2017年 06月 21日
雨の日もまた楽し(金時山)
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。



6月です。今がアジサイのピークということで、今年もまた TAKESHI氏の名曲「紫陽花」をお聴きください。
録音したのは 20代のとき。私もギターとハモリで参加しております。

今回は、ちょっと前の話ですが、小雨がぱらつく中での金時山登山のお話をしたいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_07485824.jpg

5月15日。この日の気象庁の予報は「曇り・所により昼前まで雨」とぱっとしないものだった。

普通こんな日は山には向かわない。
それでも箱根の金時山に向かったのは、去年の同時期に歩いたときの印象がとてもよかったからだ。

しかし 7時41分に仙石バス停に降り立つと、ご覧のように外輪山の稜線はガスで全く見えない状態だった。

c0196928_07485814.jpg

乙女口登山口から歩き始める。
根っこが張り出した暗い樹林帯が終わると、一転して明るい自然林になる。

見上げると新緑が心地よい。思わず写真を写してしまう。

しずくがぽたぽたと落ちていた。
しかしそれが雨によるものなのか、樹木から落ちているだけなのか、判然としなかった。

しかし湿度がそんなに高くなかったのか、歩いていてそんなにつらさはなかった。
むしろ緑が体に染み込んでくる感じだ。

c0196928_07485871.jpg

乙女峠に到着しても、自慢の展望はゼロである・・・。

c0196928_07485927.jpg

長尾山から金時山までがこのルートのハイライト。一番自然を満喫できる場所だ。

相変わらずの天候だったが、この空気感のよさはどうだろう?

登山家の岩崎元郎さんがみなみらんぼうさんに「雨の日の山行もまた楽し」と言ったらしいが、こういう時々小雨がぱらつくガスの中歩くというのもまた、神秘的なものですよ。

絶対に部屋の中にいたんじゃ、味わえない世界だもの・・・。

c0196928_07485969.jpg

ただ去年はピークだったシロヤシオの方はまだ蕾に近かった。
去年よりも 6日も遅いんだけれどね。自然は気まぐれです。

c0196928_07485930.jpg

トラロープの張られた、ちょっとした難所があるのもまた、オツなもの。
適度な緊張感が逆に体に心地よい。

c0196928_07511124.jpg

ただ、ご覧のように金時山山頂は完全にガスの中。
相変わらず霧雨のような雨も降っていた。

ご覧のまさかり形の標柱は初めて見たな。
この金時山は金太郎伝説にちなんだ山ですからね・・・。

c0196928_07511112.jpg

下山の最中もガスが取れることはなかった。
この日はこれでよいのです。

c0196928_07511239.jpg

下りた途端に一瞬日が差したのも、ご愛嬌か・・・。

今回はショートバージョンでしたが、1年前のロングバージョンを見たい方は シロヤシオ咲く金時山 をどうぞ。


↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-06-21 07:54 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-06-21 19:25
J-minorさん

お疲れ様でした!

雨の日の山行き、まだちょっと抵抗ありなんです^^
以前に登りの途中で雨に降られて散々な思い出があるもので(^^;

まだまだひよこの超初心者 3シーズン 天気のいい日に
でかけておりまする。
Commented by JunMorosawA at 2017-06-21 20:03
おやじさん、こんにちは。

> 雨の日の山行き、まだちょっと抵抗ありなんです^^
> 以前に登りの途中で雨に降られて散々な思い出があるもので(^^;

私だって基本朝から雨なら行かないで映画観て過ごします(笑)。
でも霧雨程度の雨で、なおかつ蒸し暑くない時期なら、それはそれでいいですよ。


<< 無数の蝶が舞う・菊花山 その1      8年ぶりに山梨県・高川山に その7 >>