<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 31日
寄バス停から鍋割山を目指す その2
年末の妙義山行きがポシャってしまった私は、一人、寄(やどりき)バス亭から鍋割山に登ることを決意する。

まずはバス停から登山口に辿り着けるかどうかが問題だった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-31 18:16 | 低山歩き | Comments(2)
2012年 01月 28日
寄バス停から鍋割山を目指す
じつは年末に友達と妙義山に行く予定があった。妙義山に登って下仁田温泉清流荘に一泊するという計画である。
しかし友達の都合でそれはポシャってしまった。

「だったら丹沢を縦走して、いよいよ蛭ヶ岳に向かうか」という気を起こした。
「淡々と山を歩きたい」という気持ちが強くあったんだ。多分、同じく12月に歩いた丹沢は表尾根の印象がよかったせいだろう。

ところが、何処か虚弱体質的なところがある私は、年末に軽い風邪を引いてしまった。

もうそうなると縦走などとても無理だ。それに12月末ともなると、雪もやや心配だし。
しかし山には行きたい。何処か新鮮なルートはないものだろうか・・・。

c0196928_18442323.jpg

この「神奈川県の山」というガイドブックに、大倉バス停から鍋割山に向かい、昔シダンゴ山に登ったときに利用した寄バス停に下りるというコースが紹介されていた。

鍋割山には 2度ほど登っているが、そのコースは初めてだ。なかなか面白そうじゃないか。

ただそのコースの問題点は、寄バス停のバスが1時間に1本しかないこと。もしこのコースを歩くのなら、逆コースにしてしまえばゴールが大倉バス停になって楽だ。
それに寄バス停からスタートさせた方が新鮮味もある。

よし、それで挑んでみよう!
というわけで、今回は去年最後の登山のお話です。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-28 18:46 | 低山歩き | Comments(0)
2012年 01月 25日
ほとんど人生初みたいな感じの上野動物園 その5
毎年正月は従兄弟(いとこ)のY氏(わいし)と共に、「それまで一度も行ったことのない神社に初詣に行く」というのを定番にしている私。

浅草の浅草寺(せんそうじ)で初詣を済ませた我々は、上野公園内にある上野動物園に入っていったのだった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-25 17:51 | 街歩き・レジャー施設 | Comments(0)
2012年 01月 22日
ほとんど人生初みたいな感じの上野動物園 その4
毎年正月は従兄弟(いとこ)のY氏(わいし)と共に、「それまで一度も行ったことのない神社に初詣に行く」というのを定番にしている私。

浅草の浅草寺(せんそうじ)で初詣を済ませた我々は、上野公園内にある上野動物園に入っていったのだった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-22 17:17 | 街歩き・レジャー施設 | Comments(2)
2012年 01月 19日
ほとんど人生初みたいな感じの上野動物園 その3
毎年正月は従兄弟(いとこ)のY氏(わいし)と共に、「それまで一度も行ったことのない神社に初詣に行く」というのを定番にしている私。

浅草の浅草寺(せんそうじ)で初詣を済ませた我々は、上野公園内にある上野動物園に入っていったのだった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-19 18:48 | 街歩き・レジャー施設 | Comments(2)
2012年 01月 16日
ほとんど人生初みたいな感じの上野動物園 その2
毎年正月は従兄弟(いとこ)のY氏(わいし)と共に、「それまで一度も行ったことのない神社に初詣に行く」というのを定番にしている私。

浅草の浅草寺(せんそうじ)で初詣を済ませた我々は、上野公園内にある上野動物園に向かったのだった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-16 15:35 | 街歩き・レジャー施設 | Comments(2)
2012年 01月 13日
ほとんど人生初みたいな感じの上野動物園 その1
毎年正月は従兄弟(いとこ)のY氏(わいし)と共に、「それまで一度も行ったことのない神社に初詣に行く」というのを定番にしている私。

今年は、ややベタな浅草の浅草寺(せんそうじ)を訪れたのだが、どじょう料理を食べたあとに午後から向かった先は、意外にも・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-13 17:24 | 街歩き・レジャー施設 | Comments(2)
2012年 01月 10日
浅草・初詣の旅 その2
毎年正月は従兄弟(いとこ)のY氏(わいし)と共に、「それまで一度も行ったことのない神社に初詣に行く」というのを定番にしている私。

今年は、ややベタではあるが、浅草の浅草寺(せんそうじ)に向かったのだった・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-10 21:27 | | Comments(2)
2012年 01月 07日
浅草・初詣の旅
毎年正月は従兄弟(いとこ)のY氏(わいし)と共に、「それまで一度も行ったことのない神社に初詣に行く」というのを定番にしている私。
それもなるべく遠くの神社に、それもできれば山歩きも兼ねていればなおいい。

というわけで今まで、筑波山(筑波神社)に行ったり、御岳山(御嶽神社)に行ったり、 日光・東照宮(&史跡探勝路) に行ったりしていた。

しかしそういうパターンも、そろそろ出尽くされてしまった。

そんな我々が今回選んだのが、浅草の浅草寺(せんそうじ)。
何ともベタな場所だけれども、意外にもY氏は一度も浅草寺を訪れたことがなかったのだ。

私にしたって、何度かは訪れているけれども、初詣に出かけたことは一度もない。
ま、たまにはベタな場所もいいでしょ。

というわけで2日の日に、北鎌倉から浅草に向かって出発した我々であった。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2012-01-07 21:54 | | Comments(0)
2012年 01月 04日
北杜夫とノストラダムス
去年作家の北杜夫が亡くなった。私は高校から大学にかけて、彼の本を何冊も読んでいる。

c0196928_1921154.jpg

その中の 1冊にこの「どくとるマンボウ青春記」がある。
「どくとるマンボウ」のシリーズは「航海記」「昆虫記」など何冊も読んでいるけれども、この「青春記」は何故か私の青春期が終わったあとも何度か読み返している。

上の文庫本など、去年またわざわざ買い直したものだ(昔の文庫本は文字が小さくて中年男には読みにくいのだ)。

その中にこんな一節がある。

いまこうして机に向かっている私は、もうじき40歳になる。40歳、かつてその響きをいかほど軽蔑したことであろう。40歳、そんなものは大半は腹の出っ張った動脈硬化症でこの世にとって無益な邪魔もので、よく臆面もなく生きていやがるな、と思ったものである。まさか、自分がそんな年齢になるとは考えてもみなかった。

これを最初に読んだとき、私は高校生だった。だから私は、40歳なんていう年齢が、本当に自分にやってくるなどとは、まだ夢にも思ってなかった。


そういえば私が高校生だったとき「ノストラダムスの大予言」という本がベストセラーになった。
祥伝社から出版されたその本は、わずか3ヶ月ほどで100万部を突破するほどの大ヒットを飛ばした。

その本によると、1999年に人類は滅亡することになっていた。
何たって100万部も売れた本である。同級生の中にも信じている人が沢山いた(私だって 1/3 ぐらいは信じていた)。

修学旅行のときだったか、この本のことが話題に上がった。
で、そのとき私たちはこんな風に言い合っていた。

「別にいいよなあ、1999年に地球が滅亡したって。そこまで生きれば十分だよなあ」

要するに高校生の頃の私たちにとっては、中年以降のことなんて遠い未来の話であり、まるで実感できなかったのだ。だから「そこまで生きればもう十分だよな」と思っていたのだ。

ところがノストラダムスが「人類は滅亡する」と予言した1999年はとっくに過ぎ去ってしまった。「どくとるマンボウ青春記」の中で北杜夫が忌み嫌った40代にもとっくになってしまった。


それでもまだこうして私はのうのうと生きている・・・。


正月三が日の中に私の誕生日がある。私はまた 1歳 歳を取ってしまった。
今後もきっと、のうのうと生きていくのだろう・・・。

by JunMorosawA | 2012-01-04 19:04 | 健康・閑話・その他 | Comments(2)