2017年 10月 18日
北アルプス・針ノ木岳登山記 2017 その23
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。現在 9位前後のところをうろちょろしています。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質のアラカン男が今年も日本アルプスに挑む。

さて、今年はどうなりますことやら・・・。

遂に 2日目の縦走が始まります・・・。
よろしかったら続きをどうぞ。




縦走が始まる

c0196928_09490811.jpg

いよいよメインの 2日目の縦走が始まろうとしていた。
ここで地図で位置を確認しておこう。

私が今歩いているのは(歩こうとしているのは)後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)だ。
後立山連峰とは、富山県側から見て立山の背後(黒部川をはさんで立山の東側)に連なる飛騨山脈中の連峰のこと。

具体的には南から針ノ木岳、赤沢岳、鳴沢岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、そして白馬岳(しろうまだけ)あたりまでをさす。

地図で赤丸のあるところが出発点の種池山荘だ。
そこから東に進んで爺ヶ岳、北に向かって鹿島槍ヶ岳というのは 3年前にまさに私が歩いたコース。

そしてその上にある五竜岳、唐松岳は、今回歩こうとして断念したコースだ。
更に唐松岳の上にあるのが白馬岳(しろうまだけ)で、2012年に登頂を果たしてる。

つまり後立山連峰は、私にとっては比較的に馴染みのある山域ってことになる。


c0196928_09490844.jpg
「ヤマケイアルペンガイド」より

「ヤマケイアルペンガイド」で更に具体的に確認。
地図の上にある種池山荘から、岩小屋沢岳→鳴沢岳→赤沢岳→スバリ岳を経て針ノ木岳山頂に目指し、針ノ木岳峠にある針ノ木岳小屋がゴールということになります。

ちなみにこの「ヤマケイアルペンガイド」だと 7時間20分のコースタイムになっているんだけれども、別なガイドでは 8時間30分になっているんで、アラカン男としては長い方で計画を立てました。

c0196928_09490805.gif

これがそれです。

針ノ木岳での昼食時間以外の休憩時間が書いてないのは無謀ですね。
1時間に 1回 10分休むとすると更に 60分は必要だ。

つまり 山小屋到着予定時間は 3時50分。
ちょっと遅いって?

大丈夫。
っていうのも、朝食が 5時と早かったため、この計画よりも 30分早くスタートを切ることができたからだ。

つまり 山小屋到着予定時間は 3時20分ということになる。
これならまずまずでしょ。

c0196928_09490877.jpg

というわけで種池山荘から 5時31分、いよいよ縦走開始!

2分後にご覧のテント場に到着。
ここから先はまさに未踏の地だ。

c0196928_09490801.jpg

テント場を越えると左右がやや樹木に覆われた道になる。最初そこを下る形だ。

種池山荘の標高は 2450m。まだ完全には森林限界を超えてないのだろう。

c0196928_09490938.jpg

5時39分(種池山荘から歩くこと8分後)、ちょっと開けた場所に出る。
しかしガスで見事に何も見えない。

このまま鹿島槍ヶ岳のときのようにずっとガスが晴れないかも・・・という考えがよぎる。

だけどきのうも稜線上は晴れたりガスったりしていたんだ。多分大丈夫だと思いたい。
思うしかない・・・。

c0196928_09510223.jpg

思うしかない・・・のだが、晴れそうな気配が一向にない。
何とも心細いスタートだ。

そして私の他には誰も歩いていない。
きのう出会った町田のご夫婦はこの山域のことを、「人が少ないのがいい」と褒めていた。ほとんどの人は種池山荘から鹿島槍ヶ岳に向かってしまうからだ。

にしても、ちょっと少な過ぎませんか?

c0196928_09510294.jpg

5時31分(種池山荘から歩くこと 12分後)、少しだけガスが取れ、針ノ木岳と思われる方角が見えてきた。

あれ?向こうは一部晴れているんじゃない?

c0196928_09510286.jpg

実際空の一部にも青さがあった。
ガスさえ取れれば天候自体は「晴れ」である可能性がある。

頼む!晴れてくれ!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-10-18 09:56 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 北アルプス・針ノ木岳登山記 2...      北アルプス・針ノ木岳登山記 2... >>