2009年 04月 25日
九鬼山は野の花の宝庫だった
16日木曜の朝、目が覚めたときに、「やられた!」と思った。
喉がはっきりと腫れている。見事に風邪を引いてしまったのだ。

その風邪は翌金曜になっても、土曜になっても治る気配はなかった。どうやらちょっと本格的な風邪のようだ。

だけどスミレバカの私としては、まだスミレが残っている時期にもう一度挑んでみたくてたまらなかった。

高尾山では少し遅いだろう。もう少し高い山がいい。
山梨は大月周辺の高川山あたりはどうだろうか。去年の12月に行った九鬼山(くきやま)も面白そうだ。あるいは奥多摩の御前山に登ってみようか・・・。

私がスミレ好きになるきっかけを作ったのはてばまるさんという方の運営する「風花」というホームページだった。そこの掲示板に「次は御前山に行くか、いっそ大月周辺の山にでも行くか、迷っています」と書き込んでみた。
すると彼はこんなレスをつけてきた。

      週末は富士山周辺のというか高原に出掛けるつもりです。
      大月周辺だと九鬼山がお勧めです。スミレの宝庫です!

おお!「大月周辺だと九鬼山がお勧めです。スミレの宝庫です!」とな!何という奇遇だろう。

これで私の行き先は決まったのであった。

続きを読む

# by JunMorosawA | 2009-04-25 08:30 | 山歩き&花 | Comments(0)
2009年 04月 23日
ジュウニヒトエと白いスミレ
これは今年写した写真ではないのだけれど、ちょうど今時分東慶寺さんではこの花が繁茂する。

c0196928_174447.jpg

セイヨウジュウニヒトエである。
漢字で書けば西洋十二単。そう。紫色の唇形花(しんけいか)が何段にも重なってつく様子を十二単に見立てたものだ。

いうまでもなく十二単というのは、平安時代などに、貴族の女性が正装するときに用いた、着物を何枚も重ねて着るあの衣装のことだ。

ところが残念ながらこの花は園芸種であって「野の花」ではない。まあ色合いからしても雰囲気からしても日本の野の花っぽくはないですよね。

しかし日本には、頭に西洋の文字がつかない普通のジュウニヒトエがある。これがそれだ。

c0196928_17441811.jpg

ちょっと地味っぽいけれど、これぞ本州・四国の丘や野原に自生している、我が国の特産種のジュウニヒトエなのだ。花のつき方は全く一緒でしょう?

これは山梨県の山で写したもので、ここにはいやってほど沢山繁茂していた。だけど鎌倉だと、ちょっと見かけませんねえ、残念ながら・・・。

最後にスミレバカの私らしく、東慶寺で見つけたスミレに行ってみましょう。これがそれです。

c0196928_17444093.jpg

このスミレの正体はアリアケスミレ。
北鎌倉で見かけるものは花の白さが目立ち、そこに紫色の筋が入っている。葉っぱは普通のスミレのようにへら形で細長く、やや直立する。

北海道を除く、ほほ全国に広くに分布するスミレだそうで、花期はタチツボスミレなどと比べるとやや遅く、3月には咲かず、4月半ば近くなってやっと目につきはじめる。

今のところ私は東慶寺境内と、駅前の円覚寺の駐車場の片隅でしか発見してない。全国に広くに分布しているわりには個体数はあまり多くないんじゃないかと思う。

いずれにしても、平地でのスミレはそろそろおしまいが近づいてきた。このあとスミレを求めようとしたら、そこそこ高い山に登るしかなさそうだな・・・。

# by JunMorosawA | 2009-04-23 17:43 | 鎌倉&花 | Comments(0)
2009年 04月 21日
ハナズオウ
c0196928_20374647.jpg

久しぶりに東慶寺さんにお邪魔した。すると奥の墓地の方で、地味に花をつけている高さ2~3mほどの木があった。

c0196928_2038341.jpg

花の名前はハナズオウ(花蘇芳)。中国原産で江戸時代初期に日本に渡来したマメ科の落葉小低木だ。
葉もまばらな状態の中、ご覧の紅紫色の蝶形花(ちょうけいか)を枝や幹に直接密につけるという。

密につける?これがその状態なんだろうか。ひょっとしたらもう花期を終えてしまったのかもしれない。

じつを言うと恥ずかしながら私は初めてこの花を見る。そのことを東慶寺の奥さんにあとで話したら、面白いことを教えてくれた。

この木を庭に植えておくと泥棒よけになると、昔母から聞いたことがあるというのだ。

へえ。いったいどんな由来があるのだろう・・・。

(付記)

# by JunMorosawA | 2009-04-21 20:39 | 鎌倉&花 | Comments(0)
2009年 04月 20日
スミレを求めて奥高尾を縦走する その3
スミレを求めて陣場高原下バス停から陣馬山に登った私。

ここまでに発見したスミレは、プリケアナ、ナガバノスミレサイシン、タチツボスミレ、ケマルバスミレ、エイザンスミレ、ニオイタチツボスミレの6種類。はたして10種類まで手が届くかな?

続きを読む

# by JunMorosawA | 2009-04-20 20:01 | 山歩き&花 | Comments(0)
2009年 04月 18日
スミレを求めて奥高尾を縦走する その2
スミレを求めて奥高尾は陣馬山(じんばさん)を目指して歩き始めた私。
陣馬山直下で待望のスミレがぽつぽつと現れだしたものの、強すぎる直射日光が撮影の邪魔をしていた。

そこで私はデイパックから秘密兵器を取り出したのであった。

続きを読む

# by JunMorosawA | 2009-04-18 17:46 | 山歩き&花 | Comments(0)