2017年 06月 17日
8年ぶりに山梨県・高川山に その7
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_08115542.jpg

6月といえばアジサイと並んで有名なのがハナショウブでしょうか。
今が見頃ですね。

写真は毎朝ウォーキングに行っている葛原岡神社のものです。
背景には薄っすらとアジサイの花も写っていますね。

さて今回は 8年ぶりに山梨県・高川山に登ったときのお話の 7回目・・・最終回です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_08115386.jpg

初夏のような陽気の中、相変わらずアップダウンを繰り返す道が続く。
よく見れば新緑が見事だった。でもそれを楽しむ精神的な余裕がない。

こういう道って、北アルプス登山よりもつらい感じがする。そもそも北アルプスはこんなに暑くないしね・・・。

c0196928_08115426.jpg

道からちょっと外れた斜面にジュウニヒトエの大きな株を発見。
デイパックを投げ出して近づいて撮影。

ところがそのとき、巨大なスズメバチが目の前に!
斜面だから、急には逃げられない。

怖かった。近くに巣があったのかもしれない。
もうそんな季節か・・・。

それにしてもスズメバチの大きさって「蜂」の範疇を超えているね。

c0196928_08115489.jpg

12時12分(高川山山頂から歩くこと 1時間42分後)、目の前に細い丸太で作られた簡易なベンチが出現。

記憶どおりの場所だ。前回もここで休んだっけ。
今回もここでデイパックを投げ出した。

c0196928_08115462.jpg

振り返ればそこに富士山があった。素晴らしい!

ここでチーカマとフルーツタルトを食べる。
これがお昼の全てなのだから、すごい。

そういえば去年の北岳のときも、行動食以外のちゃんとしたお昼は摂らなかったっけ。
これでシャリバテしないのなら、これはこれでいいのだろう。

c0196928_08115404.jpg

さて、地図上の目印のむすび山までがあとどのくらいなのか、見当がつかない。
そこで 10分ほどで富士見ベンチをあとにした。

するとわずか 5分後の 12時28分(高川山山頂から歩くこと 1時間58分後)、あっけなくむすび山に到着してしまった。

c0196928_08151799.jpg

むすび山にはご覧のように砲台の跡のような大きな穴ぼこが開いている。正面にある標柱に「旧日本軍防空監視所跡」と書いてあります。

ネットの情報によると、「本土を爆撃する B29 を監視するための施設があった場所」だそうだ。こんなところで戦争の名残りを発見するとはね。

c0196928_08151869.jpg

先頭にあるベンチからは大月駅周辺の市街地や、(左から)岩殿山、百蔵山、扇山などの山々が一望できた。
すべて登ったことのある山ってことで、感慨深い。

ただ直射日光は相当強烈だったなあ・・・。

c0196928_08151887.jpg

12時40分に下山を開始。
するとわずか 4~5分で、もう住宅地に辿り着いた。むすび山は本当に単なる裏山だったのだ。

c0196928_08151978.jpg

大月市立中央病院を過ぎ、12時50分、甲州街道(国道20号)にぶつかる。
甲州街道は江戸(東京)からここ甲斐の国(山梨県)につながる道で、江戸時代に整備された五街道のひとつだ。

甲州街道を右折するとこの大月橋という大きな橋が現れます。
ちなみに下に見える線路は中央本線です。

c0196928_08151938.jpg

大月橋を渡り始めます。
下に流れている川は桂川。これが相模川に名を変えて相模湾に達するのです。

c0196928_08151975.jpg

大月橋を渡るとそのうちに市役所が右手に現れ、駅が近いことを予感させます。

c0196928_08165566.jpg

1時3分(高川山山頂から歩くこと 2時間33分後)、やっと JR大月駅に到着!

ここまでの歩数は17,735歩。
実は九鬼山のときよりは少ないのだけれども、あのときは後半は車道歩き。きょうはほぼ山歩き。疲れの度合いが違っていた。

手帳にも思わず「疲れた~」と書いております。

これから暑くなると、低山歩きをするにはしんどい季節になってきますね。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-06-17 08:18 | 低山歩き | Comments(4)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2017-06-17 13:06 x
お久しぶりです。
このコースは我々もお気に入りです。
わりと空いていて展望もところどころあるので・・・
四季を通じて歩けますね。
Commented by sasunsasun at 2017-06-17 13:22
J-minirさん

お疲れ様でした!

本当に暑いというのは山行きには辛いですよね
最近それをシミジミ感じております^^

そしてスズメバチ はい、もう蜂の大きさじゃなくて
小鳥クラスかと(それは言い過ぎ?
先日の山でも遭遇いたしました、羽音がスゴイ 思わずのけぞりました(^-^;
いよいよ夏の高山ですね、なかなか泊りで行けないのですが
今度チャンスを見つけて燕岳を日帰りでどうだろうって・・
無理がありますでしょうか・・・?
Commented by JunMorosawA at 2017-06-17 18:16
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> お久しぶりです。

こちらこそ、お久しぶりです。

> このコースは我々もお気に入りです。
> わりと空いていて展望もところどころあるので・・・
> 四季を通じて歩けますね。

私は久しぶりに歩きました。
山頂から駅までが案外遠いですね。ちょっとバテました(笑)。
Commented by JunMorosawA at 2017-06-17 18:26
おやじさん、こんにちは。

> 本当に暑いというのは山行きには辛いですよね
> 最近それをシミジミ感じております^^

この日は特に暑かったです。
このあとも大月駅周辺の山を歩いたのですが、こんなに暑くなかったですよ

> そしてスズメバチ はい、もう蜂の大きさじゃなくて
> 小鳥クラスかと(それは言い過ぎ?
> 先日の山でも遭遇いたしました、羽音がスゴイ 思わずのけぞりました(^-^;

のけぞりますよね。あれは異常な大きさです。
現実的には熊よりも怖いです。

> いよいよ夏の高山ですね、なかなか泊りで行けないのですが
> 今度チャンスを見つけて燕岳を日帰りでどうだろうって・・
> 無理がありますでしょうか・・・?

おやじさんなら全然大丈夫ですよ。
うちの近くの49歳独身女性が初高山として友達に連れられて燕岳に登っているほどです。
ただ彼女たちの場合、「行きも帰りも同じコースじゃつまらない」と帰りは北燕岳を経て東沢乗越から下ったらしいのですが、人は少ないし、沢は多いし、結構大変だったらしいです。

おやじさんならそっちでも大丈夫かもしれませんが、自信がなかったら、合戦尾根ルートを往復すれば問題なしですよ。


<< 雨の日もまた楽し(金時山)      8年ぶりに山梨県・高川山に その6 >>