2017年 07月 27日
暑いぞ。夏の大山登山 その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_15410400.gif

もう夏山に向けて本気にならなくちゃいけないのに、何ですか、このさえない天気予報は。まるで梅雨空ではありませんか!
夏って長いようで短い。何とかしてほしいです、お天道様!

さて、今回は 7月10日に大山登山をしたときのお話の 2回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_15410207.jpg

7時39分、蓑毛(みのげ)バス停に到着。
運転手に軽く「どうも」と挨拶して外に出る。

外はすでに灼熱地獄のような陽気。
だのに私以外にも 2人の初老のハイカーが降り立った。

今年初めて日焼け止めのクリームを、腕や首筋に塗る。

さて、蓑毛の標高は 336m(のはず)で、目的地の大山の標高は 1252m。つまり標高差は実に 916mもある。

そう。このコースは、結構な「登山するコース」なのである。
だからこそ、あえて選んだわけだけれどね。

c0196928_15410275.jpg

7時42分、歩き始める。手帳には「気力はないけど、頑張ろう」の文字が。 正直な感想ってころか。

しばらくは沢沿いの道だ。微風と沢の音が嬉しかったが、一方で体が結構重そうなのが気になるところだった。

c0196928_15410326.jpg

6分後ぐらいに阿夫利神社に向う道が右側に現れる。蓑毛越ルートだ。
しかし今年の 1月23日に蓑毛越ルートは歩いているから、今回はヤビツルートを選びます。

c0196928_15410361.jpg

このあたりで濃い茶色の地に三本の白い帯を持つやや小さめのタテハチョウ、ミスジチョウと出会った。
多分1本目の白い帯の感じからしてコミスジじゃないかと思うのだが、自信はない。

いずれにせよ、出現期は4月~10月なのだから、夏の蝶ですね。

c0196928_15410398.jpg

簡易舗装された林道はすぐに暗い樹林帯の道になる。
結局斜度があり、きつい。それに水で濡れているところはヒルがいそうで怖い。

c0196928_15443152.jpg

8時9分、丸太橋よりはもう少しマシな橋が架かっている春岳沢に到着。
「秦野名水 春嶽湧水 湧き出し口」と書かれた標柱は新しく立てられたものか、前からあったか。

私はここの水を生で飲んだことがない。大丈夫なんだろうか・・・。

c0196928_15443151.jpg

春岳沢を越えるといよいよ登山道に変わる。暗い林道が終わったせいで、時折真夏の強烈な日差しが降り注いでくる。

すぐに髭僧の滝への分岐が現れる。

私は一度も見学したことがない。一瞬「行ってみようかな」と思ったのだが、滝までの時間が分からないからやめた。

実際には片道10分程度らしいから、今度立ち寄ってみるかな・・・。

c0196928_15443272.jpg

あとはヤビツ峠まで、基本的に展望がほとんどない道をひたすら登っていく。
真夏ってことを考えると、「苦行」のような行為です。

とにかく気温・湿度共に高くて、蒸し暑い。
手帳に思わず「楽しさのカケラもないような」と私は正直に書いている。

c0196928_15443216.jpg

8時56分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間14分後)、道が二手に分かれる。
いつも右上に向かう道を選ぶのだが、初めて左前に向かう道を選択してみた。

c0196928_15443269.jpg

するとすぐに舗装道路に出た。舗装道路の脇には「水源涵養林春嶽山の碑」と書かれた大きな石碑があった。

同じ場所に指導標もあり、右を差して「(富士見橋経由)塔ノ岳・(県道経由)札掛」と書いてあった。

どうやらヤビツ峠のすぐ手前に出たようだった・・・。


↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-07-27 15:46 | 低山歩き | Comments(4)
Commented by sasunsasun at 2017-07-29 10:38
J-minorさん
お疲れ様です!
標高差900mというと私には超登山です^^
この暑さと湿度の中本当に大変だったと思われます。
山行きは標高よりも標高差やアップダウンがポイントですよね
急登続きや登り返しが頻発する山は出来たら暑い時期は
登りたくないです(軟弱
さて、今日の所は次週後半はなんとか!?でしょうか?
http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/kanko/kad.html?code=20150094&type=15&ba=kk
Commented by JunMorosawA at 2017-07-29 17:59
おやじさん、こんにちは。

> 標高差900mというと私には超登山です^^
> この暑さと湿度の中本当に大変だったと思われます。
> 山行きは標高よりも標高差やアップダウンがポイントですよね

確かにそうですよね。
ただ、下山はケーブルカーを使ってズルしています(爆)。
それができるのがこのコースのよさなんですよ。

> さて、今日の所は次週後半はなんとか!?でしょうか?
> http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/kanko/kad.html?code=20150094&type=15&ba=kk

あれ?こっちだといいですね。でもこっちだと、全部曇りですよ。
https://tenki.jp/forecast/3/23/4810/20212/3hours.html
まあ山の天気は微妙ですけれどね~。

行くんだったら、明日決意しないと・・・。
Commented by Piccoli at 2017-07-30 00:49 x
お久しぶりです。
自分はバスに乗るとお気楽にヤビツまで行ってしまうのですが、蓑毛からだとかなり登りごたえありそうですね。
最近は蓑毛あたりでもヤマビル出没の話があるのでちょっと二の足を踏んでしまうのですが。
Commented by JunMorosawA at 2017-07-30 09:03
Piccoliさん、お久しぶりです。お元気でしたか。

> 自分はバスに乗るとお気楽にヤビツまで行ってしまうのですが、蓑毛からだとかなり登りごたえありそうですね。

ありますね。
足腰を鍛えたいときなどに、もってこいです(笑)。

> 最近は蓑毛あたりでもヤマビル出没の話があるのでちょっと二の足を踏んでしまうのですが。

ヒルは蓑毛←→ヤビツ間にも、いますね。
小雨の日にこのコースを歩いたら、2~3匹足元についていました(苦笑)。


<< 暑いぞ。夏の大山登山 その3      暑いぞ。夏の大山登山 その1 >>