<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 28日
伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かう その6
c0196928_17471556.jpg

今日は多少は暖かな 1日でしたね。そんな気候のせいか、朝っぱら源氏山に登ったら、ご覧のように霧がかかっていました。鎌倉では珍しい光景です。

さて今回は、1月末に、伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かったときのお話の 6回目です。
まずは城山まで登り、次なる山を目指した私だった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-28 17:49 | 低山歩き | Comments(4)
2013年 02月 26日
伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かう その5
c0196928_18111628.jpg

昨日は曽我の梅林に行ってきました。もちろん私のことだから直接梅林に行ったのではなく、JR国府津駅から曽我の丘陵地帯を歩いて梅林に向かいました。

天気がよかったから観光客もカメラマンも多かったですよ。
ただ、まだ満開ではありませんでした。でも 5~6分咲きにはなっていたかな?

鎌倉の梅も、まだまだこれからですね。

さて今回は、1月末に、伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かったときのお話の 5回目です。
いよいよ最初の目的地、城山が近づいてきた・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-26 18:13 | 低山歩き | Comments(2)
2013年 02月 24日
伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かう その4
今朝の朝日新聞に、東京都内から富士山が見える日数がこの 50年で 5倍に増えたという記事が載っていました。公害対策による大気中の汚染物質の減少のおかげらしいです(あと乾燥化も影響しているらしいが)。
逆に中国は今えらいことになっていますね。まさに「歴史は繰り返す」ってところでしょうか。

さて今回は、1月末に、伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かったときのお話の 4回目です。
登山口から、いよいよ登山開始! はたしてその富士山を拝むことができるでしょうか・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-24 17:25 | 低山歩き | Comments(0)
2013年 02月 22日
緊急報告・東慶寺の梅の花と、突如現れた野生動物
「伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かう」シリーズを連載中ですが、いよいよ梅の花の時期ということで、今回は東慶寺の梅の花の開花状況を緊急報告します。

そして撮影中に急に現れた野生動物のことも・・・。

ごゆっくりとどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-22 07:50 | 鎌倉&花 | Comments(6)
2013年 02月 20日
伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かう その3
c0196928_197070.jpg

3日前に楽器屋でこんなものを買ってきました。「ソロギターのしらべ(スタジオジブリ作品集)」です。

すべてギタリストの南澤大介さんがギター 1台で弾いている「ソロギターのしらべ」シリーズの 5作目の「スタジオジブリ作品集」です。
お馴染み「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などで使われた曲が何と 37曲も入っています。

とりあえず「もののけ姫」のオープニングのタイトルバックなどで使われた「アシタカ聶記(せっき)」に挑んでみた。ちなみに「難易度A」に設定されている、まあ簡単な曲です(知らない方は こちら でどうぞ。この人はクラシックギターで弾いているけれども)。

だけど3日間で 16小節しか進まなかった(苦笑)。1曲に 1ヶ月かかるのなら何と 3年も楽しめてしまう計算だぞ。
これは当分楽しめそうだ。指先使っていると老化防止にもいいっていうし・・・。

さて今回は、1月末に、伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かったときのお話の 3回目です。
まったりとどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-20 19:09 | 低山歩き | Comments(2)
2013年 02月 18日
伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かう その2
今日も寒い雨の一日でした。まだまだ春には遠いといった感じ。
さっき調べたら、湯河原の梅林もまだ開花状況は「1分咲き」になっていました。
北鎌倉も、まだまだこれからですね。

さて今回は、1月末に、伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かったときのお話の 2回目です。
まったりとどうぞ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-18 18:30 | 低山歩き | Comments(4)
2013年 02月 16日
伊豆大仁駅から山々を経て駿河湾に向かう その1
2月11日に NHK BS1 で放映された 激走!日本アルプス大縦断 をご覧になりましたか?

日本海は富山湾からスタートし、日本アルプスの 3000メートル級の山々を次々に越えて太平洋を目指すという、日本で最も過酷な山岳レース「トランス・ジャパン・アルプス・レース」を密着取材したものだ。

以前地上波でも放映されたけれど、今回のは途中にニュースをはさんで 50分×2本立ての「完全版」だった(ってことにたまたま気づいた私)。
今回の完全版の方が参加選手の葛藤などがよく描かれていましたね。

トップの人は日本海から太平洋まで 415kmをわずか 5日と 6時間24分で走破してしまった。とても考えられないペースですね。
もちろん私には逆立ちしても真似できないけれども、せめて北アルプスだけでもいつか完全に縦走してみたい・・・なんていう気持ちを密かに抱いている私です。

さて、そんな夢物語は置いといて、今回は時計の針を少しだけ戻して1月の末のときのお話・・・。

気がついてみると年が明けてから一度も山歩きをしてなかった。
そういえば去年も 1~2月の間は一度も山歩きをしてなかったっけ。どうもここのところいけない。

そう。年末から正月にかけて飲んだくれてしまって、そのまま気力・体力共に低いままずるずると過ごしてしまうパターンがここ数年多くなってしまっている。

そろそろ歩こうや。
でも何処へ?

この頃、1月14日の成人の日に降った雪がまだ麓でも完全には消え切っていなかった。
まして山は丹沢も箱根も、相当雪が残っていることだろう。

だったら暖かそうな伊豆半島はどうだろう?そういえば去年の春も 4月2日に沼津アルプスを歩いたっけ。

例えば大仁駅→城山→発端丈山→三津シーパラダイスはどうか。2007年2月19日以来 6年間歩いてない。
大船からスタート地点の大仁(おおひと)駅まで 2時間だから、秩父や奥多摩に比べればずっと近い。

大仁駅→城山→発端丈山→葛城山→三津シーパラダイスと全部歩き切ると 5時間を超える。久しぶりの登山ってことを思うとちょっとしんどそうだな。
6年前と同じで葛城山はパスするか。それなら 4時間ちょいですむはずだ・・・。

よし今年初めての山行、頑張ろう!

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-16 18:52 | 低山歩き | Comments(0)
2013年 02月 14日
稲荷講初午祭
去年は記録的に梅の花の開花が遅れましたが、今年もやや遅い感じですね。
地球は温暖化しているはずなのに、冬は寒く長い・・・何だかおかしな気候になってきました。

さて今回は、ちょっと発表するのが遅くなりましたが、2月1日、地域の稲荷神社で初午祭(はつうまさい)が行われたときのお話をしたいと思います。

今年は私の家が「お宿」だったんですよ。「お宿」は最初に神様を向かいいれなければならないから、なかなか大変なのです。

というわけで、今では非常に珍しい儀式となってしまった稲荷講のことをまったりとお届けします・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-14 18:42 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(4)
2013年 02月 12日
逗子の法性寺から名越の切通しを抜けて鎌倉を目指す その8
ついさっきまで「R-1ぐらんぷり2013」を見ていました。
ちょっとフリップネタが多いのが気になったけれども、なかなか楽しみましたよ。

さて今回は、逗子の法性寺から名越の切通しを抜けて鎌倉を目指す、歴史散策の旅の 8回目です。

まったりとどうぞ・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-12 21:40 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(6)
2013年 02月 09日
逗子の法性寺から名越の切通しを抜けて鎌倉を目指す その7
2~3日、急性腸カタルに襲われてしまった。
腸カタルっていうのは要するに腸炎のことだけれども、10~15分に 1度 波のように腹痛が襲ってくるのが私の場合の特徴だったりしている。

これを数年に 1度やっている感じだ。
最後に襲われたのは 2010年2月8日だった。三浦アルプス縦走したときだ。そのときと日付が 2~3日しか違っていないのが面白い。何か季節的なものもあるのかもしれない。

酒を断ち、脂っぽいものを避け、夜も十分睡眠を撮るようにしていたら、何とかきのうは収まったんで、また酒を飲んだ(笑)。
これがいけないのかもしれない・・・。

さて今回は、逗子の法性寺から名越の切通しを抜けて鎌倉を目指す、歴史散策の旅の 7回目です。
まったりとどうぞ・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2013-02-09 19:26 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(0)