2017年 06月 24日
無数の蝶が舞う・菊花山 その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_19245318.jpg

今年は空梅雨ですね。明月院のアジサイはどうだったんだろう?

にしても先週の週末など、この「明月院最後尾」の看板を手にした警備員の人が北鎌倉駅近くにまで来てましたからねえ。
やっぱり相当の人出があったようです。

さて、今回は、6月5日に大月の菊花山を訪れたときのお話をしたいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_19245264.jpg

8時42分、富士急行の田野倉駅に到着。

一部に雲はあったものの、いい天気で、空気感がいい。
気温も高川山のときと比べると低い感じがした。

電車が通り過ぎたあと、線路をまたいで改札のある駅舎に向かいます。

c0196928_19245206.jpg

田野倉駅(たのくらえき)は、山梨県都留市田野倉にある富士急行の駅。
駅舎はご覧のように木造平屋の小さな建物。

2013年度の 1日平均乗降人員は 628人だそうだから、かなりローカルな駅です。

簡易ICカード改札機にスイカをタッチして改札を抜けます。

ちなみに九鬼山から下りたときにここから電車に乗ろうとしたのに、上りが行ってしまった直後で、大月駅まで歩く羽目になった因縁の駅です(笑)。

c0196928_19245356.jpg

駅を出たらすぐに左折。するとまた道路にぶつかるから、そこも左折。
するとすぐにさっきの富士急行の線路が現れるからこいつを渡る。

c0196928_19245342.jpg

左に川の流れる道路を右に曲がるように進んでいくと、すぐにその川に架かる幅 2mほどのコンクリート製の橋とも呼べない橋が現れる。

何の案内もないけれども、ここを渡って山に向かうのです。

c0196928_19245348.jpg

ところが、流石は 6月ですな、雑草が生い茂っていて、ほとんど道が隠れてしまっていた。
これでは初めての人は道だとは思わないだろう・・・。

c0196928_19264709.jpg

すぐに右側に、大木の下に祠のようなものが現れる。
これが目印。

c0196928_19264882.jpg

そして水路にフタをしてある場所に出る。

c0196928_19264824.jpg

水路にフタをしてある場所を越えると、山側に「九鬼山登山道入口」という手作りっぽい道しるべが現れます。
ご覧のように注意してないと見落としてしまいそうな、古ぼけた道しるべです。

というわけで、ここが登山口です。駅から 6分ほどかな?

さて、登るか。
雰囲気からして、藪こぎを強いられそうだなあ・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-06-24 19:28 | 低山歩き | Comments(4)
Commented by sasunsasun at 2017-06-25 09:01
J-minorさん

お疲れ様です

菊花山 名前がまさに花の山ということは
菊が有名な山なのでしょうか

それはそうと、いよいよ雨が続きますね
あじさいの時期真っ最中 
もう山行きはしばらくあきらめております^^

さて、菊花山 どんなかんじでしょう楽しみです!
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2017-06-25 11:32 x
九鬼山から大月に降りた時(秋)に通過しましたが、
この時期は虫が多くいませんでしたか、秋には蚊等が多く
難儀した記憶があります。拝見した山道も藪草が多いですね。
Commented by JunMorosawA at 2017-06-25 19:07
おやじさん、こんにちは。

> 菊花山 名前がまさに花の山ということは
> 菊が有名な山なのでしょうか

ああ、そうか。案外気にしなかったです。
別に菊は多くないと思います(苦笑)。

> それはそうと、いよいよ雨が続きますね
> あじさいの時期真っ最中 
> もう山行きはしばらくあきらめております^^

ですね。こちらもきょうはずっと雨でした。
明日の休みは山にはいけないな・・・。
Commented by JunMorosawA at 2017-06-25 19:07
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> 九鬼山から大月に降りた時(秋)に通過しましたが、
> この時期は虫が多くいませんでしたか、秋には蚊等が多く
> 難儀した記憶があります。

虫は特にいませんでしたよ。ただタイトルのとおりで蝶がすごかったです。

> 拝見した山道も藪草が多いですね。

最初は藪こぎっぽくなりますね。でもすぐ終わりますよ。


<< 無数の蝶が舞う・菊花山 その2      雨の日もまた楽し(金時山) >>