2009年 02月 02日
東慶寺の梅、七分咲きに
雨だったり曇りだったり、ぱっとしない天候が続いた。

きのう、やっと晴れてくれたんで、早速東慶寺の梅を写しにいった。

c0196928_18202059.jpg

この紅梅など、もう満開に近い。白梅も全体的になかなかいい感じだ。いつの間にか随分開花が進んでいたんだなあ。

そこで拝観所の女性にズバリ、「今全体的にいえば、何分咲きでしょうか?」と尋ねてみた。

「早咲きのもあるし、遅咲きのもあるから、一言で言うのは難しいわねえ。本堂の前の紅梅はもう満開に近いし、枝垂れなんかはまだだしねえ」

確かに梅は種類によって開花時期が微妙にずれるから、なかなか一言で言うのは難しいかもしれない。

それでもまあ、全体的に見て七分咲きってところだろうか。今度の土日あたりからが見頃かな?

c0196928_18203857.jpg

ご覧のとおり、きのうは目が覚めるような素晴らしい青空だった。このくらい晴れてくれると梅の花も映えますね。

ただ風がかなりあってまいった。だからアップで写した写真はことごとく失敗してしまった。

ちなみに以前、マンサクはまだ咲いてないと書いたが、こちらももうしっかりと咲いていた。ひょっとしたら私の勘違いだったのか、それとも急に咲いたのか・・・。

また春が一歩近づいてきた・・・。

# by JunMorosawA | 2009-02-02 18:22 | 鎌倉&花 | Comments(0)
2009年 01月 30日
腰痛と源氏山の夜明け
そろそろ東慶寺の梅写真を・・・と思っているのだが、とにかく晴れない。

しょうがないからウォーキングの話を。

以前も少し書いたとおり、私は毎朝源氏山までウォーキングをしている。往復でおよそ40分ほどの道のりだ。

およそ中高年で腰痛の経験が全くない人などいない・・・とまで言われているほど人類は腰痛と長い間付き合ってきている。

以前は腰痛の根本原因は「人類が二足歩行をするようになったため」と思われていたようだが、最近の研究では違うようだ。

むしろ、現代人は歩かなくなったからこそ腰痛に悩まされるようになった。だから腰痛の一番の治療法は歩くことである・・・こう考えられるようになったらしい。

そもそも「人は足から老いる」と言われていますからね。老化防止という点でもウォーキングに勝るものなし、ですよ。

c0196928_186756.jpg

これは源氏山に向かう途中で写した朝焼けの写真だ。どうしても樹木が邪魔してしまうのだが、それがまた面白いと思っている。

カメラはLUMIX DMC-G1。ごく普通に写しただけだけれど、1つだけしたことがある。それは露出補正。
この手の写真の場合は、ちょっと大胆にマイナス補正した方がいい結果が得られることが多いですね。

但しこれを写したのは1月の12日。この日からすでに20日近く経っているため、随分夜明けが早くなってきた。

お陰で私がウォーキングする時間だと、もうこういう朝焼けは見られなくなってしまった。
季節は着実に春に近づいている・・・。

# by JunMorosawA | 2009-01-30 18:07 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(0)
2009年 01月 29日
マンサク
そろそろ梅が咲き始めているというんで近くの東慶寺まで撮影に出かけた。東慶寺は梅のお寺としても有名だ。

ところがここのところ曇天(どんてん)続き。曇天に梅というのはどうにも絵にならなくて、惨敗。

家に戻ろうとしたときに、東慶寺の近くにある松ヶ岡という食事処の店先に目が行った。

c0196928_17554839.jpg

カメラはEOS 40D。レンズはタムロンの90mmマクロ。暗い場所だったんで内蔵ストロボを焚いて撮影。

普段はJPEGのままであまりいじらないんだけれど、これはRAWデータを少しいじくって、よりメリハリのある写真にした。

この奇妙な花は「マンサク」だ。春先に「まず咲く」花であるというのが転じてつけられた名らしい。

一つの花は、暗紫色の萼片(がくへん)から線形の花びらが4本延びている。ちょうど黄色い毛糸が4本飛び出しているような感じだ。この花が数個集まって枝につく。

枝や樹皮は非常に丈夫でよくしなるため、合掌造りの骨組みの組み立てや、いかだの材を結び付けるのに使われたという。

このマンサクの花は、それこそ東慶寺境内でも咲くのだが、今年はまだのようだ。過去のデータを見てみると、1月24日に写していることもあるんですけれどね。

いずれにしても、これからどんどん春の花が咲いてくる。寒い中にも、春は静かに近づいてきているのだ。

# by JunMorosawA | 2009-01-29 17:56 | 鎌倉&花 | Comments(0)
2009年 01月 27日
高川山の孤高の犬
またぞろ山に行きたくなった。
冬は高い山は雪があって大変なんで、1000m以下の低山を検討し、結局山梨県は大月にある高川山(たかがわやま)に登ってみることにした。

c0196928_1950526.jpg

高川山への最寄の駅はJR中央本線の駅、初狩駅(はつかりえき)。初狩駅はホームから改札に行くのに線路を渡る。何だか北鎌倉チックで嬉しい。

c0196928_19511341.jpg

初狩駅からわずか1時間半でもう高川山の山頂に到着。この近さが高川山の人気の秘密になっている。

さて、自慢の展望はどうだろう?

続きを読む

# by JunMorosawA | 2009-01-27 19:54 | 低山歩き | Comments(0)
2009年 01月 24日
手まり寿司と京雑煮
「近為北鎌倉店」 は京の漬物処。

しかし漬物だけじゃなく、ちょっとした食事もできるようになっている。

先日これの撮影を頼まれた。

c0196928_18161942.jpg

「手まり寿司と京雑煮」である。
白味噌仕立ての京風の雑煮に、千枚漬を巻いた手まり寿司がついている。

これは何の工夫もなく、ただ「こういう種類の料理ですよ」という情報のための写真だからまあしょうがないとして、本当に何も工夫もしてない写真ですねえ(笑)。

この手のブツ撮りっていうのはとても難しいのだ。
構図も難しいけれど、光がまた難しい。変な影ができてしまうと料理がまずそうに見えちゃいますからね。

先日横浜のヨドバシのカメラ売り場に行ったんですよ。そしたら こういうブツ撮りのための小道具 が沢山売られていてびっくりした。
こういうのを使えば不自然な影が消えるんですよね。

ネット・オークションなどで自分が売ろうとしているものを美しく見せようとする人が多いのか、かなりの需要があるようで、本当にずらりと並んでいた。

c0196928_18165569.jpg


私はそんなものは持ってないんで、構図でひと工夫。

カメラはLUMIX DMC-G1。店内はちょっと暗かったけれど、三脚は持っていかなかったから手持ちで撮影。いわゆる「JPEG撮って出し」の写真である。

荒れを防ごうと思ってISO 200にして写したらシャッター速度は1/10秒にしかならなかった。
それでも手ブレ補正機能が効いたのか、一応きれいに撮れたようです。

# by JunMorosawA | 2009-01-24 18:19 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(0)