎年のことなのだが、ちょっと今年のここまでの山行がいけない。

     1月04日 高尾山口駅→稲荷山コース→高尾山→1号路→高尾山口駅
     1月23日 蓑毛バス停→蓑毛越→大山→阿夫利神社→バス停
     2月06日 高尾山口駅→稲荷山コース→高尾山→4号路→1号路→JR高尾駅
     2月27日 JR高尾駅→金比羅台→高尾山→稲荷山コース→高尾山口駅
     4月03日 日影バス停→日影沢林道→城山→景信山→小仏バス停
     4月10日 日影バス停→日影沢林道→城山→小仏峠→小仏バス停
     4月17日 日影バス停→日影沢林道→城山→景信山→小仏バス停

ご覧のように大山以外は高尾山ばかりだ。しかもショートコースばかり・・・。

これは気持ちが高級ギター購入に向かっていたためだった。

メインはお茶の水あたりの楽器屋さんに出かけることで、ハイキングの方は「おまけ」のようなものだったのだ。
そうなると電車一本で東京に行くことのできる高尾山は便利だったのだ。

しかし流石にこれだけ高尾山ばかり登っていれば飽きるというもの。
5年ぶりに「あの山」に行ってみよう!

というわけで今回は山梨県・九鬼山の話をお届けしたいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2017-05-06 16:30 | 山歩き&花 | Comments(2)
2016年 08月 08日
大月の岩殿山から稚児落としを目指す その7
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_9115078.jpg

きのう私が檀家になっているお寺でお施餓鬼(おせがき)の法要が行われた。

餓鬼(がき)とは、仏教において餓鬼道に生まれ変わったものをいう。
常に飢えと乾きに苦しんでいるこの餓鬼に対し、食べ物や飲み物などの供物を施すのがお施餓鬼の本来の意味だが、実際には先祖の供養という意味合いが強い。

さて今回は少し前のお話なのですが、5月16日に大月の岩殿山から稚児落としを目指したときのお話の 7回目・・・最終回です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2016-08-08 09:16 | 低山歩き | Comments(0)
2016年 08月 06日
大月の岩殿山から稚児落としを目指す その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16405752.jpg

先日リーフみなとみらいのモンベルに行き、5年ぶりに登山靴を買い換えた。
着々と進む準備と、なかなか本気にならない自分がいます。

はたして今年は夏山に向かえるんでしょうか・・・。

さて今回は少し前のお話なのですが、5月16日に大月の岩殿山から稚児落としを目指したときのお話の 6回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2016-08-06 16:43 | 低山歩き | Comments(0)
2016年 08月 03日
大月の岩殿山から稚児落としを目指す その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_7293837.jpg

先日 ロング・トレイル! という映画を観るために渋谷まで行ってきた。「ヒューマントラストシネマ渋谷」でしか公開してなかったからだ。

「ロング・トレイル!」は、60歳を過ぎ故郷での平穏な日々に物足りなさを感じていた作家のビルが旧友カッツと共に、3,500キロも続くアメリカの自然歩道「アパラチアン・トレイル」の踏破に挑むという映画だ。

主人公のビルを演じるのは、実年齢80歳のロバート・レッドフォード。旧友カッツを演じるのは実年齢75歳のニック・ノルティだ。

流石の私から見ても結構年上です。そんな彼らの冒険を見て、自分に火をつけようとしたのかもしれません・・・。

さて今回は少し前のお話なのですが、5月16日に大月の岩殿山から稚児落としを目指したときのお話の 5回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2016-08-03 07:34 | 低山歩き | Comments(2)