2017年 04月 09日
初めての富士登山(2007年) その12
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16321661.jpg

やっと北鎌倉の桜も満開になりました。
だのに週末はこの悪天候・・・恨めしいですね。

さて、今回は 2007年の初めての富士登山の 12回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





早くもまさかの高山病?

c0196928_16321598.jpg

河口湖口の5合目から遂に登山を開始した私。
ところがまだ7合目にも達していないというのに、早くも頭痛を感じ出していた。

すわ、高山病か!

また登山開始から 1時間ちょいしか経っていない。高度も、カシオの腕時計 PRO TREKによると 2500mほど。
ちょっといくらなんでも早すぎないか?

標高が高くなるにつれて大気中の酸素が段々薄くなり、体が酸欠状態になって様々な変調をきたすようになるのが高山病(高度障害)だ。
高山病の代表的な症状としては、頭痛、吐き気、めまい、食欲不振などがある。

私は普段頭痛に襲われることなど滅多にないから、ここはやはり高山病を疑わざるを得ない。

高山病を防ぐには徐々に体を高所に慣らしていくしかない。だからこそ私も 5合目で 1時間の休憩を取ったのだ。
後はできる限りゆっくりと歩くことによって高度に順応していくしかない。それも実行していたつもりなのだが・・・。

仕方なく最初の休憩を取る。そして深呼吸を少し意識的に行ってみた。
体の中に取り込む酸素の量が減ることによって高山病が起こるのだから、意識して深い呼吸を行うことが重要なのだ。

c0196928_16321543.jpg

そして再び歩き始める。なるべく意識して深い呼吸をするようにしていた。7合目の山小屋ももう目前だ。

鬱陶(うっとう)しかったんで帽子も脱いでしまった。何だか妙に頭が締め付けられるような気がしたからだ。
で、しばらくしたら頭痛が治まってきた。深呼吸が効いたのか、それとも帽子が頭を締め付けていたせいだったのか、どっちなのだろう。

ちなみに格好はずっと長袖のオーバーシャツ姿。暑くも寒くもないって感じだった。


富士山 7合目あたり

c0196928_16321547.jpg

3時8分(5合目から歩くこと 1時間42分後)、7合目の最初の山小屋「花小屋」に到着。「是より吉田口七合目」という看板が立っていた。
「是より」と書いて「これより」と読ますんだな。この表現、この後もよく現れた。

c0196928_16321521.jpg

山小屋の前にはこのように谷側にベンチが置かれている。これが富士山の山小屋の平均的なスタイルになっている。
このあたりはご覧のとおり混んでいたんで、その少し先で休憩した。

ここで水分補給と共にチーカマを 1本食べた。それで 1本目の水が早くも終わった。
やはりアクエリアスを買っておいてよかった。歩くには程よい気候だったものの、それでも案外多く水を消費するものなのだ。

安全センターから 7合目までガイドによると 1時間になっているところを私は 58分で歩いた。
ほぼ時間どおりとはいえ、ひょっとしたらこれでもややハイペース過ぎるのかもしれない。

しかしここでも十分深呼吸を行ったせいか、もう頭痛は気にならなくなってきていた。
どうやらまだ大丈夫そうだ。

c0196928_16321647.jpg

3時15分、この大きな団体を先に通してしまったあと、花小屋を出発。

さて、実はもう花小屋の手前からすでに始まっていたのだけれど、ここからは溶岩がそのまま固まったような岩稜地帯が始まる。

ここでドラッグストアで購入した軍手が生きてくる。早速装着。
ついでにしっかり両手を使わないと危険だから流石に EOS Kiss Digital N はデイパックに収めた。ここからしばらくはコンパクトデジカメの R6 で撮影だ。

c0196928_16344064.jpg

3時17分(5合目から歩くこと 1時間59分後)、今度は日の出館に到着。

c0196928_16344061.jpg

上にはもう次の山小屋であるトモエ館が見えてきている。

こうして次々に山小屋が現れるのが富士山の・・・特に河口湖口の特徴だ。
それだけ悪天候時などに逃げ込む避難所が多いことになり、初級者には心強い。

にしても、トモエ館、すげえところに建っているな。
あれで大丈夫なのか・・・。

c0196928_16344029.jpg

3時28分(5合目から歩くこと 2時間10分後)、トモエ館に到着。

ここも 7合目になっている。いったいいつまで 7合目が続くんだ。
じつはこれも富士山の河口湖口の特徴だったりする・・・。

このときトモエ館のご主人が屋根の上で布団を干していた。絵になる風景だったんで撮りたいと思って、トモエ館を通り過ぎたあとも何度も振り返ったんだ。

そしたらご主人と何度も目が合ってしまってね。「なんであの野郎、俺のことを見てやがるんだ」って感じになってしまった。悪いことをしたと思っている。

思わず手帳に「コミュニケーションが取れてないなあ」と私は書いている。

そしてこのあたりから、私の体にまたある症状が現れ始めてきていた・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-04-09 16:38 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-04-09 18:30
J-minorさん
こんにちは!
お~どうやら高山病ではなかったわけですね!
それはよかった!
しかし富士山というのは山小屋がいっぱいなんですね
これもこうしJさんのブログを拝見してこそわかること。
いつも参考になる内容ありがとうございます。
さて、じじいは今日雨があがったのでおねえちゃん2人と
当初予定通りハイキングに言ってまいりました。
若いというのはエエですなぁ(^O^)(エロじじい
Commented by JunMorosawA at 2017-04-09 18:51
おやじさん、こんにちは。

> お~どうやら高山病ではなかったわけですね!
> それはよかった!

いや、やっぱりやられしたよ、このあと。

> しかし富士山というのは山小屋がいっぱいなんですね

そう。山小屋だらけのだらしない(?)山なんです。
正直高山としての面白さはないですね。

> さて、じじいは今日雨があがったのでおねえちゃん2人と
> 当初予定通りハイキングに言ってまいりました。
> 若いというのはエエですなぁ(^O^)(エロじじい

むむ。それはけしからんぞ!


<< 初めての富士登山(2007年)...      初めての富士登山(2007年)... >>