2017年 04月 21日
初めての富士登山(2007年) その18
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_17053075.jpg

鎌倉は今がシャガの盛りになっています。

シャガ(射干)はアヤメ科の常緑多年草。
鎌倉特有の花ではないけれども、鎌倉の風土や風合いとよくマッチしていますね。

さて、今回は 2007年の初めての富士登山の 18回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。




富士山頂を目指してひたすら歩く

c0196928_16331556.jpg

6時3分(8合目の白雲荘から歩くこと 35分後)、富士屋ホテルに到着。

カシオの高度計機能付き腕時計 PRO TREKによる高度表示は 3215mだったが、ご覧のように標柱には3400mと書いてあった。少しズレが大きくなってきていたのかもしれない。

それにしても山小屋なのに「ホテル」っていうネーミングがすごいね。

c0196928_16331572.jpg

後ろを振り返るとこんな感じだ。下に広がっているのは樹海かな?

それにしても淡々とした登りが続く。
頭痛はまだしていたものの、前日気になったひざの方は大丈夫だった。

行けるさ・・・。

c0196928_16331537.jpg

6時11分(8合目の白雲荘から歩くこと 43分後)、本八合目トモエ館に到着。

右にある石柱に「これより浅間大社境内」と書いてあるのが見えるだろうか。
そう。富士山は 8合目より上は浅間大社境内になっているのだ。

まさに「神の山」「奇跡の山」だ。

c0196928_16331692.jpg
6時30分(8合目の白雲荘から歩くこと 1時間分2後)、御来光館に到着。
御来光館は 8合目と 9合目の途中に建っている。だからこの場所は「8合5勺」ということになっている。

そしてこのあと山頂まで山小屋はない・・・。


c0196928_16331661.jpg

あとは草木一本生えてないこんな急な斜面をひたすらに登っていくしかないのだ。

6時48分、私は 60才台と思われる痩せ型の男性と話をしている。
彼は「体力はもうとっくにないですよ。あとはもう気力しか残ってないですよ」と言っていた。

彼のことはもうあまりよく覚えていない。
しかし、小学校 3~4年生ぐらいの女の子に「頑張るねえ!」と声をかけたのはよく覚えている。

私にそう言われたその子は、余計に張り切って歩き出し、親に止められていたっけ。

その子とはしばらく抜きつ抜かれつを繰り返していた。結局どっちが先に行ったんだっけなあ・・・。

c0196928_16331669.jpg

このあたりになってくると道端にうずくまっている人が徐々に増えてくる。
この女性 3人組のグループも、手前の子は完全にダウン状態だった。しかも泣いている。隣の女性がぽつりとこう言う。

「あたしの方が泣きたいよ」

富士山はそんなに優しい山ではないのだ。

流石に私も呼吸が荒くなる。それでも「足腰はまだOK!」と手帳に元気よく書いている。
このあたり、毎朝源氏山までウォーキングしている成果が表れているようだ。

マイペース、マイペース。

単独登山は励ましあう相手がいない点ではつらい。しかしこのマイペースを保てるという点では優れていると思う。

c0196928_16364808.jpg

ところで休んでいる人たち(へばっている人たち)を見ているとこの手の携帯用酸素を使っている人が実に多い(これはその名も「富士さん素」)。本当に効果があるのだろうか。

同じことを思った人が使っている人に「効果ありますか?」と尋ねているシーンに出くわしたことがあった。
しかし使っている人も「さあ・・・」って感じだった。半分プラシーボかな?

c0196928_16364884.jpg

後ろを振り返ると、相変わらずの絶景状態が続いていた。
これで本当に山頂は荒れているのだろうか・・・。

c0196928_16364831.jpg

9合目に小さな祠があり、手前にこの鳥居がある。この鳥居を山頂の鳥居と勘違いする人が多いという。

なるほど紛らわしいね・・・。

c0196928_16364966.jpg

鳥居を越えると道が険しくなり、少し渋滞し始める。

いったいいつまでこの苦行が続くんだ!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-04-21 17:06 | 北アルプスなど高山 | Comments(3)
Commented by sasunsasun at 2017-04-22 11:43
J-minorさん

お疲れ様です

流石に3000mになると空気が薄い分呼吸も
辛くなりますよね。
確か乗鞍の畳平は2700m かなり坂道がシンドかった思い出が^^
写真のへばっている女性も、本当につらそうですもんね。
酸素も気分的なもの?かも。
空気が薄いという前に登山で疲れ果てたって感じのかしら?と思ったり。
ともあれ、J-monorさんの登頂後の日記を楽しみにしております(^^)/
Commented by JunMorosawA at 2017-04-22 16:21
おやじさん、こんにちは。

> 流石に3000mになると空気が薄い分呼吸も辛くなりますよね。

ですね。「空気が薄い」と実感するわけじゃないんですけれども、体が感じ取っているようです。

> 写真のへばっている女性も、本当につらそうですもんね。
> 酸素も気分的なもの?かも。

多分スプレー缶でしゅっとやるぐらいじゃ、意味はないと思いますね~。

> ともあれ、J-monorさんの登頂後の日記を楽しみにしております(^^)/

ありがとうございます。
Commented by sasunsasun at 2017-04-23 15:05
J-monorさん

こんにちは!

今日は、お約束の花を探しながら金剛山に
登ってまいりました。

紫のはスミレ?でしょうか
ツツジとヤマブキは間違ってなさそうだけど・・

写真コンデジなので(と言い訳しといて)
ちとピンボケですがブログにUPしてみました!


<< 初めての富士登山(2007年)...      初めての富士登山(2007年)... >>