2009年 03月 18日
沼津アルプスで春を満喫する
2月17日の朝のウォーキングの際に、情けなくも犬に襲われそうになって右脚の付け根の部分を痛めて以来、ずっと低山歩きは休んでいた。

しかし前回の私の休日の日の天気予報は快晴。これではじっとしているわけにもいかない。

そこで、少しだけ遠出をして「沼津アルプス」に行ってみることにした。右脚はもってくれるだろうか・・・。

続きを読む

# by JunMorosawA | 2009-03-18 18:55 | 山歩き&花 | Comments(0)
2009年 03月 16日
東慶寺の彼岸桜開花状況その2
久しぶりの好天に恵まれた日曜日に東慶寺さんにお邪魔してみた。

c0196928_16133362.jpg

本当にこの日は抜けるような青空の一日で、ご覧のとおり東慶寺境内にも燦々と日が降り注いでいた。

ちなみに上の写真の左右に咲いているのは梅の花。まだそこそこ残っているのが分かる。

c0196928_16135383.jpg

そして遂に待望の桜が開花してきた。ちょうどこの正面にあるのがそれだ。

え?全然分からないって?それではもう少し近づいてみよう。

c0196928_16141264.jpg

流石にまだ2~3分咲きといったところだが、今週は暖かい日が続くからすぐに満開になるのではないだろうか。

お彼岸の頃に咲くから彼岸桜・・・明日はその彼岸の入りである。

# by JunMorosawA | 2009-03-16 16:15 | 鎌倉&花 | Comments(0)
2009年 03月 13日
スミレの基本
私は自分のホームページを作るまで、まるで花などには興味がなかった。

若い頃に「ナデシコの花が咲きました、フヨウの花は枯れたけど」という歌を聴いてもどれがナデシコでどれがフヨウか、全然分からないでいたし、「サザンカの宿」などと言われても、どれがサザンカなのかさっぱりと判別できなかった。

実際にはサザンカなど、私の地元鎌倉にはあっちこっちに咲いている。事実私の家のすぐそばにも生け垣として使われているのだから、ひどいもんだ。

だからスミレなどにも全く興味がなく、「スミレ色の涙」と言われても、どんな色の涙だか、見当もつかなかった。
ま、「きっと赤くはないんだろうな」と思う程度だったわけです。

そんな私が数年前に高尾山で多くのスミレと出会い、すっかりスミレの虜(とりこ)になってしまった。
だからこれからやってくるスミレの季節が楽しみでならない。

そこで今回は、スミレの花の基本中の基本の話をしてみたいと思う。

続きを読む

# by JunMorosawA | 2009-03-13 18:14 | 鎌倉&花 | Comments(0)
2009年 03月 10日
東慶寺の彼岸桜状況
「暑さ寒さも彼岸(ひがん)まで」という言葉がある。その彼岸の入りまであと1週間に迫った。

そこで「ひょっとしたら」と東慶寺に行ってみた。東慶寺には、私の住んでいる北鎌倉では(河津桜を除いて)一番早く咲く桜、彼岸桜があるからだ。

c0196928_21511671.jpg

春の彼岸の頃、葉より先に淡紅色の美花をつけるのが彼岸桜の特徴だが、いくら暖冬だったとはいえ、流石にまだ早かったようだ。

それでも実はもう何輪かは花が開いているんですよ!今週末あたりにはもう見頃に近くなっているかもしれない。

いよいよ春本番が近づいているんだなあ・・・。

c0196928_21514567.jpg

ついでにいわゆる「ウメジロ」の写真も久しぶりにゲットできた(枝が邪魔だけれども)。私の持っている望遠レンズはEF70-200mm F4L IS USMだけなのだが、200mmでも頑張ればこの程度の大きさの写真なら撮れる。

それにしても梅の花(の蜜)ってそんなにおいしいのだろうか。いつまでもついばんでいましたよ、メジロ君・・・。

# by JunMorosawA | 2009-03-10 21:53 | 鎌倉&花 | Comments(0)
2009年 03月 07日
トンビ
私は毎朝のように、源氏山公園までウォーキングをしている。

2週間ほど前のこと、浄智寺先の源氏山ハイキングコースの入り口でダルメシアンに噛まれそうになった。リードを離して犬の散歩をしていた人がいたのだ。

そのとき、少し飛びのくようにして犬をかわしたら、右脚の付け根あたりの筋肉を痛めてしまった。

だからしばらくウォーキングは休んだ。低山歩きはなおさらだ。

一度歩けなくなってみると、普通に歩けることがいかに素晴らしいかがよく分かる。

c0196928_1841778.jpg

久しぶりに源氏山まで行ったら、荒天の中、トンビがじつに気持ちよさそうに飛んでいた・・・。

# by JunMorosawA | 2009-03-07 18:41 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(2)