2017年 08月 17日
夏の石老山 前編
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_08330444.jpg

現在 JR の各駅に貼られている「鎌倉に行こう!」みたいな感じのポスターに使われているのが円覚寺のこの場所。
同じように撮ったつもりが・・・やはりプロにはかなわないような気がします・・・。

さて、天気もずっとさえない天候が続いています。いつまで経っても北アルプスに行けそうにありません。

というわけでしょうがなく 7月31日に石老山に登ったときのお話をざっとしたいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_08330390.jpg

7時56分、JR相模湖駅に到着。相模湖駅は高尾駅の次の駅です。

ホームにはご覧のように「石老山ハイキングコース下車駅」というポールが立っています。

石老山ハイキングコースを売り出そうとしているっていう気概を感じますね。
実際駅構内に無料のマップもありますよ。

c0196928_08330325.jpg

バスターミナルから目的の「石老山入口」を経由する三ヶ木(みかぎ)行きのバスに乗ります。

駅から 4分ほどで相模湖を渡る。
相模湖は、昭和22年の相模ダム完成とともに生まれた人造湖だ。
正面に見えるのがその相模ダムです。

c0196928_08330339.jpg

8時14分、石老山入口バス停に到着。

道路の反対側に石老山に向う道がある。「石老山登山道入口」というバカでかい看板があるから迷いようがない。ついでに詳細なイラストマップまであったりする。
気概を感じますね(笑)。

にしても、やっぱり暑い。前日に雨が降っていたせいか、普段にもまして蒸し暑い気がした。
これはつらい登山になるな・・・。

c0196928_08330382.jpg

道端にオレンジ色の大きな花が咲いていた。このときは「ああ、ヤブカンゾウだな」と思っていたのだが、違う。

花が八重じゃないから、ノカンゾウだ。
鎌倉ではほとんどヤブカンゾウしか咲いてないから、勘違いしていました。いい発見です。

にしても、野の花でこれだけ大きい花って、そうはないですね。

c0196928_08330425.jpg

相模湖病院の先から登山道に入っていく。
登山道は顕鏡寺というお寺への参道にあたり、階段状の石畳を登っていくと、やがてご覧の奇岩群が現れる。

奇岩怪石群というと筑波山のそれを連想させるが、筑波山は明るさがあったのに対し、こちらは暗くて陰鬱なイメージだ。実際道もはっきりとぬかっていた。

今回は蒸し暑い真夏に訪れているのだから、なおさらイメージが悪い。
汗だくになりながら歩いていたって感じです。

c0196928_08350074.jpg

8時47分(石老山入口バスから歩くこと 30分後)、顕鏡寺に到着。

顕鏡寺(けんきょうじ)は真言宗高野山派のお寺で本尊は木造金箔座像の福一満虚空蔵尊だそうだ。

また津久井33観音霊場第14番札所の十一面観音があったり、蛇木杉や大イチョウ(かながわの名木100選)などの古木が多くあることでも有名だ。
実際蛇木杉はなかなかに見事ですよ。

c0196928_08350141.jpg

8時51分、ご覧の赤い鳥居をくぐり抜けて登山を開始する。
蓮華岩という巨石が現れたりして、暗いイメージがまだ続く。

赤い鳥居から 5分後に道が 2つに分かれる。左が八方岩コースで、右が桜山展望台コース。
ここは展望のある桜山展望台コースを選びます。

c0196928_08350154.jpg

するとすぐに暗い植林帯から自然林に変わり、右手が開けてくる。

何処が何処だかははっきりとは分からないものの、奥高尾の稜線が右正面にくっきりと見えてくる。
下には津久井あたりの街並みが広がっている。

何度味わってもこれはなかなか素晴らしい展望です。
今まで薄暗い道が続いていたから、なおさらだ。

c0196928_08350185.jpg

8時58分(石老山入口バスから歩くこと 44分後)、桜山展望台に到着。
桜山展望台には丸太状のベンチが2つある。テーブルはない。

展望台というわりには、樹木が邪魔していて先程ほどの展望はない。
それにとにかく蒸し暑い。

とにかくここで午後の紅茶を飲みつつ、初の休憩。

本来北アルプス用に買った TRAUBEN NUT チョコっていう 375円もする高級品を試食。

う~ん。思ったほどじゃなかったなあ。
ま、登山がしんどいと味を感じになることがあるからね。それかもしれないけれどね。

さて、山頂を目指すか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-08-17 08:36 | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-08-17 10:31
J-minorさん
お疲れ様です
この時期の1000m以内の低山は普段生活している所の
気温と大差ないですよね。
その上登り坂を上がるわけですからやっぱり辛い
特に湿度が高いともう地獄の行軍だと思います。

ところで高級なTRAUBEN NUTチョコをアルプス用に用意されてたんですね!
夏場でもあまり溶けないとか?夏チョコポケットで溶けて
難儀したのとあまりおいしくなかったので最近は羊羹にしようかと^^
Commented by JunMorosawA at 2017-08-17 17:43
おやじさん、こんにちは。

> この時期の1000m以内の低山は普段生活している所の気温と大差ないですよね。

本当ですね。
それでも登ったのは、とにかく筋肉を衰えさせたくなかったからです。

でも肝心の天候がねえ・・・。

> ところで高級なTRAUBEN NUTチョコをアルプス用に用意されてたんですね!

スーパーで見つけたもので(笑)。

> 夏場でもあまり溶けないとか?

特にそういうこともないかと(笑)。

でもなんか高山だとチョコを食いたくなるんですよね。


<< 夏の石老山 後編      何かと出会いの多かった草戸山 >>