2017年 10月 23日
北アルプス・針ノ木岳登山記 2017 その28
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。現在 9位前後のところをうろちょろしています。

c0196928_07220602.jpg

先日映画を観にいったらゴジラがいました。
何で今頃・・・と思ったら、アニメ版の「GODZILLA 怪獣惑星」の宣伝だったんですね。

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

2日目の縦走が続いています。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




ほぼ中間地点に達して

c0196928_07220435.jpg

8時4分(種池山荘から歩くこと2時間33分後)、新越山荘の灰色の屋根が見えてきた。

一方次のピークである鳴沢岳の山頂にはまだガスがかかっているのが分かると思う。

このあたりでご夫婦と思われる人に「おはようございます。お気をつけて行ってください」と言われたらしいが、記憶にない。

記憶にはないが、わざわざ手帳にそう書いているってことは、きっと嬉しかったのだろう。
何しろこの日はここまで、例の関西60代2人組以外とはほとんどコミュニケーションがなかったからね。

c0196928_07220405.jpg

地面に目を移すと、ミヤマアキノキリンソウと思われる花に綺麗な甲虫が停まっていたっけ。
高山植物だけじゃなく、高山昆虫にも詳しくなれるといいなあ・・・。

c0196928_07220599.jpg

8時13分(種池山荘から歩くこと 2時間42分後)、新越山荘(しんこしさんそう)に到着。

新越山荘の収容人数は 80名ってことで、種池山荘の 200名、冷池山荘 250名に比べると少ない。
いずれにせよこの 3つの山小屋は同じ人が経営しているようだ(連絡先がみんな柏原さんになっているから)。

c0196928_07220541.jpg
「ヤマケイアルペンガイド」より

そしてこの新越山荘こそが、地図でざっと見ると種池山荘と針ノ木岳小屋のだいたい中間地点に当たる。

そして種池山荘からここまで、コースタイムで 2時間50分のところを 2時間42分で歩けている。
立派なもんじゃないか(じつは上の「ヤマケイアルペンガイド」だと 2時間20分なんだけれどね。今回別なガイドの時間を参考にして計画を立てているから)。

もっとも、今「中間地点」と書いたばかりだが、実はコースタイムで言うと針ノ木岳小屋までまだあと 4時間50分もある。
地図でざっと見た印象とは違い、まだまだこれからなのだ。

c0196928_07220561.jpg

新越山荘前のベンチにはまた例の関西60代2人組がいた。

2人は「今までは寒さ対策、これからは暑さ対策でんな」とか関西弁で話しながら薄着になっているところだった。

そんなもんかなあ・・・。

確かに 8時を回り、一時の寒さはもうなくなっていた。
風もほぼ収まり、穏やかな気候になっていた。

c0196928_07220593.jpg

そこで私も 2人に習ってユニクロのウルトラライトダウンジャケットを脱ぐことにした。

c0196928_07220655.jpg

正面には次のピークと思われる鳴沢岳やその先の稜線が見えていた。
そう。ガスが取れ始めていたのだ。

実際少しだけ空に青い部分があるのが分かると思います。
今度こそ晴れてくれるのか・・・。

c0196928_07220615.jpg

「お弁当はお持ちですか?忘れ物はないですか?」の案内板をちらりと見る。

というわけで後半戦の始まりだ。
じつはここからがまさに「本番」だった・・・。
↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-10-23 07:26 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-10-23 13:53
J-morosawaさん

お疲れ様です!

後半4時間50分 なかなか長いですね
いや、なかなか長いでんなぁ(笑

関西弁って楽しいでしょ
何か気負わない気さくな感じ(自己満

稜線がきれいですねぇ
ここを歩くと思うとワクワクします

続きが楽しみ!
Commented by JunMorosawA at 2017-10-23 14:50
おやじさん、こんにちは。

> 後半4時間50分 なかなか長いですね
> いや、なかなか長いでんなぁ(笑

長いでんねえ(笑)。

> 関西弁って楽しいでしょ
> 何か気負わない気さくな感じ(自己満

おやじさんも普段は関西弁なんですかねえ。似合わないなあ(笑)。

> 稜線がきれいですねぇ
> ここを歩くと思うとワクワクします

段々怖い岩山に変化しますよ(笑)。


<< 北アルプス・針ノ木岳登山記 2...      北アルプス・針ノ木岳登山記 2... >>