<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013年 04月 25日
東慶寺境内と、北鎌倉の近況
私はいわゆるフォーク世代に属している。まあ要するにかぐや姫とか陽水とか拓郎とか、そんなフォークソングを聴いて育った世代です。
フォーク世代の人間って、まあ多少はフォークギターと呼ばれているアコースティックギター(エレキじゃないギター)を弾ける人間が多い。

最近何故かギター熱が再燃。それも普通にフォークソングを弾き語りで歌うのではなく、ソロギターをやっている。

最初は「ソロギターのしらべ(スタジオジブリ作品集)」というのを買って、その中の「いつも何度でも」(「千と千尋の神隠し」のエンディング曲)あたりを弾いていたのだけれども、今はまってしまっているのは、 岡崎倫典さんの「赤いスイートピー」。あの松田聖子さんの名曲ですね。

スローな曲だから簡単だろうと思って始めたのに、サビは結構大変だったりしている。っていうか、このテンポじゃ弾けません。困ったものです。

で、「この曲がうまく弾けないのはきっとギターのせいだ。そうだ。新しいギターを買おう!」とか思ったりしています。
困ったものです。

c0196928_19191994.jpg

前日の鬱陶しい雨模様から一転し、今日はよい日でしたね。
そんなわけで久しぶりに東慶寺さんにお邪魔してみました。

でも目立っていたのはこのツツジと・・・

c0196928_19191031.jpg

このセイヨウジュウニヒトエと・・・

c0196928_19194271.jpg

このスズランぐらいだったかなあ。ちょっと花の季節としては中途半端なのかもしれない。

ただ今年は花の開花スピードが早いですね。先ほどのツツジなどもかなり早くから咲いていたし・・・

c0196928_19193058.jpg

山地に自生するこの紫色のヤマフジなど、もうピークを過ぎてしまいました。

ちなみにフジ(藤)はマメ科ツル性落葉樹。何と万葉集・古事記にも登場するほど古くからある日本特産の花で、清少納言や正岡子規も歌を詠んでいる。

c0196928_1920255.jpg

こうしてアップで見てみると、なかなかのべっぴんさんです。

う~ん。べっぴん(別嬪)って言葉は、もう死語かなあ。
「とりわけ美しい女性」のことをいう言葉ですよ。嬪(ひん)には「官女。宮女。女官」のような意味もあるけれども、女の美称としても使われます。

c0196928_19195130.jpg

そしてウツギの花もぽつぽつと咲き出しましたね。

ウツギは高さ 1.5~2m ほどのユキノシタ科の落葉低木で、陰暦の卯月(うづき)に咲くことから、別名を「卯の花」とも言う。
そして空木(ウツギ)という名前は、枝の仲が空洞になっていることから来ているんですよ。

ちなみにこれはウツギはウツギでもマルバウツギ。
ウツギの花がやや半開きで下向きに咲くのに対し、このマルバウツギは上向きに花を全開させるのが特徴だ。そしてこちらの方が花期が早い。まだ普通のウツギは咲いていませんね。

というわけで、ぼおっとしていると、どんどん季節が流れていってしまいますねえ。特に春はそれが早いように感じられます。

それでは、また・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-04-25 19:20 | 鎌倉&花 | Comments(4)
2013年 04月 20日
マダニに取り付かれた男の話
c0196928_7391639.jpg

桜の季節もすっかり終わり、新緑の季節に代わりました。

今鎌倉はシャガの最盛期を迎えています。

シャガはアヤメ科の常緑多年草。花が蝶が舞っているようにも見えるため、「胡蝶花」とも呼ばれる。
鎌倉特有の花ではないくせに、鎌倉の風土や風合いにとてもよくマッチしている花ですよね。

さて、しかし今回はシャガの話ではありません。今すっかり世間にぎわせているマダニの話です。

じつは私、マダニに取り付かれたことがあるんです。
そのときのお話です。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-04-20 07:42 | 健康・閑話・その他 | Comments(6)
2013年 04月 16日
稜線の桜並木を求めて、再び高尾山へ 後編
4月6日の日、高尾ビジターセンターのホームページにこんな情報が掲載されていた。

       高尾山頂のヤマザクラは昨日(5日のこと)の暖かさで開花が一気に進みました。場所により満開です

5日で開花が一気に進んで場所により満開になったのなら、私の休みである 8日にはちょうど見頃を向かえているはず・・・。

ということで 4月8日の日、日影バス停から城山を目指した私。
いよいよメインの稜線歩きが始まろうとしている。

桜はどうか!

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-04-16 07:34 | 山歩き&花 | Comments(4)
2013年 04月 12日
稜線の桜並木を求めて、再び高尾山へ
前回までスミレを求めて高尾山を目指した「高尾山スミレ探しの旅」を連載していました。

その旅をしたのは 3月25日。今年は桜の開花が異常に早かったから、麓ではもう桜が満開になっていた時期だけれども、稜線上はまだ桜の花は一輪も咲いていなかった。

ところが 4月6日の日、高尾ビジターセンターのホームページにこんな情報が掲載されていた。

     高尾山頂のヤマザクラは昨日(5日のこと)の暖かさで開花が一気に進みました。場所により満開です

5日で開花が一気に進んで場所により満開になったのなら、私の次の休みである 8日にはちょうど見頃を向かえていることだろう。
その 8日の予報は快晴だった。

今年は地元の桜のピークと快晴が一致しないで悔しい思いをした。
たまには高尾山で桜を満喫してみるか。

というわけで、再び私の足は高尾山に向かったのであった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-04-12 07:34 | 山歩き&花 | Comments(2)
2013年 04月 09日
ちょっぴり残念な、高尾山スミレ探しの旅 その5
春の嵐も終わり、やっと落ち着いた気候になってきましたね。
桜の季節が終わり、今度は季節が初夏に向かいます。
一年は本当に早いです・・・って、最近こればっかり書いているけれども・・・・。

さて、今回はスミレを求めて高尾山を目指した高尾山スミレ探しの旅の 5回目・・・最終回です。
ゆったりとどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-04-09 07:52 | 山歩き&花 | Comments(2)
2013年 04月 05日
ちょっぴり残念な、高尾山スミレ探しの旅 その4
c0196928_754415.jpg

春の嵐のせいで桜はすっかりと散ってしまったけれども、一方春の野の花の全盛期になってしましたね。

ご覧の花はショカツサイ。JR横須賀線の線路沿いの土手などに、一斉に花開いています。うちの庭にも勝手に生えているんですよ。

さて、今回はスミレを求めて高尾山を目指した高尾山スミレ探しの旅の 3回目です。
ゆったりとどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-04-05 07:57 | 山歩き&花 | Comments(0)
2013年 04月 02日
ちょっぴり残念な、高尾山スミレ探しの旅 その3
もう 4月ですね。今年もこれで 1/4 終わってしまった。本当に早い。
愚図愚図していると、まるで暴走列車のように人生の終着点まで一気に突っ走ってしまいそうで怖い・・・って、これ前回書いたか・・・。

c0196928_7322694.jpg

今日も冷たい雨・・・。
今年はとうとう桜のピークと快晴が一度も合致しませんでした。
まあこんな年もありますね。

というわけでロクな写真を写せずに終わってしまったけれども、これは 3月29日に源氏山から写した山桜の写真です。ちょっといいでしょう?
そのうちアルバム形式でお届けするかもしれません。

さて、今回はスミレを求めて高尾山を目指した高尾山スミレ探しの旅の 3回目です。
ゆったりとどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-04-02 07:36 | 山歩き&花 | Comments(0)