2017年 07月 03日
無数の蝶が舞う・菊花山 その4
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16181113.jpg

アジサイの季節が終わるとオレンジ色の花が目立ってくる・・・と前回書きましたが、これもそうです。

高さ 80cmほどのユリ科の多年草、ヤブカンゾウ(藪萱草)。
立派に見えても単なる「野の花」で、八重咲きの花は長さ約10cmほどもあり、結構大型です。

有史以前に鑑賞用、食用として渡来したもので、若葉と花はゆでて食用にしたらしい。

さて、今回は 6月5日に大月の菊花山を訪れたときのお話の 4回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_16180929.jpg

菊花山へ向けての最後の登り。

後ろを振り返ったら、九鬼山らしき山がそびえていた。
雲さえなければ富士山も見えるはずなのだが、それは叶わなかった。

c0196928_16180996.jpg

そして急に道にごろごろとした岩が目立つようになる。
山頂も近い・・・。

c0196928_16181029.jpg

11時5分(田野倉駅から歩くこと 2時間22分後)、本日の最終目的地、菊花山に到着。
ここまでの歩数は8,949歩。手帳には「少し疲れた」の文字。

そしてさえぎるもののない岩場の山頂は、かなり暑かった。

c0196928_16181064.jpg

にしても相変わらずここからの眺めは素晴らしい。
岩殿山、百蔵山、扇山あたりのお馴染みの山がくっきりと見えていた。

ただ一方で空にはかなりの雲もあった。他の山では曇りのところもあるだろう。

(画像をクリックして右下の虫めがねマークをクリックすると大きな画像が出ます)

c0196928_16181015.jpg

菊花山山頂ではモンシロチョウの代わりにヒョウモンチョウが随分遊んでくれた。ヒョウモンチョウだけで10枚ほど写したっけ。
そのうちでこれがベストショットです。

にしても、きょうは随分蝶に縁があるね。

c0196928_16194227.jpg

11時22分、菊花山から下山開始。

ここから先はガイドに「菊花山からの下りはとにかく急降下。ロープ場の連続だ」と記されている場所だ。

しかし右下には大月の市街地が見えているし、正面には高川山あたりの山が見えているし、最初のうちは絶景の中を歩くことになるから、気分がいい。

c0196928_16194256.jpg

やがてトラロープや鎖の連続攻撃が始まる。
しかし逆にそれらにすがればいいわけで、思ったほど怖くはない。

c0196928_16194360.jpg

赤い鳥居をくぐり、11時47分(田野倉駅から歩くこと 3時間4分後)、車道に下り立つ。

あとは道路を右に進み、大月駅入口交差点を左折すれば OK です。

c0196928_16194378.jpg

11時55分(田野倉駅から歩くこと 3時間12分後)、大月駅に到着。

今回のコースは一応ショートコースってことになるのだろうが、結構危険な場所も多くてスリリングなコースです。

だけど駅から駅で済むから楽でいい。
大月駅周辺の山はそういうところが多いのが嬉しいですね。


↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-07-03 16:21 | 低山歩き | Comments(0)


<< 通好みの山(?)倉岳山 その1      無数の蝶が舞う・菊花山 その3 >>