<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 31日
原点の山、金時山 前編
8月に敢行した 北アルプス常念山脈縦走記 以来、どうもぱっとしない。まるで「燃え尽き症候群」に見舞われたみたいに、あまり山に行きたくなくなってしまった。

まあその原因の一つには自律神経失調症もあるようで、実はその更に原因も「なぜ、『これ』は健康にいいのか?」(小林弘幸著)という本のお陰でほぼ解明された。

「なぜ、『これ』は健康にいいのか?」の内容は、ごく簡単に言ってしまえば「自律神経の乱れが様々な病気を生む」ということ。

だいたい中高年が「何となく調子が悪い。だるい。原因不明の頭痛・めまい・耳鳴りがする」などと医者に訴えると「あっ。自律神経失調症ですね」とか「更年期障害ですね」とか「不定愁訴ですね」とか言われる。

そういうことで悩んでいる人は読んでみるといいです。「朝の運動はよくない」とか、ちょっと納得しかねる部分もあるけれども、少なくとも私にいいきっかけを与える本ではありました(いずれここでネタにするかもしれない)。

ま、それはともかく、迷ったときには原点に帰るに限る。私にとって「原点の山」と言える山は、大山、高尾山などいくつかある。

今回はそんな中で、箱根の金時山に登ってみることにした。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-31 18:01 | 低山歩き | Comments(2)
2011年 10月 27日
ホトトギスの国
c0196928_1752352.jpg

1週間ほど前に浄智寺(じょうちじ)さんにお邪魔した。

鐘楼門(しょうろうもん)の前のススキが秋の日差しを受けてキラキラと輝いていたが、今日の主役はこちらではなく・・・。

c0196928_17521793.jpg

古木の足元に咲いていた、こちらの野の花の方。
もう鋭い人ならば分かりますね?

というわけで、続きをどうぞ・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-27 17:53 | 鎌倉&花 | Comments(2)
2011年 10月 24日
奥武蔵・ヒガンバナ紀行 その6
10月最初の私の休日は好天が保証されていた。
そこで4年ぶりに埼玉県は飯能(はんのう)にある巾着田(きんちゃくだ)に向かう気を起こした。

スタート地点の西武秩父線の武蔵横手駅から歩き始め、五常の滝→北向地蔵→物見山→高指山→日和田山と見学した私は、最終目的地、巾着田を目指した。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-24 18:42 | 山歩き&花 | Comments(2)
2011年 10月 21日
奥武蔵・ヒガンバナ紀行 その5
10月最初の私の休日は好天が保証されていた。
そこで4年ぶりに埼玉県は飯能(はんのう)にある巾着田(きんちゃくだ)に向かう気を起こした。

スタート地点の西武秩父線の武蔵横手駅から歩き始め、五常の滝→北向地蔵→物見山→高指山と見学した私は、最後の山、日和田山を目指した。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-21 08:41 | 山歩き&花 | Comments(0)
2011年 10月 18日
奥武蔵・ヒガンバナ紀行 その4
10月最初の私の休日は好天が保証されていた。
そこで4年ぶりに埼玉県は日高市にある巾着田(きんちゃくだ)に向かう気を起こした。

スタート地点の西武秩父線の武蔵横手駅から歩き始め、五常の滝→北向地蔵と見学した私は、次なる目的地を目指した。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-18 21:36 | 低山歩き | Comments(2)
2011年 10月 15日
奥武蔵・ヒガンバナ紀行 その3
10月最初の私の休日は好天が保証されていた。
そこで4年ぶりに埼玉県は日高市にある巾着田(きんちゃくだ)に向かう気を起こした。

スタート地点の西武秩父線の武蔵横手駅から歩き始め、五常の滝を見学した私は、次なる目的地を目指した。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-15 18:06 | 低山歩き | Comments(0)
2011年 10月 12日
奥武蔵・ヒガンバナ紀行 その2
10月最初の私の休日は好天が保証されていた。
そこで4年ぶりに埼玉県は日高市にある巾着田(きんちゃくだ)に向かう気を起こした。

スタート地点は西武秩父線の武蔵横手駅。
天気もいいし、よいハイキングができそうだ。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-12 08:32 | 鎌倉&花 | Comments(2)
2011年 10月 09日
奥武蔵・ヒガンバナ紀行
前回の山行(さんこう)である箱根・早雲山→神山→駒ヶ岳コースがややしんどく感じられたこともあって、「何処かもっとのんびりと歩きたいな」という気持ちが強くなっていた。

たまたま埼玉県は日高市にある巾着田のヒガンバナの開花状況を調べてみたら、今年はまだ10月に入っても最盛期が続いていることが分かった。

巾着田周辺の山なら、山というより丘陵って感じの低山だ。のんびりと歩くことができる。
そして最後に巾着田のヒガンバナを楽しむ・・・今回はそんな旅をしよう。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-09 07:37 | 低山歩き | Comments(4)
2011年 10月 06日
東慶寺のキン&ギンモクセイ
数日前から外を歩いていると、ぷ~んといい花の香りが漂うようになってきていた。
「またあの花が咲き出したんだな」と思った。

c0196928_201179.jpg

「あの花」とはキンモクセイ(金木犀)とギンモクセイ(銀木犀)のこと。
東慶寺の入り口には、ご覧のように右にキンモクセイが、左にギンモクセイが植えられている。これらの花が満開になり、辺りに芳香を放っていたのだ。

キンモクセイは中国原産の観賞用植物で、古くから庭木とされてきた。高さは3m以上にもなり、葉は狭い長楕円形でつやのある革質だ。

木犀とい名の由来は、灰褐色の木肌が動物のサイ(犀)を連想されることから、中国で「木犀」と呼ばれていたのがそのまま日本に伝わったものだそうだ。

ちなみにキンモクセイの方が圧倒的に有名だからこちらの方がメインだと思われがちだけれども、実はキンモクセイはギンモクセイの変種で、日本にも遅れて渡来したらしい。

というわけで、まあ実はたいした写真もないんだけれども、旬のものなんで、ギャラリー風に何枚か、どうぞ。

<< 続きを見る >>

by JunMorosawA | 2011-10-06 20:02 | 鎌倉&花 | Comments(2)
2011年 10月 02日
台風の後遺症と源氏山の猫たち
c0196928_8354019.jpg

先日、某精進料理店の社長さんと偶然出くわし、いろいろお話を伺った(上の写真は某精進料理店の、昨日食べたばかりのお弁当)。

その社長さんの言うことには、この前の台風のときの強風で、樹木がかなりひどい塩害に遭っているという。

実際、その社長さんは光照寺の上あたりに住んでいるのだが、自宅の車にも塩がべったりと付いていたほどだという。

c0196928_8355744.jpg

北鎌倉は山に囲まれた谷(やと)だから、今まで塩害のことなど気にしたこともなかった。「本当かなあ」と思いながら、この日も朝の散策に出かけた私。

しかし・・・。

<< 続きを読む >>

by JunMorosawA | 2011-10-02 08:38 | 地元(鎌倉)の話 | Comments(2)