2017年 12月 12日
冬枯れの丹沢・仏果山 その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07575235.jpg

9月に登った北アルプス・針ノ木岳の印象が強過ぎたのだろう。
秋になってから、10月に一度(10日の明神ヶ岳)、11月に一度(13日の裏高尾)しか登山を行っていない。

しかもいずれも満足の行く山行ではなかった。
毎年そうなのだが、北アルプス登山後は低山歩きがつまらなく感じられてしまうのだ。

しかし私の次の休日は「晴れ・朝晩曇り」という予報だった。これで歩かないのはあまりにももったいない。


c0196928_07575283.jpg

そこでブルーガイドの「関東日帰りの山ベスト100」から選び出した山は丹沢は宮ヶ瀬湖の近くにある仏果山という山。

「おっかさん」ではなく、「ぶっかさん」
747mの低山ながら、仏果山から半原越(はんばらごえ)に一旦下り、再び経ヶ岳(きょうがたけ)に登り返すコースはなかなかのものです。

3年前に一度登っているとはいえ、まだまだ新鮮さが味わえるコースであるのも魅力だ。

よし!頑張ってみよう!
というわけでよろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_07575269.jpg

3年前は 5時54分発の電車だったのに、今回は思い切って 5時18分発の横須賀線にしてみた。
当然空はまだ真っ黒だった。星も見えていた。

上は安っぽいユニクロのマウンテンパーカーを羽織っているだけのスタイルだったのに、思っていたほど寒くはなかった。
じつは手袋も持ってきていたのだが、使わないかもしれない。

c0196928_07575224.jpg

3千円スイカにチャージしたのち改札を抜ける。

販売機に貼ってあった POKKA の鈴木ちなみのポスターに惹かれて思わず 1枚写す。
このポスターの鈴木ちなみは妙にかわいい(笑)。

にしても、彼女の出で立ち、完全に冬ですね。

c0196928_07575233.jpg

更にホームからまん丸のお月様が見えたんで撮影。
こんな写真が手持ちで写せるようになったのだから、驚きだ。

にしても、何でわざわざ縦構図で写したんだろう?横構図ならほぼ国旗っぽくなったのに・・・。
無意識のうちにそれを避けたのなら、立派だが・・・。

c0196928_07575330.jpg

そして 5時19分発の横須賀線に乗る。

こんなに早い時間の電車に乗るのは珍しい。
流石に最初からロングシートの端の席をゲットできた。

だったら今後はこの電車を定番にしてしまってもいいかもしれないなあ。
どうせ年寄りになって早起きになったのだから(笑)。

c0196928_07590937.jpg

さて、丹沢方面というと、大船で下り東海道線に乗り換えて、小田原駅で小田急に乗り換える・・・というのが定番なわけだが、今回はちょい違う。
乗換案内ソフトが導き出したコースは、横浜駅から相鉄線に乗って海老名駅に進み、そこから小田急に乗り換えるというものだった。

バスが出るのが本厚木駅で、その本厚木駅が海老名駅に近いせいだろう。

というわけで 5時39分、横浜駅で降り、ここで JR の改札を抜けて相鉄線のホームに向かいます。
流石にこの時間だと横浜駅もやや閑散としていますね。

c0196928_07590916.jpg

次の相鉄線はご覧のように急行ではなく各駅だった。しかしそれでも海老名駅まで先に着くという。

にしても相鉄線のホームに転落防止柵が設けられていることに驚いた。3年前にはなかったと思う。
時代は徐々に変わっていますな。

c0196928_07590989.jpg

5時49分、相鉄線が出発。
相鉄線もまだガラガラに近く、ボックス席を独占できた。

最初は真っ暗だった外も、電車に乗っているうちに明るくなってきた。
こうして電車の中で夜明けを迎えるのも、悪くないね。

c0196928_07591011.jpg

6時25分、終点の海老名駅に到着。ここで小田急線に乗り換えです。

流石にこの時間帯になってくると、徐々に通勤客が増えてきますね。

c0196928_07591071.jpg

6時31分発の小田原行きの小田急線に乗り込む。
わずか 2駅だから関係ないとはいえ、流石に座れませんでした。

電車はすぐに大きな川を超える。湘南の海に流れ込んでいる相模川だ。
相模川はこのまま北上し、やがて西に方向を変えて相模湖につながるのです。

本厚木駅も近い・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-12-12 08:01 | 低山歩き | Comments(0)


<< 冬枯れの丹沢・仏果山 その2      北鎌倉・十二月の紅葉 >>